« 7 STORIES | トップページ | 春様とエンプラ#13「遥かなる友へ」"Dear Doctor" »

2003.02.08

SEED PHASE-19「宿敵の牙」(ネタバレあり)

 キラとカガリは街へ買出しに、バジルール達は水の主との地下交渉に行きました。街は一見平和でしたが、そこは砂漠の虎の根城でした。護衛という名の荷物持ちをしていたキラは、カガリとお茶をしました。ケバブにはチリソースだというカガリに、通りすがりのみょーなおっさんがヨーグルトソースだと言って譲らず、キラはミックスで食べることになってしまいました。そこへ、アンチコーディネイターなブルーコスモスのテロが襲い掛かりました。おっさんを狙ってきたのです。おっさんと部下と、そしてキラの活躍で三人は何とか無事でした。おっさんは二人を館に招きました。

 アークエンジェルでは、ストライクのコックピットでキラが寝泊りしていたことが分かって、艦長やフラガ少佐は改めてキラのことを思うのでした。バジルールたちは「地下水脈」を通じてモルゲンレーテ製の純正部品などをムチャな値段でとはいえ手に入れられて良かったのですが、キラ達が帰ってきません。キラ達を心配する皆をよそに、ストライクが勝手に動き出しました。何かに焦るように、サイが乗り込んでいたのです。ですが、サイにはストライクを動かしきることは出来ませんでした。フレイは、そんなサイを見ていて、プイっと走って行ってしまいました。

 おっさんの館で、カガリは汚れた服を着替えてドレスを着せてもらいました。おっさんはキラにコーヒーを勧めて、くじら石の話を始めました。二人と話をしているうちに、おっさんはキラをガンダムのパイロットだと見抜きました。おっさんはあの砂漠の虎だったのです。敵同士と分かれば、お互いを滅ぼすまで戦わなくてはならないのでしょうか。二人は、おっさんの館を後にしました。

 ……この方が書きやすいなぁ(^^;

 GX見てるから余計そう思うのかも知れんけど、やっぱタルいんじゃ。
 いやこういう話が悪いとは言わん。おっさん見てて楽しいし、カガリがお嬢様だという示唆まであって、そういう含みは面白いと思う。#4「サイレントラン」とか好きなんですよ。
 でもこういう進行ばかりじゃなぁ、とも。でも予告を見る限り次回ものんびり進行みたいなんだよなぁ。ゾイドとかやってた枠の番組とは思えんのですわ。ガンダムがこけて終わりじゃ、ガンダム売れないですよ? つーかガンダムフレンズが本編より面白く思えるってのは、ちょっとまずいんじゃ。って視聴者の心配することかい。

|

« 7 STORIES | トップページ | 春様とエンプラ#13「遥かなる友へ」"Dear Doctor" »

SEED」カテゴリの記事