« 「SDガンダムフルカラー劇場」第5巻 | トップページ | 歯医者曰く。 »

2003.05.15

有事法制と新聞と。

 有事(って戦争のことなんだけどさ)が起こってから慌てちゃいかんから、まず考えておくというのは決して悪くはないんだけど。
 戦争を起こさないためにどうすればいいのか考える方が大切だと思うんですが。
 ほんとはもっと議論が盛り上がらんといかん話題のはずなのに、粛々と進められてしまっているように見えるのはいつものこととはいえ。
 つい先月まで戦争報道の真っ只中だったのに、何だかもう見る影もないようで。

 毎日のその後、検証記事は読み応えあり。最初どこにあるか分かりにくかったけど、今はそうでもないかも。その後、ほんと色々調べたけど爆発済みにしか思えなかったという話も出てきてはいるが、やはりそういうものは持ち出さないという原則が必要なんだろうと。そもそも、そういう危ないものがごろごろしてて、子供のおもちゃになっているという現状がまずいんだろうけど、そういうものを片付けるのは後回しになっているんだろうというのが悲しく。

 新聞といえば、また朝日がポカしとりましたが。前に週刊朝日が問題起こしてたのを忘れた訳でもないだろうし、問題の種類は違うが細心の注意が必要なのは分かっていたのだろうに。しっかりしとくれよ。でも新聞なんてそういう意味ではどこも同じよーなもんではあるんで、今更他紙に変える気もなく。おかしなもので、フォントの違いさえ気になって他紙って読み辛い。その点Webでは他紙の記事も読みやすいからいいなと思ったり。いい時代になったもんですわ。

|

« 「SDガンダムフルカラー劇場」第5巻 | トップページ | 歯医者曰く。 »

戦争を考える」カテゴリの記事