« ガンダムエース7月号 | トップページ | 高橋良輔「装甲騎兵ボトムズ III サンサ編」(スニーカー文庫) »

2003.05.31

SEED PHASE-34「まなざしの先」(ネタバレあり)

 見終わって兄貴が一言。「ガンダムらしいテンポだよね、毎回このくらいなら良いのに」えぇ確かに。ま、それでも充分SEEDの範囲内でしか動いてないようにも見えますが(^^;

 大天使様は宇宙艦だっつーにアラスカ防衛隊に組み込まれる。フラガはカリフォルニアで教官、ナタルとフレイも別命で転属していく。アラスカを出る幾多の艦。フラガは同じ艦に乗るフレイを列に並ばせて、一人忘れ物を取りに行く。

 そしてザフトのオペレーション・スピットブレイクが発動。つーても当初のパナマではなく、目標はアラスカ(視聴者は最初からこちらだと知ってるんだが)。攻撃が開始された中、異様な雰囲気の基地内を走るフラガは、あの男とまみえることとなる。ここでこの二人が知ったことは──1stじゃなくてΖのジャブローよろしく引越しだったんですか? コーディネイターの上手を取ったつもりが、タイミングの読み間違いしてちゃいかんわねー……使える人間だけ逃がそうとか思っても、あれじゃ撃ち落とされに出てくよーなもんじゃん。どうなるんだ。不安になったフレイは、フラガと鬼ごっこをしていたクルーゼに捕まってしまう。やっほぅ。

 さて主人公は、よーやく自分の居場所を悟ったらしい。お姫様は「あなたに、力を……」とばかりにそれを託す。「ガンダム?」「ちょっと違いますわね、フリーダム」確かに「ダム」だけ合ってますが。通常の3倍……じゃなかった、ストライクの5倍とか言ってましたっけ? ちょっぱやーで宇宙を駆け抜け、お約束のアスランとのすれ違い。ほんと従来とは多少違うものの「王道秘伝の巻物」に沿ってるよーな展開なんですが。いやそれはそれで良いんですが。ザフト服のキラに萌えたお嬢さん方は多かろう。

 あとおかっぱの傷ちゃんとありましたね。アスランに掛けた言葉がらしくてイイ。

 前回出たアラスカの基地名、「JOSH-A」だったと思うんですが、これ「ジョシュア」と読んで良かったのか、旧約のアレの綴りは「Joshua」だけど。この前の回がPHASE-32「約束の地に」って題名でつながりがあるのかどーかは知りませんが。

|

« ガンダムエース7月号 | トップページ | 高橋良輔「装甲騎兵ボトムズ III サンサ編」(スニーカー文庫) »

SEED」カテゴリの記事