« オタク誌三昧。 | トップページ | ひとこと感想200件。 »

2003.06.14

SEED PHASE-36「正義の名のもとに」(ネタバレあり)

 ラクスは国家反逆罪に。ザラ議長は為政者としての厳しさだけでなく、何かを腹に持った顔。アスランは荒れ果てたクライン家を訪れ、何故か置いてけぼりを食っていたピンクのハロに導かれるように、これまた何故か酷い有様のホール──ラクスのコンサート会場へと足を踏み入れる。舞台美術なのか破壊の跡なのか、廃墟の中に響くラクスの歌声。「あなたが連れてきてくれた」とは言うが、この場合連れてこられたのはアスランの方で。国を挙げて探しているはずのお姫様が何でこんなとこで呑気に歌ってんのか謎だが、前々回にキラに「君は誰?」と言わしめたお姫様の本性発揮。アスランに戦いの意味を問い掛ける。つーか、アスランてばお姫様にここまで言われないといかんのかーつーのが……アイキャッチまでキラに奪われて、ここで主人公その2の面目躍如といってほしいもんですが。

 ラクスを追う黒服の男達。アスランはラクスを守るために片腕で彼らに銃を向ける。ラクス側のザフト兵も現れ、生身の銃撃戦でばたばた人が死んでるってーのに表情一つ変えないお姫様はちょっと恐いが、ラクスはこういう人。マルキオ導師は逃げおおせたと聴き、ラクスも去っていく。で、ここでその見知らぬ赤毛の男(ダコスタ:虎のおっさんの副官って覚えてないよ)に、『婚約破棄とか言われたけど、俺の女に手を出すな!』とちょっとでも思ってくれたんでしょうかアスランは。何せラクスにお説教くらってる間頭の中はキラのことばっかやねん。ラクスは「お友達」と話すよう諭すが、これは療養中のキラに言った「敵同士」と対比する言葉なんですねぇ。

 一方地球では、キラのザフトでも地球軍でもない発言。Nジャマーキャンセラー装備=核搭載=電池切れなし、なのはともかく、それがメンテナンスフリーって訳じゃないだろうに。ナノマシンとかDG細胞装備だったら別ですが、プラントには自己修復ガラスの技術があるからそんなもんなのか。とりあえずキラは着るものがないのとバンク対応からか地球軍の制服は着たままですが、大天使様ご一行は敵前逃亡なので皆で徽章外してくれないかな。

 で、アスランはジャスティスを受領し、地球を目指すんですが腕の怪我は? コーディネイターだから治りも早いって? 怪我したまんまなのが更に萌えなのにー(i_i) しかし米たにヨシトモさんまで出てくるとは「まるで一時期のGWの様」(兄貴談)

 ここまでで1000文字になったので追加で一言。「キラには出来ないことでサイができること」という、この視点が出てきたのがキラの一番の変化じゃないかという気もします。実際、それが何かというのはよく分かりませんが(^^; PHASE-32「約束の地に」でディアッカに銃を向けたフレイを止めたミリアリアの「違う!」が、これ以上の言葉として認識される(この時点では気が動転してることもあって、「違う」ことしか分かっていない)のは次回なのかなーとか。それは多分こういうことなんだろうとか、こうあって欲しいという希望はあるんだけど、まぁ、とりあえず放送を待ちます。

 しかしやっとこさボンボン5月号の別冊付録のマンガの範囲まで終わってようやく読めるのかと思ったらどこに埋まっているのやら(^^; もう次のにまた別冊ついちゃうしなぁ。をっとボンボン7月号れびゅーも書かなきゃです。とりあえずプチホラーなゼータに萌え。

|

« オタク誌三昧。 | トップページ | ひとこと感想200件。 »

SEED」カテゴリの記事