« 燃え尽きたあとに | トップページ | BANDAI MUSEUM 2/4:MSM+G-Base編 »

2003.07.14

BANDAI MUSEUM 1/4:概要編

 PCも本人もリカバリ中断したまま、折角先行公開の招待状が当たったんだからと7/13に行ってきましたバンダイミュージアム。
 混んでる所は混んでたし、G-baseは一定の人数を区切って入店させてたので入店待ちをしましたが店内を歩くにはまぁいい具合。ただCafeは混雑が引いてから入ったからお目当てのメニューが売り切れになってたのが残念ですが、初日だとこんな混雑じゃ済まないだろうなというのは火を見るより明らかなので、当選させてくれたホビージャパン様々です。

 ま、96年のスペースワールド以降イベント展示は色々見てきた訳なんで、今回は常設という観点での見方になると、あと一ひねり欲しいけどそれは今後の充実を期待するって所なんでしょうか。それでも、「キャラクターワールド」での仮面ライダーの戦闘員の声ボタンとか(当然だが一番響いていたのはショッカーのアレ)、戦隊シリーズの1号ロボ初合体ムービー(皆一通り見ようとするから列が進まない)とかはやっぱ楽しいもので。でも戦隊の部屋にキンピラとか重甲気殿がないのは画竜点睛を欠くんじゃ(普通の家に置けないデカブツだからこそこういう所で見たいでしょ)とか。あ、デジカメは禁止ですがフィルムなら一部OKです。

 「ガンダムミュージアム」はUC0100の「Mobile Suit Museum」という設定で、そう、これが見たかったんだ! という感じで中々良かったです。スミソニアンのStar Trek展には及ばないかも知れないけど、志はあるよねと。犬より早いがチーターより遅いザクとか、凄いぞガンダムには本当に「ダム」があったんだ! とか、足の骨組みだけで反復横跳びとかの資料映像はイボルブ2の続きにも思えてしまいますが、結構楽しいです。で、先に1/1ザク頭見ちゃうからか、1/1ガンダム上半身は案外驚きがないんですね。暗くてよく見えなかったからかもですが。でもビームサーベルの太さは新鮮でした。

 テストランなので見られないものとか、不満点もあったんですが、Cafeのメニューが月替わりなのもあるんで、リピーターになるのは必至? 近場なら一度は行け、上京予定があるなら松戸まで是非って感じです。仕事疲れもあって今日は一日寝てましたが、ほんとまた行かねばですよ。

|

« 燃え尽きたあとに | トップページ | BANDAI MUSEUM 2/4:MSM+G-Base編 »

バンダイミュージアム」カテゴリの記事