« G+東映祭り。 | トップページ | 燦然祭5・怪盗と都知事選と女の戦い »

2003.08.09

広島、長崎。

 先日処方された粉薬は、薬包紙で出されたもの。自分の記憶で薬包紙から薬を飲んだ覚えがなく、21世紀になってこんなの見るとは思わなんだ、と思うんだが、子供の頃薬包紙で出されてもオブラートに包み直して飲んでいたんだろうか。

 薬包紙をしげしげと見ていると思い出すのが、広島の原爆の子の像の話。確かあれって、原爆症で入院した佐々木禎子さんが薬包紙などで鶴を折り始めたものの亡くなってしまい、以来、千羽鶴を追悼に捧げ始めたってのだったと思うんですが。調べてみたら大筋覚えててほっとしたり、先の放火には頭痛かったり、その後のお詫びで集まった折鶴に安堵したり。

 という訳で広島と長崎で平和への祈り。今は戦後ではなく戦前か、という異様な空気の中で……というか現実には列島縦断の台風10号の被害が大きくて、九州なんてまだ先の豪雨から立ち直りきれてないのにと。お見舞い申し上げます。

 SEEDはちゃんと見てますが、さすがにちょっとそういう気分でないのでパス。

|

« G+東映祭り。 | トップページ | 燦然祭5・怪盗と都知事選と女の戦い »

戦争を考える」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事