« 真・残暑お見舞い | トップページ | 燦然祭6・恋と闇とヒーローと尺八と »

2003.08.23

東映ヒーロー主題歌集LD

 兄貴がBGVにしてました。OPとEDだけなのに作品全体についての思い出話が尽きずに困ります。ただ、兄貴と自分とで見てる範囲が微妙に異なり、重なっている部分については意見の相違があったりもするのですが。どちらも見てて、これは良かったよねと意見が一致したのって「激走戦隊カーレンジャー」くらいだったかも。カーレン浦沢、シャンゼ井上、GX川崎と脚本が飛ばしすぎだった96年の奇跡。

 これと先の戦隊映画箱の映像特典のおかげで「仮面ライダーZO」が見たくて仕方なくなってるんですが、探してみると年末にバンダイビジュアルでDVDが出るみたいで。LD買いそびれてたんで凄く楽しみ。ZOとかJとかのOPって凄い疾走感があって、さすが映画だなーとか思うんですね。特に戦隊だと5人並べてというのとロケ地の都合もあるからか、いくらかスピードが緩やかに感じるんです。でも自分にとっての「仮面ライダー」のイメージってこれだよなぁって。「仮面ライダー本郷猛は改造人間である」――ある意味兄弟と言えるショッカーの怪人達と戦わなくてはならなかったという悲劇と、その始まりにある孤独。そこから始まっているから、独り山道を疾走するライダーってのはその孤高が端的に表現されていて良いんだよなぁと。

 ZOの「愛はとまらない」(作詞・大津あきら)って好きだなー。ZO主題歌候補だった別の曲がVガン初期EDの「WINNERS FOREVER」ですが、そう聞いてから曲を聴きなおすと確かにライダーっぽいかなという気も。これはこれで好き。そしてメタルダーの「君の青春は輝いているか」(作詞・ジェームス三木)は何度聞いても凄すぎる。燃え。

 SEEDは世界陸上でお休み。ゲットバッカーズは赤屍さん登場で続く。く~。

|

« 真・残暑お見舞い | トップページ | 燦然祭6・恋と闇とヒーローと尺八と »

特撮」カテゴリの記事