« 燦然祭6・恋と闇とヒーローと尺八と | トップページ | オタク誌三昧10月号 »

2003.08.25

ようこそ、平和の国へ……なのか?

 「戦争を考える」を見に行くと、ウチはまぁともかくとして、本当に色々な活動をしているサイトを知ることができるんですが、今回目に付いたのが、先日もニュースバードで見た「イスラエルとパレスチナの子供達を日本に招いてサッカー交流」というもの。ニュース映像でもほんと楽しそうな笑顔の子供達だったんだけど、あと数日で帰国してしまうと、今度はこの子供達もテロと報復攻撃の標的になるのかも知れないと思うと辛い。ここ数日で急速に悪化している故郷の状況を、この子供達も知らない訳でもないのだろうし。

 でもこの日本も、のほほんと平和な国という訳でもなくて、テロとも無縁ではないのがここ数日の状況。暴力に訴えることしか出来ない人がこの国にも居るというのが悲しくてならんです。ふんわかいこうよ、ふんわか。←シャンゼ効果

 えと本日放映のGX第十七話「あなた自身が確かめて」。何を? というと、「人間が殺し合いのできる生き物であるのは何故か」ということなんですが、まぁこれはこの話の文脈で出てくる話なんで。ただ同族を殺す概念を持つ動物がどれだけあるか存じませんが、生存競争以外の理由で同族を殺せるのは多分人間だけなんだろうなぁ。

◆昨日と本日の更新:とびだす。:ほっとにゅ~す続き。かれんだ~もup。カミラボ:Ζ小説up。夏の終わりに名残りの薔薇。つーてもまだ絶好調に暑いです関東。

|

« 燦然祭6・恋と闇とヒーローと尺八と | トップページ | オタク誌三昧10月号 »

戦争を考える」カテゴリの記事