« オタク誌三昧10月号 | トップページ | SEED PHASE-46「たましいの場所」 »

2003.08.27

燦然祭7・梅干食べて(以下略)

 #32「第2の戦士現る!」 何か悪いもんでも食ったのか、やたら天狗な暁に周囲は憮然。ずっと不在だった宗方チーフ、闇次元から帰還。胸毛がぁっ。そして「命の闇の種」を食べてしまった速水は顔に何故か花が咲く。「ダークザイドを倒すのなんて缶ジュースの蓋スコ――ンと開けるより簡単だ」とか暁が言ってるが、96年当時にしても既にプルトップなんてなかったような気が。勢いは分かるんだけど(^^; 「独りで充分戦える」と天狗絶好調の暁からCGペンを取り絶交を言い渡す速水だが、この後やたら立派な梅干入り弁当を食べていたら、エリとるいが襲われる。独りでグルリスに立ち向かっていく速水を見て(これ幸いと)応援に駆けつける暁がイイ。「う○こ」から逃げるのに揃って植え込みを飛び越えるシーンって本人? 凄い揃ってるのが気持ち良くて何度も見返しちゃうんですが。「う○こ」を受け止めてぎゃーぎゃーわめく二人は絶交のことなんて忘れてますな。苦戦するシャンゼ、「誰か……」と救いを求める速水。そこに現れたのは超光騎士でなく、高笑いをする謎の戦士。そのおかげでグルリスを倒せたってんで、皆に周章に謝る暁が可愛い。「今度図に乗ったら『う○こ』って言ってくれ」の直後に「う○こ」と言われてしまうのがえぇですわ。今回のデザートはまるごとバナナ。

 #33「サバじゃねぇ!2」 謎の戦士ザ・ブレイダーはすっかり街の人気者。彼に会いたいと暁に調査を依頼した速水。ゴッキー退治はいいけどさ、処理までして行ってくれよブレイダー。しかしブレイダーがどうにも気に食わん暁、速水に「恋をするような目をするな、俺を見ろ」って、やっぱり嫉妬だよ。ブレイダーの正体は魚屋の田中? 弟子入りを志願する速水、仕入れはバイトの域越えてるよ。店でサバを売るのもサバ2故。暁はしっかり仕事続行(さすが速水絡みだ)、田中が片桐と会っているのを目撃して、弁当の梅干食べてた速水を呼び出す場面が好きだ。田中がダークザイドだったのに衝撃を受ける速水だが、もう一つの変調が彼を襲う。シャイニングブレードを求めるシャンゼに渡したものはお約束。そして駆けつけた宗方とエリの前で(チーフじゃなくて宗方さんなのな)「バージョンアップ!」何気に燦然よりアクション多いぞ! 宗方のナレは当時から大笑いで、文字に起こしてくれた人のテキスト読んでも「分からねぇ!」あーでもオチが好きだこれ。

|

« オタク誌三昧10月号 | トップページ | SEED PHASE-46「たましいの場所」 »

特撮」カテゴリの記事