« 《RELAX》番外公演 ハミングバード・トラップ | トップページ | GX第二十五話「君達は希望の星だ」@ANIMAX »

2003.09.03

電撃祭3・シーマ様におまかせ

 1週おきの「今週の電撃戦隊チェンジマン@東映チャンネル」。

 #9「輝け!必殺の魔球」高知南国高校野球部出身の剣。「ドラゴンボールが見たい」なら724ch・ANIMAXを(同案多数)。当時の同人誌にもあったけど手間掛かる魔球。爆発物専門家の大空さん謹製の硬球仕込みの爆弾を手に、剣は友人を傷つけてから封印していた消える魔球を投げる。ちゃんと野球部のユニフォーム着てるのがお茶目ではある。

 #10「恐怖の無人車軍団」シーマにころっと騙される疾風。ウーバの時にも顔見てなかったか? とっつかまる疾風さんとか、投げ出されてごろごろ転がる疾風さんとか、それでもさっと髪を整える疾風さんとか、女性に花を贈る疾風さんとか、とにかく疾風さん萌え。でもラストの花については疾風さんが正しいと思うよ? 花に罪はないんだから。

 #11「SOSココとキキ」宇宙から何か降ってくれば大空さん担当なのか。ココとキキも星を守るために、危険を省みずダイヤを求めて地球にというあたり、チェンジマンのスケールが良く出てる話。ココとキキの宇宙船の落下した周囲にまだ雪が残ってるのが初盤ならでは。

 #12「ママはマーメイド」母から離れて育てられたシーマが、地球の子供達から母を奪う。それでも平気そうな姉弟にシーマが目をつけると踏んださやかは、姉弟のガードに。母を亡くした姉弟なら今度のことも無理もなく、1日だけママにという約束で後楽園ゆうえんちで遊んでいたのだが……さすがにその台詞はないでしょ、さやかちゃん。それでも1日だけのママという気持ちに偽りはないと、その思いを貫く。ラスト、麻衣が「さやかは良いお母さんになるわね」というのに疾風が「だども、夫婦喧嘩になったら大変だべさ」と訛るのが可愛い。しかし男3人でコーヒーカップ乗るかい(^^; シーマの悲しみも描いていて、敵とはいえ一筋縄でいかないのがチェンジマン。

 今回はシーマ様目立ちましたね(#9・11はブーバ担当なんですが)。冬服はここまでで、#13から合服に。

|

« 《RELAX》番外公演 ハミングバード・トラップ | トップページ | GX第二十五話「君達は希望の星だ」@ANIMAX »

特撮」カテゴリの記事

コメント

(管理者権限でこちらへのコメントに移動させていただきました・しののめ記)

初めまして。チェンジマンの検索により参りました(こちらの趣向と関係無い話題で済みません)。
しののめさんが、ずっと以前にブログで話題にされた第12話「ママはマーメイド」は、チェンジマンの中で私が一番心に残っている話ですので、寝言と思って感想をお読み下さい(笑)。

確かに12話の例のセリフは痛いものがありますね。ここでのさやかさんの誤算は、母親のいない姉弟の心理を理解できていなかった事でしょう。
さやかさんとしてはこの姉弟に「協力」してもらっているつもりだったのでしょうね。大星団ゴズマによって母親を奪われた多くのあなた達の友達を救う為に力を貸して、と。だからこそ、堂々と姉弟の前であのセリフを言って正体を現した・・・けど、その結果さやかさんは姉弟の怒りを買う事になりました。

私最初、彼らが何を怒っているのか分りませんでした。確かに利用した形にはなったけど、それは別に悪い事にでは無く母親を奪われた子供達の為に・・・・・・と、ここまで思ってようやく分りました。
母親を失い泣いている子供達の中での、あの姉弟の態度。普通、母親のいない寂しさが分るなら、その状況に心を痛めて子供達を哀れんだり、できれば誰かが何とかして欲しいと願うでしょうけど、あの姉弟は実に楽しそうでした。自分達と同じ母親のいない寂しさの分る友達がたくさんできて嬉しいと言わんばかりに・・・。
まだ他者を思う心のゆとりの無い姉弟にとって、さやかさんやその仲間の行為は、せっかくできた自分達の「友達」を奪う行為に過ぎないのでしょう。その為に自分達が利用された事に気付けば、姉弟の怒りも当然でしょう。
まあ、姉弟のさやかさんに対する怒りは、それに気付いたショックによる一時的な感情でしょうけど・・・(彼らは心の底から他者の不幸を望んでないはずですから)。

さやかさんが最初に姉弟を見た時、彼らの満たされない心境を理解できていれば、例のセリフは無かったでしょう。彼らに自分達の協力をさせる形を取らずに、あくまで彼らの「護衛」という形で接していたかもしれません(服装も変装では無く普段のままで)。
さやかさんが母親のいる子供達の身にしかなれなかったのは、やはり彼女も両親が健在だからかもしれません。でも今回の事で、さやかさんは母親のいない子供の気持ちも分る、視野の広い女性に成長したと思いますし、他人の為に体を張って尽くすさやかさんの姿を見た姉弟の心の中にも大切な物が芽生えたと思います。
やっぱり、人と人とのふれあいは大切ですね。

投稿 A-chan | 2007.07.22 01:48

投稿: A-chan | 2007.07.22 08:33

>A-chanさん
 最新記事へコメントいただいたのは、こちらの記事でコメントを受け付けない設定になっていたからと思います。blogへ転載した時点の設定がそのままですみませんでした。
 何分4年前の記事でして相当記憶もあやふやなのですが、自分の記事の書き方からだと姉弟側に肩入れして見てたみたいですね。さやかは当初のお堅くとまったイメージから、戦いを通じて柔らかくそして強くなっていった印象が強いですね。守るべき人々や敵まで含めて、皆が宇宙の仲間だという視点を持つのはチェンジマンならではのものかとも思います。機会があれば見直してみたいです。

投稿: しののめ | 2007.07.22 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《RELAX》番外公演 ハミングバード・トラップ | トップページ | GX第二十五話「君達は希望の星だ」@ANIMAX »