« Pearl Harbor & Imagine | トップページ | 「その時 歴史が動いた」忠臣蔵・お裁き始末記 »

2003.12.09

「極上の休日」千住明 世界に誇る映像音楽の極人

 新聞のテレビ欄で紹介されてて12/7放送分を録画。詳しくは公式サイト参照。

 しかしこれって日曜22時というリアルタイムにのんびり見るものですな。せせこましい日常の合間に細切れで見るのは勿体無かったですー。濃ゆかった……。三兄弟勢揃いなのも良かったし。慶應での凱旋コンサートもぐーでしたが、ホームパーティにオーベルジュにと、とにかくその美食っぷりが……ここまで望まないけど、美味しいもの食べてゆっくりしたいなぁ。

 千住明の音楽には93年の「テクノパワー」以来惚れてますが(同年のVガンにはまったのはその後でした)、ご本人も結構好きなんで、その意味では堪能できました。幸せそーなお坊ちゃんぶり絶好調の千住明萌え~。とかって、すみません。初めてインタビュー映像見たのって、おたっくビームでだったかなー。その時からご本人萌えするようになってしまいました。おトミさんとは全然違う方向なんですが、どーにも可愛いんですよねぇこのお方。ほんまもんの坊ちゃんやから、天然つーかピュアなんだよなぁって、全部褒め言葉なんですよ。いやもう根っからの庶民としては、こういう人も居るんだなぁってしみじみと思っちゃうんですが。スコアを書くのに、音符の部分によってシャープペンシルを3種類使い分けるコダワリが、そういえば元々工学系だったよなーって感じで。「EDEN」がちらっと聞けたのも良かったです。そいえば何気に「Imagine」も掛かってました。

 番組中で掛かったこともあって、「日本 映像の20世紀」を聴き直したり。やぱえぇですわ。98年のガンダム20周年コンサートしか生体験がないんで、また機会があればじっくり生で聴いてみたいです。って千住明公式サイト見たらちょくちょくあるみたいなんで、次の機会をきっちり狙おうっと。

|

« Pearl Harbor & Imagine | トップページ | 「その時 歴史が動いた」忠臣蔵・お裁き始末記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事