« 「映像の世紀」第2集・大量殺戮の完成 | トップページ | オリジナルの肝@BANDAI CHANNEL »

2003.12.24

ARGENTOSOMA Trailer & fan-fiction

 アルジェントソーマ英語版が見たいってんで、BEI公式行ってtrailer見てきました(どの巻でもtrailerは同じ)。……かっちょえー。ナレと台詞が被るんで、どうしても台詞に神経行ってナレで何喋ってるのかさっぱりなんですが(^^; アクション主体でまとめててテンポ良くって、日本語版とは随分イメージが違います(さすがバンダイと言うべきか)。BGMもオリジナルでないですし(ビクターが音楽使わせてくれなかったのか?)。ちょっと別物に見えるかも(^^;

 タクトの声はやっぱもうちょい高い方がと思いつつ、リウに合わせたキャスティングのようで、"No more GAME!(余興は終わりだ)"まで聞いて(台詞と場面は微妙にズレてるが)、自分としてはOK。総じて日本人の声って欧米人より高いと思うんで、スーちゃんはよくぞここまで似た声選んだなぁと。イネスもやはりイイ感じですが、紗ゆりさんの方が声低めかも。"Welcome aboard."って乗艦だけでなく新人歓迎でも良いんですね(STの見すぎ)。ダンは台詞のせいもあるけど(Phase:08でのデータライブラリーで詰問するシーン)こちらもえぇ感じ。ギネビアは声無かったような……って、ハティとマイケルは絵も出てこないってどーゆーことですかぁ(i_i) 海外版公式も色々突っ込み所はありますが。

 てな感じでかなりイイ感じにアルジェントソーマに煮えっぱなしですが、この度、千羽鶴工房さんの、朝貴千鶴さんのアルジェントソーマ小説「休息する者」の続きを、差し出がましくも書かせていただきました。途中になっているのが非常に勿体無いものでしたので。CDドラマ第1話の後日談ですが、本編に馴染まれている方ならば話はお分かりになるかと。昔リレー小説を少々書いたことはありますが、こうした形で「続き」をというのはさすがに初めてでしたので、色々不安もありましたが、OKが出たのがほんと嬉しかったです。ありがとうございました(^^) とても愛らしい作品が多いサイトさんなので、是非どうぞです。

◆本日の更新:という訳で玄関のLINK更新。

|

« 「映像の世紀」第2集・大量殺戮の完成 | トップページ | オリジナルの肝@BANDAI CHANNEL »

アルジェントソーマ」カテゴリの記事