« ARGENTOSOMA Trailer & fan-fiction | トップページ | I miss you, きーさま。 »

2003.12.24

オリジナルの肝@BANDAI CHANNEL

 12/20のbe reportでの「定番キャラの強さ」に感じたこと(12/20の寝言自体は完全にネタですが)、12/21のZO特典中の特報での「21世紀のヒーロー」という言葉に「93年当時は21世紀の仮面ライダーがどうなってるか想像も付かなかっただろうなぁ」と思ってしまったことなど気にしつつ、オリジナルの肝を視聴。予告編だけで8分ありました。第一回は「企画の肝」がお題で、高橋良輔氏とサンライズ企画部長井上幸一氏の対談32分、580円/回(7日視聴可能)。1Mで動画が落ちまくるのは回線が悪いからかなぁ。

 で。中々面白かったです。先に挙げたネタに思ったことから自分の中ではうまく繋がったかなと。定番に向かおうとする力と、定番ではいけないんだという力とがあって、でもその肝にあるものがまさに肝心なんだよなぁと(ちとありきたりな感想か)。「まずオモチャ屋さんに企画を持っていく」サンライズの特殊さというのも改めて認識しつつ、ダグラムとかのこまごまとした裏話も面白かったり。「オモチャを売るためのアニメ」の一方に「アニメを売るためのアニメ」がありますが、今回は前者に偏った話でして、今後そのあたりも期待したい所。安彦さんも楽しみ。

 どうにもアルジェントソーマ・ハイの昨今ですが、これってそんなサンライズの定番であるロボットものでありながら、成立自体は後者の「アニメを売るためのアニメ」なんですね。天空のエスカフローネも、バンダイがLMでプラモを出しつつも、それは完全にファンサービスって感じで、同様に後者のものですし。「オモチャがあってこそのロボットアニメ」の権化のようなSEEDの終盤に「オモチャを売らないロボットアニメ」であるアルジェントソーマにはまったのはどういうこと? という自分を考えてしまったり。いやそういう成立云々の話じゃなくて単にお話が良かったんだろとは思うんですが。でも、画面ではエイリアンを一体も撃墜することなく25話中の18話を最後に撃墜されてしまう主人公機っつーのは、前者ではお目に掛かれるものではないなぁと思ったりして(^^;

|

« ARGENTOSOMA Trailer & fan-fiction | トップページ | I miss you, きーさま。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アルジェントソーマ」カテゴリの記事