« URL占い。 | トップページ | カラシニコフ~11歳の少女兵 »

2004.01.26

Nスペ「データマップ・63億人の地図」第1回

 今年のNスペ大型シリーズ。公式サイトはこちら。再放送は1/28(水)0015(27日深夜)。冒頭、アルプスに残された3500年前の地図から始まるのはさすがNスペ。

 今回は「寿命 ~2004年 いのちの旅~」ってことで、平均寿命関連。平均寿命の最も短い国シエラレオネ、アメリカの中で最も短い州ウェストバージニア、そして平均寿命が顕著に短くなっているロシアの現状。飢餓による栄養失調、肥満による栄養失調、そして「心の栄養失調」という三つの病を克服して、最後に示された「希望の地図」を描くことは出来るのだろうか、というもの。

・プレマップは殆どネタバレだった。
・Nスペというよりクローズアップ現代スペシャルって感じ。
・一つの事象の高低を示すなら、番組で使われたのとは逆に、高い:赤、低い:青の方が分かりやすいんじゃないか?

 という感想もありつつも、示唆されている内容は興味深かったです。シエラレオネは朝日新聞の「カラシニコフ~11歳の少女兵」の舞台なので、映像の力というものを実感。肥満の話も恐いよなぁ……和食きっちり作って食べなきゃ。ロシアの事例もほんと恐い。

 番組で使ったデータマップは公式サイトで公開されているので、またじっくり見たいです。日本の平均寿命の市町村別分布は、色々と想像できるものが多くて面白いですし。農村部:高、都市部:低という傾向が見てとれるものの、長野県天龍村(公式サイトのデータマップだと情報見られたので確認)、三重県尾鷲市、高知県室戸市が周辺に比べて顕著に低くなっているのは過疎化が原因なのだろうかとか。

 ロシアの転職率の高さと平均寿命の低下状況の分布が重なるという点は、異なる統計値の関連を感覚的に理解できる地図ならではの見せ方だったんですが、他は割と数字で何とかなりそうなものが多かったのが今後の課題でしょうか。シエラレオネが突出して平均寿命が短いとはいえ、平均寿命の変化の図だとこの国の変化はなし。10年続いた内戦の故なんですが、ここでこの1つ前、2つ前の10年の変化の図が出てくると時系列変化が際立って見えてくる地域ってあると思うんです。映像ならこうした三次元(2D+時間)表現はお手のものなんですし。

 次回は伝染病。これこそ地図ならではの面目躍如となりそうな題材なので、期待大です。

|

« URL占い。 | トップページ | カラシニコフ~11歳の少女兵 »

NHK」カテゴリの記事

コメント

「63億人の地図」再放送があるんですね、良かったー。情報サンクスです。
見よう見ようと思ってたものの、普通にスルーしてしまったもので(;´Д`)

投稿: ふみひこ | 2004.01.27 11:12

>ふみひこさん
 お役に立てましたら幸いです。何故か番組公式ではなく、Nスペ公式にしか再放送情報がないんですね(^^;
 という訳で今晩深夜再放送です。今日のプロジェクトXも楽しみ~。

投稿: しののめ | 2004.01.27 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/137511

この記事へのトラックバック一覧です: Nスペ「データマップ・63億人の地図」第1回:

« URL占い。 | トップページ | カラシニコフ~11歳の少女兵 »