« 七草 | トップページ | 足したり削ったり磨いたり・2 »

2004.01.07

足したり削ったり磨いたり

 造形ではなく文章のお話で。
 「あそびをせんとやうまれけむ」さん経由で「ウェブログ@ことのは」さんとか、「天国と地獄」さんとか、そして「ARTIFACT -人工事実-」さんへ至り。

 端的にいうと、情報をとにかく追加するのがアマチュアで、情報にメリハリをつけるために削るのがプロ、という感じでしょうか。これは、出版などの世界だけの話ではなくて、情報伝達媒体ならすべて言える話です。
 from : 「情報を編集する(ARTIFACT -人工事実-)」

 まさにその筋の方ならではの慧眼だと思います。このあたり結構悩み続けてたんですが、光が見えた気分です。

 この文章の直後で紹介されている、松岡正剛氏の「知の編集工学」は読まなければと思いました。その後に続いているお話も興味深く。

 個人的には、何時何処で目にしたのかも忘れましたが、「素人はとかく詰め込みたがる」とかいう言葉が印象に残っています。というのはその自覚があればこその話なんですが。素人というのは書いてるだけで楽しいので、思いついたものをあれもこれもと入れてしまうんですね。ところが整理が行き届かないまま書かれた文章というのは、読み手には唐人の寝言に等しい訳です。という訳で、思いつくまま書くのではなくて、全体を見据えた上で削れるものは削るということも、素人を脱却するには必要なことだと分かってはいるんです。

 でもつい、あれもこれも~という素人癖が抜けずに早幾年。これは別の機会にしようと省いたネタも多いんですが、加筆を重ねてえらく長くなってしまった~というものも多く。字数制限のない文章というのはとかく危険です。逆に言えば、素人+字数無制限ってことで好きなだけ書き連ねられるというのも、それはそれでアリだと思いたいところもあるんですけどね。ともあれ、この寝言はnoteブック@homepageの仕様に合わせて1000文字制限なので、削る練習になってくれていると良いんですが。「磨く」という境地に達するまで、日々是精進。

|

« 七草 | トップページ | 足したり削ったり磨いたり・2 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/81200

この記事へのトラックバック一覧です: 足したり削ったり磨いたり:

» ライターとエディター、巡る [あそびをせんとやうまれけむ]
うな さんの記事に、ことのはの松永英明さんからコメントが。 [続きを読む]

受信: 2004.01.08 14:23

« 七草 | トップページ | 足したり削ったり磨いたり・2 »