« Nスペ「探検 溶かされた大地」 | トップページ | アルジェントソーマ始めました »

2004.02.10

伝説の勇者ダ・ガーン#43「隊長、命令を!」

 千葉テレビで放映中のダ・ガーンもついに#43。全46話中でも屈指の名作です。

 前回、光一郎と共にオーボス星に乗り込んだものの、父を救えぬまま一人戻るしかなかった星史。前回の次回予告から今回の冒頭ナレから本編から、星史の辛そうな、苦しそうな声音がもう(i_i) 今までの、どんなに困難な状況でも持ち前の明るさと強さで乗り越えてきた星史が、ここまで追い詰められてしまったのかと……怯える星史は12歳の子どもでしかなく。優しい気遣いも、思うが故の叱咤も、今の星史には届かない。ついにはダイレクターを投げ捨ててしまう星史をひかるは引っぱたくが、星史は走り去ってしまう。それでも、皆は星史を信じるという。星史は、隊長なのだから。

 星史がその小さな体には大きすぎるものを背負わされてしまっていたことに気付いた美鈴は、星史のためにと慣れぬ料理を始める。どちらからともなく口にされる告白の中、攻撃を受け緑が浜は停電。その禍々しい閃光に彩られる闇の中で「今度は母さんが星ちゃんを守ってあげる」と言う美鈴に抱きつく星史。しかし……「母さんが……震えている?」美鈴の言葉の気丈さ、そして改めて認識した息子への愛の強さと裏腹に、星史を抱く美鈴の体は震えていたのだ。それに気付いた星史は、もう一つ大切な事に気付く。母の背後の視界に映る家族写真。父はまだ囚われの身で、救えるのは隊長である自分だけなのだ。涙を拭き、笑ってみせる星史。ひかるが届けたダイレクターを受け取って、隊長は待たれていた命令を下す。その声は、以前にも増して力強いものだった。

 いやだからもう脚本も作画もコンテも演出も芝居も最高に良いんですってば(i_i) 光一郎さん萌えとしては本編では写真だけしか出番ないんですが、とにかく星ちゃんが良いんですってば。美鈴さんが、ひかるちゃんが、ビッグランダーが、そして星史が「心配かけてゴメンな」と言ってるのを敢えて無視するダ・ガーンが(ぇ?)、もうほんと皆良いんですってば。上で触れてませんがビオレッツェも好きなんですってば。

 脚本は川崎ヒロユキ。ふとGXエスタルド編って「国家主席、命令を!」なのかなと思ったり(^^; 原画にアルジェントソーマの西田亜沙子さんが入ってるんですが、公園のひかるちゃんとかかな? 平岡作監なので全体的に絵が綺麗だから自信ないです。

|

« Nスペ「探検 溶かされた大地」 | トップページ | アルジェントソーマ始めました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/184239

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の勇者ダ・ガーン#43「隊長、命令を!」:

« Nスペ「探検 溶かされた大地」 | トップページ | アルジェントソーマ始めました »