« 今後のココログに望むこと | トップページ | 鉄道12000kmの旅・6 »

2004.06.18

今後のココログに望むこと・2

 ココログナビTOPとか、お知らせココログの怒涛の更新とか、何より快適な状況を見ている限り、スタッフの対応には好感が持てますし、期待しても良いなと思えます。即応は無理だと分かっていますが、ココログナビへの「お知らせココログ(トラブル情報)」へのリンクの明示は重ねてお願いしたいと思います。

 先の記事に頂いたトラックバックでは、具体的、或いはまとめられたという言葉で紹介して頂いて嬉しかったです。漠然とした要望には漠然とした回答しか期待できませんから、具体的なものを書こうとした甲斐がありました。以下、やはり具体的な提言がなされている記事をご紹介します。

waterblue.air: ココログのディスクロージャー

 「どこに要望を出せばいいのか」という話には頷くところが多いです。それで自分も最初はスタッフルーム宛にTBしました(とりあえず今回も)。そして。

「スタッフに要望blog」を作成することを提案します。それも要望もらいっぱなしではなく、スタッフの誰かが必ずついてリアクションを返す。立場上あんまり下っ端でもダメだと思うんでチームリーダーあたりの役職の人などが担当するのがベストでしょうか。

ただただ「ハイ、ハイ」と要望を聞くだけではなく、時には意見もし、ユーザーと議論したりしてよりよいシステムにしていく。そんな雰囲気がいいんじゃないか?

 と、こちらについて色々書いていたんですが、今元記事確認したらスタッフからコメントが。こちらは一読の価値ありです。JUGEMユーザー助け合い掲示板みたいなのがココログナビからリンクされている(ここ重要)というのが理想なんでしょうか。←そこで他所様の例を出すか。

つれづれネット散歩: 障害時の対応

一番状況を把握しているエンジニアは復旧に忙しくとても報告をする余裕がないが、それではユーザーは納得しない。ユーザー説明のためにエンジニアを押さえると復旧が遠のくので痛し痒し。
こういうときには復旧担当エンジニアとユーザーとの窓口に誰かが立って、交通整理をしてあげる必要がある。

 経験者が語る舞台裏。今回も同じような状況だったと想像できますので「スタッフ何やってんの!」と思った方は是非一読を。こういう交通整理役が居れば情報の遅れもなく、また「ありがと。BLOG」の対応も違っていたのではないかと思います。

 「ありがと。BLOG」に関しては、企画そのものは外部委託だろうと想像もできますが、それにしてもココログナビTOPやお知らせココログに出すにはココログスタッフが介在するのでしょうから、「今はそれどころではない」といって止めて欲しかったんですよね。その「ありがと。BLOG」でも今回のトラブルについてはお詫びが出ています。

データバックアップメモ - extended -: ココログのトラブル対応から見えるもの

 ぴっくあっぷ。さんとこでも取り上げられている(自記事も日付またいでのぴっくあっぷ多謝です)ものですが、仔細な提案がなされています。エラー画面での「お知らせココログ」へのリンクは欲しいですね。

 で、やっぱココログのマスコットといえば「はじめてみよう」のクマさんかと。名前はまだないようですが、ベタベタなココログマで良いと思うんですが(^^)

 あとこちらはやや余談ですが。

HM-Labo辺境観測所: 疲れた…

 感じ方は人それぞれですから、気にしないのが一番だと思います。ただ、

 ココログナビTOPにお詫びが出た。システムはわずか2日で回復した。その上社長直々のお詫びもあった。これだけお上(@nifty)が手を尽くしてくださっているのに、まだ文句を言うとは何事だ。

 というような言われ方なのかなと思うと(最近似たような光景が多いような気がする)、だとしたらそれは違うと思うんです。

 問題の「HM-Labo辺境観測所: 社長さんのblogにがっかり」では、ココログのようなサービスを提供する企業が忘れてはならない「ユーザビリティ」という言葉を出して、具体的な提言がなされています。それは拾われるべき意見だと思えばこそ先の記事でご紹介したのです。確かに、ご自身が書かれているように言葉が過ぎた部分もあったのでしょう。ですが、それは記事の本質ではないはずです。

#で、今見たらコメント欄にエラー画面についての検討記事の紹介が。期待してます(^^) 見たくはないですけど(^^;

 ってね、次に刺されるのは自分かも知れんのですが(^^; ただこんなに文面と時間を割いてしまっていると「そんなにココログが好きかぁぁっ!」という子安声が聞こえてくるんですが、「みんなーココログはとっても良いblogだぞー」っと大声で月に吠えたいんですよどうせなら。だから、やはり期待してしまうのです。怒涛の日々もようやく週末。休める方はゆっくり休んでくださいね>スタッフルーム

|

« 今後のココログに望むこと | トップページ | 鉄道12000kmの旅・6 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

”ココログナビTOPにお詫びが出た。システムはわずか2日で回復した。その上社長直々のお詫びもあった。これだけお上(@nifty)が手を尽くしてくださっているのに、まだ文句を言うとは何事だ。”

そうなんです。まさにこういう意味のことを言われまして、ちょっとへこんでおりました。
もう立ち直りましたがw、こういう記事を読ませていただくと、まだココログを続けていこうというモチベーションが湧いてきます。
ありがとうございました。

投稿: hiro-p | 2004.06.19 04:02

>hiro-pさん

 ココログ続けてくださるというお言葉が嬉しいです(^^)
 先の文面ではわざと「文句」と書きましたけど、具体的な提言につながる言葉は文句とは違いますよね。

 あとここで追記させていただきますが、「ありがと。BLOG」を問題視したのは、言ってみれば鉄道会社が運休やダイヤの乱れの情報を出さないまま、新駅開業イベントの告知をトップページに出したようなものだと思ったからです。いくらイベントは列車の運行とは別だと言っても、本来先に出すべき情報が出てないというのはどうかと思うんですよ。企画自体に罪はないんですが。

投稿: しののめ | 2004.06.19 22:56

ご紹介ありがとうございます。経験者だけに実作業担当者の気持ちをいろいろ想像しちゃうってのはありますね。
しかしまあ、ユーザーさんが意見を言ってくれるのは正直嫌ですがありがたいことなので。。
殆どのユーザーさんはサイレントカスタマーで、嫌になれば静かに去っていかれますからね……

投稿: かっしい | 2004.06.23 16:35

>かっしいさん ご丁寧にありがとうございます。

 貴重な経験をお伺いできて良かったです。現場の大変さは想像以上のものだろうとは思いながらも、「次はないと思え」的な空気も手伝って、少々書きすぎたかなとは思っています。その後普通に使ってる分には快適な状態が続いてますし、ほんとスタッフには感謝しています。
 ただ、環境復旧で頭一杯になってると、そのユーザーが求めていることが見えなくなることもままあるのかと。落ち着いた頃でよいので、見てもらえれば嬉しいなというくらいの気分で今回の記事を書かせていただいた次第です

投稿: しののめ | 2004.06.23 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/794917

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のココログに望むこと・2:

» ココログのトラブル対応から見えるもの [データバックアップメモ - extended -]
古河社長のWeblogにココログのトラブル対応についてのお詫びが掲載された。文面的には形式的なものに近いが、今回のレベルのトラブルに対する対応としてはかなり異例... [続きを読む]

受信: 2004.06.19 14:49

« 今後のココログに望むこと | トップページ | 鉄道12000kmの旅・6 »