« イラク主権委譲と自衛隊50年 | トップページ | 大きな星がついたり消えたり。 »

2004.07.15

MS IGLOO試写会見てきました

 「機動戦士ガンダム MSイグルー ~一年戦争秘録~」見てきました。燃えました。こちらで書いた後、幸運にも電ホの20時の券も当たったので、兄貴と二人で見てきました。先に当選していた15時の回は残念ながら断念。しかしこの抽選、本来は20時の券が賞品になっていたはずで、何故15時の券が渡ったのか謎とのこと。結局無駄にしちゃってごめんなさい。

 事前情報はあまり入れないようにしていたのですが、スタッフが0083というかボトムズな方たちということで期待した以上の出来でしたし、圧倒的な映像に気持ち良く酔えました。3面マルチかと思ったらそうではなく、単に3面あるだけですが、少しずつ明るさが違うとのこと。公開までに調整されると良いですね。音はベストな状態ではないと伺っていたんですが、ちょっと割れてしまっていて、聞き取れない台詞があったのが残念。大音量が足元から響くのは面白かったんですけどね。入れ物の問題があるので仕方ないんですが。映像もまだ作りこんでるそうでして、完成したものを見に行きたいと思っています。

 MSなどのメカも素晴らしかったけど動いてる人物もなかなかでした(雑誌と印象異なりますよー)。瞳の色が濃いキャラは一瞬実写に思えるほど。色が薄いとどうしても作り物に見えちゃいますが、オリヴァーに関してはそういうキャラなんじゃないの、とは兄貴の指摘。確かに「論理的です」なんて口癖はヴァルカンかって感じで(^^; そのオリヴァーがニキビ噴出しそうな肌だというのもちゃんと年を考えた画像かと。

 で、ここで15時の回をご覧になった神北恵太さんの「神北情報局: 『機動戦士ガンダム MS IGLOO ―1年戦争秘録―』の試写を観たぞ」を読まれた方が本編への期待が高まるかもです。他の方の感想読まずに書こうと思ってたんで、一旦upしてから今この部分追記してるんですが、こちら拝読するとあっそうだったのかーとかいう所もありますです。モニク・キャディラック特務大尉以外まるで女っ気がないIGLOOですが(あのスタッフだからなぁ(^^;)、ほんと彼女は華でしたねー(^^)

 以下、微妙にネタバレな感想になります。アカラサマには書いていないのですが、そのあたりはご注意ください。

●ガンダムミュージアムは必見。
 IGLOOはあくまでミュージアムの一部です。IGLOO以前でも以後でも良いので、ガンダムミュージアム(Mobile Suit Museum)は是非見ておいてください。特にザクの間の記録映像やパネルの内容を見ていると第2話の味わいが深くなると思います。そういえば本編上映前のミュージアムのCMで、コロニー模型をあのカットから始めてるのはイイですね。

●要は「裏・強行突破作戦」なのね。
 ファースト#32のザクレロの話を思い出しました。ファーストは劇場版しか知らないという人は、この機にTV版を全話見ることをおすすめします。
 しかしザクレロはガンダム様が相手をしてくれたけど、603には日が当たらないのです。急ぐ時代に取り残された機械と運命を共にする男達は、倒れるときには前のめりにとばかり死に花を咲かせるのですが、それは広大な戦場の片隅の砂粒でしかないのです。語っている内容は地味で渋いんですが、やってることは実に派手なのがまた良いのです。オヤジ萌えは必見です。←萌え言うな(^^;

●第1話「大蛇はルウムに消えた」
 このネガティブなタイトルがたまりません。ルウム戦役ということで、おそらくガンダム映像史上最大級の艦隊戦。海軍系です。0083の「ルンガ沖砲撃戦」だという指摘はなるほどと。
 ただDS9終盤の大艦隊戦を見た目には、サラミスなどで点が辛くなるかも。でも戦場を颯爽と駆け抜けるザクにココロオドリますよ! そしてアレが出てきてからは沈んだ戦艦数えずには居られませんよ! 聞くところによると4隻確認できるそうですので次はちゃんと数えなきゃ。でも伝説のアレがなかったのは残念。サラミスがスタコラサッサと逃げた時点でこれはマンガだと宣言しているのだから、伝説もやって欲しかったなぁ。
 しかしそんな華々しい歴史の陰に本筋の603は隠れていくのです(i_i)
 キャストでRIDEのジャック少尉とアダム曹長が揃ってたのにパンフで言及がなかったのが残念。そういえば第1話のパンフ(各話別売)で高倉誠さんのお名前が印刷ミスになってたのはウチのだけ?

●第2話「遠吠えは落日に染まった」
 「負け犬の」という枕詞を自然に補えるのがご時世。こちらは08小隊・ダグラム・ボトムズ・メロウリンクなどを思わせる陸軍系。第1話でIGLOOってこんな話というのがつかめてるから、最初からノリノリで見られますね。2話同時上映で良かったです。
 ジオンの補給線ってこうなってたのかーと目から鱗。このイレモノとかが藤岡建機さんのお仕事でしょうか。パプアが格好良いと思ったの初めてかも。
 そしてザクがアリゾナに登場した瞬間、MSMのザクの間を確認してきたい衝動に駆られました(^^; チーターより遅いけどがっしょんがっしょん走るザクに惚れ直しました。きゃーっ中田譲治さん格好良いーっ!
 駄菓子菓子、更に格好良いのはあのタンクです。タンクに超燃えする日が来るとは夢にも思いませんでした。スモークディスチャージャーONした途端に体温が2度上がります。脳内で映像再生すると、何故かダグラムのBGM(スタンレー高原とかで掛かってたイケイケドンドンなアレ)が頭の中でガンガン鳴ってるんですが(^^; パンフによればカトキハジメ氏入魂のコンテだそうで、良いもん見さして貰いました。

●IGLOOの今後
 とりあえず第3話は作ってるそうなんですが、是非この路線で突っ走って欲しいです。ザクレロを思い出してからパンフの鼎談読んで大爆笑しましたが(^^; イグルー(イヌイットの氷の家の意もあり)というからには寒冷地仕様で防寒服着たザクとか想像するのはダグラムの見すぎですか。でも一番見たいのは、宇宙人が海に潜ろうとしたらこんなん出来ちゃいましたーといういががわしいメカでしょやっぱり。何でこんなのが飛ぶのか分からない飛行メカもいいなぁ。ザクレロとかサバロフAG9ニコラエフよりも日が当たらない、健気な試作機に愛の手を(^^)

 っと、洗濯しながら文面考えて、記憶が鮮明なうちにup。メニューが一新されてたGundam Cafeの話はまた改めて。新作も美味しかったです(^^) んじゃこの勢いで仕事します。やってやるぜ! ←番組が違います。

MS IGLOO完成版第1・2話感想
DVD1・2巻感想
第3話感想

バンダイミュージアム公式
ぐるなび:ガンダムカフェ

|

« イラク主権委譲と自衛隊50年 | トップページ | 大きな星がついたり消えたり。 »

MS IGLOO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/969976

この記事へのトラックバック一覧です: MS IGLOO試写会見てきました:

« イラク主権委譲と自衛隊50年 | トップページ | 大きな星がついたり消えたり。 »