« ロボ三昧。 | トップページ | ヘルペスとか偏頭痛とか。 »

2004.07.26

いつもより長めの夏が終わった

 新聞を見ていてあれっと思った、高校野球三重大会の結果。シード校の海星や四日市工、近年実力のある菰野も敗退して、三重大会は大荒れの模様。その四日市工を破ったのが四日市(一応夏の甲子園では三重県唯一の優勝校(1955年・第37回)だが最近は以下略)だというのだから一体何が起きているのかと。27年ぶりの準々決勝進出でしたが、惜しくもいなべ総合に5-2で敗れてしまいました。お疲れさま。とか言いつつ、相手校よー知らんのやけど(^^;

[第86回全国高校野球選手権大会 三重大会] 宇治山田 延長制す (asahi.com)

 2回戦 四日市 13-8 鳥羽商船

 初戦突破はまぁあることだからと思いつつ、この点数が嵐の予感だったのか。

[第86回全国高校野球選手権大会 三重大会] 四日市 スクイズ的中(asahi.com)

 3回戦 四日市 2-1 四日市工

 ええっ。四日市工つーたらシード校やんか!

 「僕らは格下ですから緊張せず、思いっきりやれました。それと、(海星に勝った)鈴鹿に刺激されました」と須藤君。チームメートと抱き合って喜び合い、「でも、本当に勝てたなんて夢みたいだ」。
 そっか鈴鹿が海星に勝っちゃったのかー。それも凄いわ。と思ったら勢いに乗っちゃったんですね。

[第86回全国高校野球選手権大会 三重大会] ベスト8 出そろう(asahi.com)

 4回戦 四日市 3-1 三重 

 えええっ。代表常連校だぞ三重も。春の甲子園では三重県勢で唯一優勝してるんだぞ(1969年・第41回)。それを相手に延長11回で勝ち越し。何なんだこの勢いは。と思ってたんですが。

第86回全国高校野球選手権大会 三重大会:試合結果(asahi.com)

 準々決勝 いなべ総合 5-2 四日市

 という結果に。いなべ総合もこれまでの勢いが凄かったからなぁ。でも惜しかった。そして凄かった(^^)

 これで4強決定するも、三重大会の展望を書いた記者は今頃頭抱えとるんとちゃうか(^^; 昨夏の代表校でシードから勝ち上がりの宇治山田商か、代表経験のある相可か、海星に勝った鈴鹿か、勢いのいなべ総合か。暑いけど頑張れ高校生(^^)

追記

 準々決勝の記事が出ていたので追記しときます。

[第86回全国高校野球選手権大会 三重大会] 4強そろう(asahi.com)

四日市、猛追及ばず涙
 勢いに乗る四日市を、いなべ総合が跳ね返した。いなべ総合は4回、内角の速球をねらい打ち、伊藤拓からの4長短打と犠飛で3点を先制して優位に立った。四日市は5、7回に伊藤の適時打などで計2点をかえして1点差に迫った。いなべ総合は8回2死二塁から、日沖勇の右中間二塁打で、念願の追加点を挙げ逃げ切った。四日市の主戦須藤は、直前の右邪飛が風に流され、「打ち取ったとほっとして、気持ちが切れたまま、甘い球を放ってしまった」と悔やんだ。

 ●池田健太郎主将(四日市)
 ベスト8まで進んだという喜びより、この試合に勝てなかった悔しさが残る。みんな、よく守ってくれた。

 そうだよな。悔しいよな。当然だ。でも3年生の夏に良い経験が出来てるな。こちらでメンバー見るとナインは3年生。ずーっと頑張ってきたのがここに生きたんだよな。正直、先の「4強そろう」の記事の「映画監督・瀬木さん」(いずれの森か青き海)の話にもある通り、自分の知ってる四高って大抵2年で部活引退だから、3年の夏に部活やってるのって四高祭の準備してる文化系くらいだと思ってたさ(^^; こことかこことか見てると、大分変わったみたい。でも3年生が忙しくなるのがこれからなのは今も変わらないだろうけど、この3年生なら大丈夫。

 因みにいなべ総合学園はこちら。公式でちゃんと高校野球のフォローしてるとこが偉い。四高も真面目にやれい(^^;

 決勝はいよいよ7/28、宇治山田商-鈴鹿とのこと。どっちも頑張れ(^^)

第86回全国高校野球選手権大会(asahi.com)

|

« ロボ三昧。 | トップページ | ヘルペスとか偏頭痛とか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 オイラが応援団に居た頃(入りたくて入ったのではない。我らが母校四日市高校は当時、毎年の新入生男子に対し1クラス当たり2人の入団を義務づけていて、満場一致で決定したクラス1のお調子者が、何を思ったのか無実のオイラを指名したのよね……)に、一度、「躍進の年」があった。記事によると27年前となっているけど、26年前の1978年だった気がする。
 当時の校長と教頭が、「ハテ、教頭先生、我が校は進学校だと思っていたんだが……」「ハア,校長先生、野球を筆頭に、なんだかいろんな運動部が県大会のトーナメントてどんどん勝ち進んでますね。どうしましょう」と云ったとか云わなかったとか……。
 どうしましょうも何も無く、我々応援団とバトン部は、野球部の試合のたびに引っ張り出された。当時まだ、うちのオヤジが旧制富田中学に入学した頃からず〜っと四高で野球部の部長先生をしていた池内先生という名物先生が在任中で、卒業生のドンのようなこの先生の見守る中、野球部は次々と勝ち進み……。
 まあ、最後には、今年と同じところ止まり、県内ベストエイトに入ったトコロで流石にそれ以上は行けなかったんだけどね。オフクロは在学中の1955年に甲子園に応援に行っているから、オイラも他力本願で行ってみたかったけどさ。まー、四高が頑張るお祭りの年(番狂わせの年か?)と云うのも、20〜30年に一度ぐらいあって良いのかも。
 野球部員ならびに応援団・バトン部諸君、応援に駆けつけた在校・卒業生諸君お疲れさまでした。

投稿: 神北恵太 | 2004.07.27 03:48

>神北恵太さん

 貴重なお話ありがとうございます(^^) ご両親とも二代でとはさすが地元ですね。応援団に二名というのは自分の頃にもあったような気がします。お疲れ様でした。
 躍進の年を経験されているというのは羨ましいですね。いや自分の頃にも優秀な成績を残してる部は色々あったんですけど、やっぱ高校野球は一味違うじゃないですか。しかしその当時の校長・教頭の両先生は体育館と図書館が何で建ってるんだか知らん訳でもあるまいに(^^; 今はどちらも建て替えられてしまいましたけどね。
 上にも追記したんですが、ナインの3年生も控えの2年生も応援席の1年生もだけど、球場に足を運んだ在校生やOBも暑い中ほんとお疲れ様、ですね(^^) 次の機会も楽しみです。

投稿: しののめ | 2004.07.27 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1058663

この記事へのトラックバック一覧です: いつもより長めの夏が終わった:

« ロボ三昧。 | トップページ | ヘルペスとか偏頭痛とか。 »