« ANIMAXマラソン放送備忘録 | トップページ | ココリンピック。 »

2004.08.05

ドラえもんはロボットアニメか?

 ロボドリーム2004関連の先の記事の「ドラえもんはロボットアニメか?」という話題で、トラックバック先の記事に追記にてコメントを頂いたので反応しておきます。とはいえ、もう先方ではTBを受け付けて貰えないのが寂しいのですが、コメントがなくても元々書こうとしていたネタでしたので。

人生、ビデオをためる暇はあっても見る暇なしっ!: ロボドリーム2004終了

何か論点が違う気がする(^^;;
ドラえもんがロボットアニメに入るかどうかの話しではなくて、好きなロボットランキングにドラえもんが入るならまだしも、たまたまドラえもんがロボットだっただけで、ストーリー上ドラえもんがロボットである必要が無い作品を、ロボットアニメ作品として評価するのは感覚的におかしい。

 「ドラえもん」という作品において、ドラえもんがロボットである必然性はあると思います。

 ロボットアニメとは単にロボットが出てくる作品という訳ではなく、

●ロボットが存在する必然性がある世界が描かれている
●ロボットを他のものに置き換えたり、省略しては物語が成立しない

 といった作品なのだろうと思います。ここで、

 「不思議な道具を持ち出す(A)と主人公との交流を描く物語」

 といった藤子・F・不二雄作品の、いささか雑な説明文があったとき、Aに

 「故郷をなくした宇宙人」を入れれば「ウメ星デンカ」になり、
 「不思議な生き物」を入れれば「ポコニャン」になり、
 「猫型ロボット」を入れれば「ドラえもん」になります。

 「たまたまドラえもんがロボットだっただけ」のようにも見えますが、ロボットだったからこそ「ドラえもん」という作品になっているとも言えるのではないかと。

 例を出しつつも前二つにはそう明るくないので「ドラえもん」だけで話を進めますが、「ドラえもん」の最大の肝は、ドラえもんが「未来の世界の猫型ロボット」であることだと思うのです。

 その「不思議な道具」は、「未来」の産物。それを持ち出すのは、まるで生き物のようにも思える「猫型ロボット」のドラえもん。こんなロボットを作れる未来だからこそ、こんな不思議なひみつ道具だってあるのだ、という、ひみつ道具の不思議さに対する説得力を与えると同時に、現在から繋がる未来や科学技術に対する子ども達の憧憬をくすぐる役目も果たしているのだと思えるのです。科学技術の産物であるロボットのドラえもんは、未来の象徴として存在しているのです。

 未来から来たロボットではなく、未来人に置き換えてみるとどうでしょう。ロボットは「人間と異なるもの」であるが故に、異形の存在が日常空間に入ってくる非日常を描く物語構造が成立しているのですが、これが単に「未来の人間」であればその非日常性は薄れてしまいます。未来人がやってきて事件になるSFというのは、大抵日常空間から逸脱してしまうことが多いということもありますが、「ドラえもん」はあくまで日常空間での物語が基本になっています。

 という訳で、先に書いた通り他のものに置き換えては「ドラえもん」にならず、ドラえもんが来なければ話が始まらず、また「未来からやってきた」ことでロボットである必然性は描かれていることから、「ドラえもん」はロボットアニメと言えると思うのです。

 また、「それがロボットである必然性」というものを考えると、「Dr.スランプ アラレちゃん」は確かにロボットアニメなのだと納得できました。アラレがロボットであるが故に巻き起こる騒動が話の主軸になっているのですから。

 余談ながら、そもそもロボットとは何かを考えてふと困ってしまったのが、トランスフォーマーなどの「ロボット生命体」の扱い。ロボット=被造物という定義ではこれらはロボットになりえないのです。この視点で「SDガンダムフォース」を見ると、武者ガンダムと騎士ガンダムは「ロボット生命体」相当で(オリジナルの戦国伝や外伝の世界では鉄機武者や機兵といったロボット相当の存在もありますが)、純然たるロボットなのはキャプテンをはじめとするネオトピアのロボット達。ネオトピア編では指令系統を乗っ取られて暴走するというお約束の騒動がいかにもでしたし、キャプテンの「成長する心」を描いているという点では、これは中々にロボットアニメしていて良いのでありますよ(^^) この種の物語としては「勇者警察ジェイデッカー」という名作がありますが、SDGFも今後がほんと楽しみです。最近はマンガ版に負けじとアホっぷりにも磨きが掛かってきて、そのあたりもぐーです。

 ブレンの件。あの投票方法で組織票というのもご苦労様だし、組織票にしても数が大きすぎるような気がして。今回の特番ではブレンも放送されましたが深夜でしたし、昼間にたまたま結果発表を見たファミリー層は「ブレン? 何それ」状態だったんではないかと。
 それでもANIMAXの掲示板なんかで、知らないから見たくなったという人も居るようなので、そういう意味では良かったのかなとも思ったりします。

|

« ANIMAXマラソン放送備忘録 | トップページ | ココリンピック。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 久しぶりでコメントできそうな感じ(^^) ご無沙汰しておりました。
 さて本件、前の記事が出た時から本記事とまるっきり同じ見解をもっておりましたので、勝手にすっきりした気分になっております…
 ついでにいうと「キテレツ大百科」については、あくまでキテレツがご先祖の設計図を元に作った「カラクリ」が話の主軸で、コロ助は元々その「カラクリ」のひとつなので、まぁロボットアニメとまでは言わなくていいかなと。また、ロボット生命体については、ロボットが被造物でなければなおさら「ロボットの生きる世界」を描くアニメなわけですから、これまた別の意味でロボットアニメと呼ぶにふさわしいのではないかと思います。
 なんつってると、むしろガンダムなんかの方が「ロボットアニメ」の定義から外れてるような気までしてくるから不思議(^^;

投稿: ふうこ | 2004.08.05 18:03

>ふうこさん どもですー(^^)
 すっきりとは、ほんと気持ちの良い言葉ですね。こちらもコメントに頷くことしきりでございます。
 キテレツについてのコメントありがとうございます。同様の見解には達しておりましたが、あまりアニメは見ていなかったのでそのくだりは削除しました。因みに「アラレちゃん」抜きの原作版「Dr.スランプ」も本来は「発明物」なんだろうと思います。ロボット生命体についても、げにげにと。「別の意味で」という部分が肝なんですけどね。記事書かなきゃいけないんですが、トランスフォーマー・スーパーリンクも最近凄いですよ。飛田さん三役ですよー。
 そしてガンダム様も……(^^; まぁ一応人間型の兵器であるための理由付けはAMBACとか色々あるんですが、モビルアーマーや飛行形態への可変MSがそのあたりをすっ飛ばしてくれましたからねぇ。でも寧ろその「ロボット」(よく考えたら人間型である必然性はないのか)についてのしばりの緩さが自由度を生んで、今日の何でもあり状態に至っているのかなぁという気もします。ってことでIGLOOのタンク燃え。

投稿: しののめ | 2004.08.05 22:20

すみません。トラックバックを拒否したつもりは無かったのですが、何故かチェックが外れてました(^^;;
逃げたように思われると嫌なので

補足でも書いたとおり、「ドラえもんはロボットアニメか」と言うジャンル別けの論争をしている訳ではなく、一般的に考えての感覚の問題を言ってます。たかが人気投票に誰がそんな深いところまで考察して参加しますか?って話しです。

ですので引用もむしろ
「好きなフルーツランキングにアボガドが入っていたとき、それは決してフルーツとして好きという感覚では無い筈。好きな野菜ランキングに、メロンやスイカが入る場合も同じ。」
をしてもらいたかったです。

後者の「野菜ランキング」に選択肢の一覧が無かった時に、「メロン」や「スイカ」が3位になると思いますか?

御自身でも例で書いている通り、一般人の感覚からするとドラえもんは
「不思議な道具を持ち出す(A)と主人公との交流を描く物語」
でしかないのです。

まあ、今回の投票が直感的・感覚的なものを求めた物では無かったと主催側に言い切られればそれまでですが。
選挙投票なのか人気投票なのかという事を考えればその辺りは明白でしょう。

もし一覧無しで同じ結果になったのなら、私の感覚がおかしいと認めざるを得ないですけど。

投稿: ヨロシク仮面 | 2004.08.07 10:56

>ヨロシク仮面さん
 コメントありがとうございます。TBの件については承知しました。そしてやはり論点がずれていますね、すみません。
 下書きは出来てたんですが完全にタイミングを逸してしまいました(_o_)

 野菜と果物の話に触れなかったのは、個人の「感覚」ほど千差万別なものはないと思うからです。自分はスイカは果物でも野菜でも構わないし、サラダに使われるアボカドは、生ハムを巻いたメロンや酢豚に入っているパインと同様に果物だと思うのです。結局は「果物」をその人がどう定義するか、という部分に拠る問題です。という訳で、記事では外させていただきました。

> 補足でも書いたとおり、「ドラえもんはロボットアニメか」と言うジャンル別けの論争をしている訳ではなく、一般的に考えての感覚の問題を言ってます。たかが人気投票に誰がそんな深いところまで考察して参加しますか?って話しです。

 深いところまで考察して参加しないからこそ、一般にはANIMAXの投票告知にあった通り、単に「ロボットアニメ=『ロボット』が登場するアニメ作品」とみなされているのだと思います。

 「あなたが好きな『ロボットアニメ』」が
 「あなたが好きな『ロボットが登場するアニメ作品』」であることから、
 「『あなたが好きなロボット』が登場するアニメ作品」と判断されて「ドラえもん」が選ばれるのは、特に深く考えられた結果ではないと思います。

#ここで優先されているのは、「不思議な道具を持ち出す(A)と主人公との交流を描く物語」という物語構造ではなく、「ドラえもんというロボット」のキャラクター性です。

 また、200を越える作品リストから金銀銅の重みをつけて3つを選ぶという行為については、実質は任意記述に近いと思います。「ドラえもん」は年代別では9番目に登場するものの、初期表示の50音順では140番目、また「ドラえもん」への投票者はまず使わないのではないかと思われる会社別では160番目と、後の方にならなければ登場しません。単に馴染みのあるものを3つ選ぶのであれば、「ドラえもん」以前にいくらでも候補は出てくると考えられます。

 なお、ANIMAX以外のメディアで、「ドラえもん」を「ロボットアニメ(ロボットが登場するアニメ)」としているものは以下のような例があります。2番目の記事での投票結果は、1位ガンダム、2位ドラえもんでした。

■ロボット技術の最先端とアニメが一同に、ファン必見の展示会、2日まで開催 (MYCOM PC WEB)(2000/2/26)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2000/02/26/05.html

■あなたの投票が決める「心に残るロボットアニメ」ランキング あなたのお気に入りは?(NIKKEI NET ウイークエンド版)(2003)
http://www.nikkei.co.jp/weekend/news/20030411s164b001_11.html

投稿: しののめ | 2004.09.07 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1125964

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもんはロボットアニメか?:

« ANIMAXマラソン放送備忘録 | トップページ | ココリンピック。 »