« TBPプラネテスはじめました | トップページ | 早すぎた死刑執行 »

2004.09.15

宅間死刑囚、死刑執行

 つい先日、ドラマでの死にたくない死刑囚の話を書いたばかりだというのに(ネイビーファイル#98「死刑囚の生と死」)、現実世界で死にたがった死刑囚の死刑が執行されてしまいました。6ヶ月以内に執行すると定められているのだから、執行しなければ訴えるとまで言っていたそうなんですが、本人がそう言っていたとしても……胸に重いものが残ります。

 先の記事でちらっと引いた、《RELAX》の「ペナルティー・マリア」。この舞台では、やはり死にたがる死刑囚が描かれたのですが、彼女が言うには、自分が死んでも彼女が殺した被害者の遺族の悲しみや怒りは消えることはないのだと。自分の死刑が執行されることで復讐が完成することを望むほどに追い詰められた女性の苦しみを汲んだ弁護士は、終身刑への減刑を勝ち取ることになります。

 しかし宅間死刑囚の場合はそのまま死刑が執行された、しかもこんなにも早く執行されたことで、ぷっつりと事件が終わらされてしまったという印象が強いのです。この死刑執行で何かを得たのは、望みどおりに死んだ本人と、彼を生かし続ける必要がなくなった国くらいではないかとさえ思います。尤も遺族の中には、異例の早期執行を是とする声もあるようですが。しかし、類似する事件も続く中、もっと多くのものを得たかった。そう思ってしまう部分もあるのです。

 今回もう一人執行されたのが、11の罪に問われ、99年に死刑判決が出た死刑囚。こちらは5年待ち。10年以上待たされている場合も多いそうですが、執行は早まっているのだとも。しかし死刑が確定してしまうと、矯正教育の対象外とされてしまうそうで、希望すれば宗教教誨が認められる程度、面会や手紙のやりとりも近親者や弁護士に限られるのだそうです。それはそれで「鉄格子の中に閉じ込めておけば彼はもう罪を犯さない」という先のネイビーファイルでのマックの言葉通りだろうけれど、言ってしまえば檻の中に放置されてただ死を待つだけの日々。その日々から死刑囚を救えるのは死だけかも知れないという果てしない絶望。宅間死刑囚と獄中結婚をし、限られた面会を重ねた女性の胸中は計り知れません。

 ふうこさんもやはり複雑な心境のご様子で、そうですよねぇ。などと申し上げてみたり。「死刑囚は殺せばお仕舞い」と言い切ってしまうことは出来ず、かといって、ならどうすれば良いのかなんてことも言えず。ただ言えることは、たとえ彼自身が望んだ死刑であり、裁判所が下した死刑判決であったとしても、その死には酷く重い意味があるのだということだけです。彼に殺された無垢な命と、それは同じ重さなのではないかと思います。

 そしてまた今日も、幼い命が奪われたニュースが飛び込んできます。何故人を殺すような恐ろしい真似ができるのでしょうか。自分には分かりません。

 早すぎた死刑執行 へ続く。

大阪・池田小事件の宅間死刑囚に死刑執行 確定後約1年 - asahi.com : 社会
凶行3年消えぬ傷 遺族「何も変わらぬ」 - asahi.com : 関西

Googleニュース:関連記事

とびだす。:れぽ~と:《RELAX》第5回公演 ペナルティー・マリア
とびだす。:れぽ~と:《RELAX》番外公演 ハミングバード・トラップ

|

« TBPプラネテスはじめました | トップページ | 早すぎた死刑執行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1438070

この記事へのトラックバック一覧です: 宅間死刑囚、死刑執行:

» 刑罰は誰のものか [the world loves the wannabees.]
 もはや遅きに失した感もありますが、一応自分の中でのまとめはこうなりました、ということで。 宅間元死刑囚の刑執行について書いた記事に... [続きを読む]

受信: 2004.10.14 18:55

« TBPプラネテスはじめました | トップページ | 早すぎた死刑執行 »