« 元死刑囚とその妻と | トップページ | GX-Web・スタッフコラムのこと。 »

2004.09.23

死刑と償いと抑止力と

 死刑は本当に償いになるのか。そのあたりがどうしても分からずにいます。「目には目を」を引き合いにして、死は死をもって償われるとする人もいます。しかし本当にそうなのでしょうか。

 死はそこで全てを終わらせてしまいます。死刑で相手を殺しても、殺された人は帰ってこないし、残された者の痛みは一生続きます。相手は死ぬことで、生きる苦しみも罪の意識も謝罪しても許されることはない辛さも感じなくなってしまうというのに。ある意味、死刑なんて生ぬるいとさえ思います。死んだらそこでお仕舞いですから。

 そして相手の遺族もまた、残された者の痛みを抱えて生きることになってしまいます。それもまた復讐なのだという考え方もあるのかも知れません。しかし、相手の遺族は直接罪を犯した訳ではないのです。場合によっては間接的に罪を犯したのかも知れません。しかし或いは、彼らもまた犯罪を止められなかったことを悔やんでいるのかも知れません。けれど、もう彼らにも死んでしまった人には何もすることはできません。犯罪者の遺族として生きていく他ありません。

 ならば、相手自身にも残された者の痛みを与えれば良いのでしょうか。相手の身内に死んでもらって、残された痛みを存分に味わせてから、本人にも死んでもらいましょうか。それもナンセンスだと思えます。結局、誰が死んでも解決にはならない。生きていればこそできる償いがあるはずなのに、死刑はそれを断ち切ってしまうだけ。そう思えるのです。

 いささか時間が経ってしまいましたが、今回の死刑執行に関して、共感を覚えた記事を引いてみます。

Dear Mother, Earth...:「謝ってほしかった」 宅間死刑囚 刑執行

誰かを殺した人を殺しても
何の解決にもならないと思います。

どうせなら、刑法を改正して
「禁固800年」とかにして欲しいです。

 以前同じようなことを話していました。
 保釈なしの文字通りの終身刑よりも長い刑罰。獄死しても刑は続き、社会に忘れられてもなお塀の外に出ることは許されない。死んだら終わりだなんて思わせてやらない。死刑に代わるこんな刑があってもいいと。
 死ぬまで生かしてやるのに税金を使うなと言われるかも知れませんが、だったら食い扶持は自分で稼げばいい。自分で働いて損害賠償もすればいい。最近、1万円程度の金品を奪うために何人も殺したりする事件が続きますが、1万円稼ぐのにどれだけ働かなくてはならないのかということと、人の命は金で買えるものではないということを分からせなくてはならないと思えます。

囲炉裏端日誌べーた:罪を憎んで人も憎んでませんか?

テレビで見ている人々は、ニュースで出てくる容疑者を全て「悪い人」と変換しすぎです。人ごとのように見ているからそういうことが出来るかも知れないけれど。それが偏見に対する今の秩序の現れなんだろうと思うと少し悲しくなります。 こんな偏見に満ちた世の中だから犯罪も減らないのも頷けるような気も・・・

 「あんな犯罪者は生かしておく必要はない、殺してしまえばいい」そうやって、理解できないものを拒絶し、排除し、抹殺してしまう。それでは何故その犯罪が起きたのか、今後起こさないためにはどうすればいいのかが分からないまま闇に葬られてしまうことになる。それでは、次の犯罪を生むことになってしまう。そういうことなのだと思います。それでは、いけないとも。

 それに「隠されている日本の死刑」などで死刑判決を受けた後の処遇を見ると、このような状態で人間らしく他人を思っての謝罪を心に抱くようなことが出来るのだろうかと訝しくなるのです。自分が死にたくないから謝罪を口にしたくなるというのであれば、それは心からの謝罪ではないでしょう。この環境では、死刑の早期執行を望むのも無理はないとさえ思えます。

 そういえば先に「死刑が残っているのは日本とアメリカくらい」とか書きましたが、アムネスティの死刑存廃国リストによると78カ国あるとのこと。

 ただこちらを読んでいて、死刑を執行する刑務官のことにまでは考えが及んでいなかったなと。死刑を宣告するのも人間だし、実際に執行するのも人間だし。だからこそ死刑は抑止力になるのだという論も可能かも知れませんが、現実に抑止力になっているとは思えない部分も。少なくとも今回の彼に関しては、死刑になるのを覚悟して犯行に及んだのですし。

 それより、先にNHKスペシャルでやっていた「子どもが見えない」で、学校でいじめにあって、鞄に包丁を忍ばせて登校し、機会があれば刺し殺そうと思っていた子の話を思い出し。その日は、いじめを受けていた生徒から呼び出されずに対面する機会がなく、包丁を鞄にしまったまま帰宅。翌朝、母親の「おはよう」という言葉、いつもと変わらない家族の朝食の風景に、自分が人を殺したら家族はどうなるのかと思い、母親に気付かれないよう包丁を元に戻したのだという。抑止力になったのは処罰ではない。家族だったのです。

 尤もこのサイトへの子どもたちの書き込みを見ていると、中には「将来を考えて」殺すのを思いとどまったという子も居ます。それでもいい。今の自分はひとりぼっちだと思っていても、いつか誰かと共にある自分として生きていく可能性は見えているのだから。この想像力があるかないかが分かれ道のようにも思えるのです。

 元死刑囚の彼に話を戻すと、彼と彼女が獄中結婚をしたのは死刑判決が出た後。彼と彼女は死刑執行までの限られた時間、しかも週に一度30分程度の面会時間しか共に居ることはできなかった。そして彼女は残されてしまった。彼が、彼女と共にある自分をもっと想像できていたら。そうある自分を望むことが出来ていたら。彼女の癒しのために土いじりをさせてやって欲しいという思いやりを持てたのだ、もう少し時間があれば、自分が殺した子どもたちの遺族への癒しのために何が必要なのか分かったのかもしれない。その認識を得てはじめて、彼の償いが始まるはずだった。しかしその認識を得るための時間は与えられなかった。罪を償う権利が死刑によって奪われてしまったとも言えるのかも知れません。そう思えば、やはり彼の死刑執行は早すぎたと思うし、これで正しかったのかと疑問を抱くのです。

■関連記事
宅間死刑囚、死刑執行早すぎた死刑執行元死刑囚とその妻と


 それにしても、最近の記事10件中4件が死刑関連。その直前の、ネイビーファイル#98「死刑囚の生と死」も入れたら11件中5件だというのは尋常ではないなと。そろそろ《RELAX》の芝居も見たいんですがまた死刑だったらどうしよう。

 報復と償いと へ続く。

|

« 元死刑囚とその妻と | トップページ | GX-Web・スタッフコラムのこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうも、トラックバックさせて頂いた者です……って、重複して打ってしまって申し訳ないです!
お手数をおかけしますが片方削除してください(汗)

投稿: 間宮 | 2004.09.24 02:51

>間宮さん
 TBありがとうございました。重複分は削除しておきました。
 ココログ以外でも重複ってあるんだなぁと思ったり(^^;
 
 このような話題でTBいただけてほんとありがたいです。
 また改めてコメント差し上げたいと思います。

投稿: しののめ | 2004.09.24 23:12

前略 いきなりで失礼致します。
よく「殺してしまっては何も解決しない」と言われます。
でもただ生かしておくだけではやはり解決しないでしょう。
死刑を回避したからといって犯人が自動的に改心して贖罪
の日々を送るという保証はどこにもない(もちろん贖罪
の可能性が絶無だと断言することもできませんが)。

「罪を償う権利」?罪を償うのは<権利>なのでしょうか。
「義務」ではないのですか。真に「生きて償う」ことを実現
するには今の矯正システムを根本的に変える必要があると
思います。いかにすれば「生きて償わせる」ことが可能になる
のか具対策を提示しなければ何の意味もないと思います。

投稿: KD | 2004.10.19 17:29

>KDさん コメントありがとうございます。

> でもただ生かしておくだけではやはり解決しないでしょう。

 記事本文にも書いたとおり、ただ生かしておけばいいとは思っていません。
 労役を伴う保釈なしの終身刑で、生きながら自分の罪をどう償えば良いのか考えさせる環境を作るべきではないかと思います。
 今回の元死刑囚の妻の「矯正局とは人間の更生に力を貸してくださる場所ではないんですね」という言葉が、現状に不備があることを示しています。
 このあたりは文中リンクの「隠されている日本の死刑」も参考になるかと思います。

> 「罪を償う権利」?罪を償うのは<権利>なのでしょうか。

 義務と表裏関係にある権利があると思っています。
 教育を受けること、選挙権を行使すること、納税することなどがそうだと思います。
 勿論これらは私見に過ぎず、法解釈によるものではありません。「納税の権利」というのは聞きなれないかと思いますが、授産施設の給与は非課税とされていて、そこで働く彼らに納税の義務/権利はないことになっています。勿論非課税であることを益とする見方もありますが、普通に働いて普通に納税することができないという見方も一方にあるのです。

 罪を償うこともこれらに並ぶのではないかと思います。義務であると同時に権利でもあると。死刑で殺されてしまったら、罪の意識を持ち、それを償おうとすることはもうできなくなってしまいます。特に今回の彼の場合、謝罪の気持ちを持ち始めていたかもしれないということで、ただ罰として死を受け入れただけに終わってしまったことを残念に思います。
 繰り返しになりますが、死によって償われるものはないと同時に、相手を殺して晴らされる恨みもないのではないかと思います。死はそこで生を止めるだけに過ぎず、残されたものの痛みは一生続くと思えるからです。

投稿: しののめ | 2004.10.22 13:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1504940

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑と償いと抑止力と:

» blog/2004-09-24/報復と償いのお話 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
報復と償いのお話  http://blueeyes.air-nifty.com/muimui/2004/09/execution4.html  こちら... [続きを読む]

受信: 2004.09.24 01:57

» 死刑 [すべての答えはここにある!]
宅間守の死刑が執行されたそうで。 謝罪の言葉が欲しかったという遺族の気持ちはわかりますが、法律というのは心まで縛れないわけで、反省や謝罪を強制することは出... [続きを読む]

受信: 2004.10.13 02:39

« 元死刑囚とその妻と | トップページ | GX-Web・スタッフコラムのこと。 »