« ガンダムXと打ち切りと | トップページ | 大人のガンダム »

2004.09.07

ガンダムXと打ち切りと・2

 「ガンダムXと打ち切りと」の続きを色々書いてたんですが、ちょっと長くなったのと、折角本題の話題なんだからとカミラボにupしました。以下、概要のご紹介です。

打ち切りと時間移動と路線変更と

 局とスポンサーの都合で行われる打ち切りと時間移動と路線変更。過去にこうした事態に見舞われた作品の例を振り返ってみると、GXの時間移動と話数短縮は主に局の都合であると考えられる。
 テレビ朝日の枠が切られなかったらSDが続いていたはずだが、実際には「ガンダムW Endless Walts」と「08小隊」の2本のOVAと、子供向けにGW外伝である「G-UNIT」が展開され、サンライズとバンダイの看板はガンダムであるという認識は変わっていない。

ヒットしなくてはならないガンダム

 ガンダムはその名のもとにヒットしなくてはならない宿命を持つ。しかし、GXは残念ながらヒットするような作品ではなかった。
 GXの後の∀も、ヒットしたのかどうかは疑わしい。ガンダムという商品を復活させるためにはこうすればいいという解答はSEEDで示されている。

打ち切りという幻想

「論争か。よくも飽きずに続けるものだ。打ち切りだから駄作だと決め付ける者、打ち切られたから未完成であり正当な評価を得られないのだと思い込む者。皆それぞれに打ち切りという言葉をとらえている。そしてそれがまた、次の論争の引き金となろうとしている。でもそれは、ある意味では仕方がないことかも知れない。僕らは打ち切りという幻想で繋がった世代なのだから」
―― GXの打ち切りは幻想だというのか
「打ち切りと、話数短縮とは別のことなんだ」

 「打ち切り」という言葉が一人歩きしてしまい、「打ち切られたから未完成だ」とか、「打ち切られていなければ●●だったはずだ」という感慨が大きくなっているように思える昨今。しかしGXは、短縮が早い時期に決まっていたために脚本が練り直されて、描かれるべき物語はきちんと描かれて終わっている。本来の話数分の脚本などはそもそも存在しないとも思えるし、行間を読めば想像できるように作られているのがGXの演出の良さでもある。


 ……てゆーか、これだけ書けば充分なのに何を長々と書いてるんですかね自分。
 でも改めてココログって更新が楽なんだなぁと思い知らされました(^^;

 次に寝言にupする予定の「大人のガンダム」については、本来は上記の「ヒットしなくてはならないガンダム」の後に書いていたものです。

|

« ガンダムXと打ち切りと | トップページ | 大人のガンダム »

機動新世紀ガンダムX」カテゴリの記事

コメント

そのころ、まだ小さかったのでので打ち切りとは去年知りました
雑誌とかで見ると、ガンダムXのボディや武器がかっこよかったと言うのが覚えています
打ち切りにならなかったら、3月まではやっていたのでしょうか?本来は3月が最終回のはずですから

投稿: | 2005.07.21 17:49

 どなたにコメントお返しすればよいか分からないので、出来れば名乗ってくださいね。

 この記事はあくまで、文中でご紹介しているカミラボの記事3本の概要に過ぎません。「GXは打ち切りではなく期間短縮だ」というのがわたしの受け止め方であり、その事情は前記事の「ガンダムXと打ち切りと」に詳しく書いていますので、今一度お読みいただければと思います。
 短縮された話数については「打ち切りという幻想」に書きましたが、それからすると2月中に終わっていたかも知れません。

投稿: しののめ | 2005.07.22 17:06

レスが遅くなってすいません。
ガンダムXは最初は3月の予定_人気がでないと言う結果後は2月(46話)の予定に変更_最終的には12月(39話)になったと言うことですね
2月まで、やって打ち切りの方が後、二ヶ月みれたわけですが、しょうがないですね

投稿: ガンダムX好き | 2005.07.26 12:25

>ガンダムX好きさん

 えぇと、そういう訳ではありません。
 「3月の予定」というのをわたしは知りませんので、もしよろしければ情報源を教えてください。わたしが知っていることは、「打ち切りという幻想」に書いたとおりです。

http://www2.hi-nobori.net/camille-lab/gx/short4.htm

投稿: しののめ | 2005.07.29 21:35

GX関連をサーフしていたらここに流れ着きました。
始めまして^^
いや~、GXのDVD-BOX発売のときは歓喜のあまりPCのモニターに顔を突っ込みそうになりましたよw
今でも購入したBOXは家宝です。

GXの「打ち切り」話、大人の事情においては「打ち切り」ではなく「無期延期」ってことで結果的には打ち切りでも名目では違うんですよね;^^
それに、製作予算の少なさといい納期の短さといい、当時の「ガンダムなら何でも売れる」っていうやっつけのせいで正当なプランを立てられなかった問題が大きかったらしいです。
ですが! 物語において最も大切なコンセプトはしっかりと抑えつつ極端な話数短縮を架せられながらもまとまったストーリーは正当な評価を受けるべき作品なんですよ!
…ま、当時のアンチ意見は「NT批判するな!」的な、作品の批判ではなく「ガンダムっていうのはこういうものでなくてはならない」っていう押し付けが酷かったこともありますけどね。

それでもボチボチと「ガンダム」っていう幻想ではなく「作品」しての評価も上々、ゲームなんかでも取り上げられたりと嬉しい限りです。

なんやかんやと興奮に任せて長文書いてしました;--
ともあれ今後ともこちらのサイト、応援してますぜ!

投稿: 猛 | 2007.08.13 16:21

>猛さん こちらこそはじめまして。思い入れのあるコメントをありがとうございます(^^)

 GXが「無期延期」だというのは、正直ここ11年で初めて目にする言葉でした。可能であればソースを示していただけますでしょうか。示せないものであれば、こうした公開される場に挙げるのは避けていただければ幸いです。

 GXは期間短縮があろうとも物語を完結させ、しかもそれが爽やかで後味が良いことはもっと評価されて良いというのも、ほんと仰るとおりですよね。この記事自体は上記の通り3年近く前にカミラボに書いた記事の概要ですので、よろしければリンク先の本文も御覧ください。そちらでは当時の関係者の発言なども整理してありますので。

> …ま、当時のアンチ意見は「NT批判するな!」的な、作品の批判ではなく「ガンダムっていうのはこういうものでなくてはならない」っていう押し付けが酷かったこともありますけどね。

 放映当時、fj.* やNIFでGX関係の記事をRAMしていましたが、その頃は寧ろそういうアンチ意見は少なかったように思います。他所では違っていたのかも知れませんけれど。
 自分の見ていた範囲では、あの時期にGXを選んで話題を展開するような比較的少数派の人は、ずっとGXの物語を追ってきていたので、あの最終話にしても驚きこそすれ当然の帰結であると受け入れられた人が多かったのだと思います。ファースト世代ほど感涙していた印象もあります。D.O.M.Eのお説教でばたばたと終わらせるな、という配分についての不満はあったかと思いますが、「NT批判するな!」的な意見はあまり見受けられず、多くは好感を持って受け止められていたように思います。

 あの最終話だけをたまたま見た人だとか、アニメージュでの最終話特集を見てしまった人のように、GXを全話追わずにその最終話の内容だけで反発した人というのは放映終了からしばらく置いた後になって出てきたように思います。序盤のゆったりとした展開への不満と最終話の内容への反発が一人歩きしてしまって、仰るようなアンチ意見が多くなってきたのだろうかと思います。でもビデオなどでまとめて見てみたら案外良いじゃないか、とようやく正当な評価を得られるようになったのかと。そういう意味でも、バンダイチャンネルで配信開始になったのは、より多くの人の目に触れるようになるので良かったと思っています。

http://blueeyes.air-nifty.com/muimui/2007/08/gx_bch.html

投稿: しののめ | 2007.08.15 22:18

ご返答ありがとう御座います。
バンダイチャンネル公開は先日見つけたときは驚き以上に嬉しさが溢れました^^
人意見は一人ひとり違いますが、一人でも多くの人が「面白い!」って思ってくれることを切に願ってます。

>GXが「無期延期」だというのは、正直ここ11年で初めて目にする言葉でした。可能であればソースを示していただけますでしょうか。示せないものであれば、こうした公開される場に挙げるのは避けていただければと思います。
これについては5~6くらい前にwikiで調べたときに見つけた項目ですが、かなり修正されますね;-- ソースと呼ぶにも少々弱いくて申し訳ありません。
「必ずしもwiki」が正しい」というわけではありませんし確固たる証拠はありませんが確認当時では「無期延期」と明記。現在では「話数短縮」に書き直されていますね。
しかし、「打ち切りとなったガンダムは公式でファーストのみ」っていう形で書かれており、これまた「Xは打ち切りではない」ということはハッキリと書かれておらず、上記記事が不適切であると判断されるのであれば私の早計、消してくださいm(_ _)m モウシワケアリマセン…

>「NT批判するな!」的な意見はあまり見受けられず、多くは好感を持って受け止められていたように思います。
これについては種が放送開始後の雑誌・アニメ批評(でしたっけ? 正式なタイトルは忘れましたが)よりXアンチの動きについて書いていたのを覚えています。
…どうやって統計を取ったのかは正直、疑問ですが内容を要約すると「アニメを見ず、視聴率や玩具の売れ行きの悪い噂を聞いて勝手な評価を下した」「悪質な1stファンにしてみれば1stのオマージュが許せない、Z信者にとってはNT批判はいかなる内容でも逆鱗」「ガノタにとってはガンダムらしくない。つまりは主人公が暗くない」といった人たちの意見(って言えるのかな(´・ω・`)?)が強く、評判を落とす結果となり、また当時に現在(初代種時代)と同等のネットワーク普及と広告資金があれば種同等の認知を得られた。と、言う内容でしたが…これまたソースと呼べるものを手に持ってませんので私個人の胸の内ならともかく、公開するには説得力に欠けている事実。お恥ずかしい限りです。

私個人はGXの風評なぞ知らずにレンタルショップで借り手見ていましたので、「打ち切り」の話を聞いたときは嘘かと思いました(ド田舎出身故、リアルタイムで放送されたガンダムがTBSガンダムのみですから…)。
物語としてはゆっくり目の流れで、しかしながら一話一話でのキャラクターの心身の成長と「大きな力を持つことの意味」をしっかりと語り、視聴者にも一つ一つを問いかけてくる流れは今でも心を鷲掴みにされております。

…と、個人意見をだらだらと書いてしまって申し訳ないです(´・ω・`)
勝手に頭に突っ込むだけでそれを証明する手段が無く、恥ずかしい限りです。
ああ、自分の責任感の足りなさに反省です。

投稿: 猛 | 2007.08.15 22:58

>猛さん ご丁寧にありがとうございました。遅くなりました(_o_)
 レンタルで御覧になられていたとのこと、TVの視聴者よりも一段手間を掛けておられただけにGXへの愛情も深いのだと思えて、コメント戴けて嬉しいものです。「視聴者にも一つ一つを問いかけてくる流れ」というのはGXならではの良さですよね。

 それで「無期延期」のソースはwikiとのこと。この場合はWikipediaかと思われますが、Wikipediaはindexとして参照するに留めるが吉で、そこからソースを辿るのが使い方なのだろうと思います。
 カミラボの「打ち切りという幻想」でも書きましたが、公式見解を考えると以下のようになるのだろうかと。

> #局の人間が「打ち切り」と言うのは、打ち切った当事者としては妥当な表現。だが、「機動戦士ガンダム大全集PartII」(講談社)では、作品解説にせよサンライズ関係者の談話にせよ「打ち切り」という言葉は使われていない。

 そして「当時のアンチ意見」のソースは雑誌・アニメ批評とのこと。不勉強でしてこちらは読んだ記憶がありませんでした。ご紹介ありがとうございました。
 放映当時のファンがどう感じていたのかについては、少々長くなりましたので以下の別記事にて(_o_)

http://blueeyes.air-nifty.com/muimui/2007/08/gx39_fj.html

投稿: しののめ | 2007.08.24 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1377139

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムXと打ち切りと・2:

« ガンダムXと打ち切りと | トップページ | 大人のガンダム »