« GX-Web・スタッフコラムのこと。 | トップページ | 報復と償いと »

2004.09.27

GX-Web更新 9/25

 9/25に機動新世紀ガンダムX Webが更新されました。公式に出ている通り、サン・アンジェロ編(#6-9)の[Library]と「ガンダム売るよ!」(Products)のDVD箱絵と[Another]ということなんですが、実は公式でもアナウンスされていない、人知れず密かな更新項目があります。

 「ガンダム売るよ!」の[コミックス](漫画:ときた洸一)です。← 誤字ってるし(i_i) ←修正されました。

 一応こちらで紹介されているのは講談社コミックボンボンKCなんで、KPC(全2巻)には入っていない「外伝 ニュータイプ戦士 ジャミル・ニート」が収録されているということまで触れておいて欲しいのですが(i_i) まさか[Another]との関係で「外伝」の二文字を入れる訳にはいかなかったとかいう大人の事情があるんでしょうか?

 で、今回の[Library]更新分へのツッコミ、一番はコレでしたね(^^;

●ジェニス(地上用)の絵はセプテム改です。
 第三話でアシュタロンを襲ってた奴ですね。
 ジェニス→ザク→緑と連想して選びたくなった絵なんだろうなとは思うのですが、
 ← これも修正されました。仕事速いなぁ。おつかれさまです(_o_)

  ジェニスの頭部スリットは2本
  セプテムの頭部スリットは3本
 というのが一番簡単な見分け方です。
#因みにオクト・エイプが微妙に4本。ジュラッグはT字ゴーグル。

 サラちゃんの絵にジャミルが居てよかったね~の一方で、トニヤってばそれですかとか(^^; いや凄く印象的な絵ではあるんですけどこれも。

 DVDの箱絵は石垣さんらしいなぁと思いつつ、案外ストレートなデザインで来たなぁと。Ζ箱の藤田一巳さんはえらく捻ってきてたんで、それくらい来るのかなぁと思っていたんですが(現物見ないと何とも言えないものはありますが)。石垣さんの絵と言えば、CD SIDE-3とかLDジャケットとかが知られる所ですけど、自分が結構好きなのがB-CLUB VOL.130。実にらしいアレンジのDXなんですよこれも。ところで今回のはGXなんで、もう1パターンというのはDXですよね。


 とか何とか書きながらクールダウン計ってるんですが、えぇと[Another]。
 「月はいつもそこにある」かなぁ、これ。
 ふと浮かんだのは「天国なんてあるのかな」だったんですが。

 うーん……。

 とりあえずガンダムエース11月号で告知見て、「アフターコロニー0024」という文字列に「そっか、これってGWの前史なんだ!」とか思いつつも、こうしてGX-Webに出ているからにはGX関連なんだろうなぁと思うしかなく。

 うーん…………。

 そりゃーさー、フリードリッヒ二世とアルカーミルによるエルサレムの和平も10年しか持たなかったしさ。アルカーミルが死んだ途端ローマ帝国とイスラム王朝の戦争が始まったというのが人類の歴史だけどさ(参考:Nスペ「文明の道」第7集 エルサレム・和平・若き皇帝の決断)。って何言ってるんだ自分。

 えぇと何と申しますか。

あんなに綺麗な終わり方をしたのだから、続編なんて作らない方が良いと思います。

 と、Ζのオーディションの際に富野監督に言い放ったという飛田展男さんのお気持ちが、20年経った今痛いほど分かるような気がします(^x^;

 「大人のガンダム」で書きそびれたんですが、GXというのは「もう一つの一年戦争」の戦後を描いた物語でもあるのです。意図的にファーストの一年戦争をなぞる第7次宇宙戦争というものがあって、それに怒り出した人も居れば、笑い出した人も居る訳です。で、笑って許しちゃった立場としては、GXで外伝をというのであれば、AW0016以降の話ではなくて、寧ろこの第7次宇宙戦争の話か、或いはAW0015までの物語を読みたいなと思うのですよ。それならGXの結末は変わらないから安心して読めますし。

 GXは「もう一つの一年戦争」の戦後の物語であるのだから、丁度「ガンダム外伝」として作られる多くの作品が一年戦争を舞台にしているのと同様に、「GX外伝」も第7次宇宙戦争の物語の方が良かったなぁと。だから先に挙げた「ニュータイプ戦士 ジャミル・ニート」は読めて良かったし、自分で書くにしてもAW0016以降は基本的に書かないことにして(「夕凪」は例外中の例外)、それ以前ばかり追いかけてるんです。


 それも何も、GXの終わり方があまりにも綺麗だから。
 「君達は、新しい未来を作っていかなきゃならない」という言葉があまりにも素敵だったから。


 全くもう、Ζ劇場版といい、この一件といい、何でそっとしといてくれないのかな(^x^;
 Ζ劇場版の方はさすがにもう腹をくくらなきゃならない時期ですが、それと間髪容れずにこっちも連載始まっちゃうのか。
 まぁお話は見てみないと評価は出来ないものですし、連載を楽しみに待てるような作品であって欲しいとは思うのですけれど。何せ「アフターコロニー0024」とあんなにデカデカと書いてしまうような雑誌だからなぁ……。

 とりあえず、ガンダムエース11月号を読んだ翌日は熱出して寝込みました。

GX-Web正式公開[Library]更新スタッフコラムのこと更新 10/9 + CS放送
カミラボ:機動新世紀ガンダムX/AFTER WAR GUNDAM X

|

« GX-Web・スタッフコラムのこと。 | トップページ | 報復と償いと »

機動新世紀ガンダムX」カテゴリの記事

コメント

田舎なので本日発売(とほほ)のガンダムエースを見て、しののめさんと同じく「アフターコロニー」に呆然とした(熱は出ませんでしたが・・・大丈夫ですか?)女将でございます。
・・・えーっと、えーっと、きっと“黒歴史”として景気よくシャッフルされたので、こういうことになったんですよ!ええ、そうですとも!(と自分を騙そうとしてみる)

それにしても、この「外伝」は一体・・・?そりゃまあ、GXの1機くらいはどこかで眠っていてもおかしくはないでしょうが、月がもはや・・・ですしねぇ。GXだけがひょっこり出てきても困るでしょうに。
DVD-BOX発売に向けての盛り上げの一環と割り切ろうにも、どうにもやりきれません。むむぅ。

投稿: 女将 | 2004.09.27 23:18

>女将さん どもです~。いやほんと、参りましたね。

 熱が出たのはガンダムエースだけが理由ではないんですが、やっぱ理由に含まれたのかなとか(^^; おかげさまで大分良くなりました。

> ・・・えーっと、えーっと、きっと“黒歴史”として景気よくシャッフルされたので、こういうことになったんですよ!ええ、そうですとも!(と自分を騙そうとしてみる)

 その黒歴史というのも大概(以下略)なんですが、何とか見なかったことにしたい拠り所として目がついちゃったということですよね<アフターコロニー0024

 GXはプラモの設定を見る限り、1機残っててもおかしくはなかったりします。それにDXはともかく、GX-DVがどうなったか本編ラストでは明かされていなかったりするんですよ。でもあのジャミルが野放しにするとも思えませんしね。

 でも、でもっ、月はどうしようもないぞ(^^; LD5巻で高松さんも「ええ壊れてますね」と明言してますよ(^^; あ、でも「別の力を使います」ならまだ……というのもあるんですけど、月は使えません。使えないはずです。←GX-DVだったらどうするよ。

 今夜は中秋の名月なんですが、どういうことなのか教えてくださいお月様。

> DVD-BOX発売に向けての盛り上げの一環と割り切ろうにも、どうにもやりきれません。むむぅ。

 何を考えてこういう企画になったのか、分からんでもないんですが……だからといって、本編を見ていた人間に違和感を感じさせる繋げ方はどうかとも思うんですよ。
 同じ設定で年号が「AW0014」以前だったら、まだ許容できたかもな、と思えて、うだうだ書いてしまいました(_o_)

 でもだからこそ、違和感を逆手に取ってひっくり返して、終わりよければ全てよし、というものになってくれれば良いなと思っています。

投稿: しののめ | 2004.09.28 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1534208

この記事へのトラックバック一覧です: GX-Web更新 9/25:

« GX-Web・スタッフコラムのこと。 | トップページ | 報復と償いと »