« ココフラッシュのカテゴリ別新着 | トップページ | 元祖体育の日 »

2004.10.09

スタートレックとの出会い

 という訳でquarkさんのTB企画に参加してみます。STのTBPトレックバック・ピープルへの初投稿が「初体験」というのもご縁かと思いますが(^^)

blog "quark's": スタートレックとの出会いは?

あなたがスタートレックを観続ける事になったきっかけと最初に観たシリーズは?

 最初に観たシリーズはTOSですが、観続ける事になったきっかけは書籍でした。あ★空間通信さんもハヤカワ文庫からだそうですが、そもそもお父様が借りてこられたというあたり、親子二代なんですねぇ(^^)


 さて自分のSTとの出会いは、夏休みが始まったばかりの高校の図書館で、「宇宙大作戦 スタートレック」なる文庫を見つけたときのことでした。

  スタートレックって、あの「スタートレック四段活用」のスタートレック?

 と、当時の「アニパロコミックス」に掲載されていたマンガを元ネタも知らずに楽しんでいた自分が、ようやく元ネタに遭遇できたのでした。←覚えているひとには年がばれる(^^;

 棚を見ると、その本の左右にもずらずら「宇宙大作戦」は並んでいます。
 長いシリーズなのか、と思うとちょっと気が引けたのも事実です。
 でも、その近所のグインや(ペ)に比べれば冊数は少なめでした。
 そこで番号の一番若い「宇宙大作戦 地球上陸命令」を借りて読み始めました。

 初めは設定が全然分からなくて読み辛かったのですが、どんどん面白くなってきて、最初のエピソードを読み終える頃には大笑いしてました。何せこんなラインナップです。表記は小説邦題/TV邦題(原題)です。

■「宇宙大作戦 地球上陸命令」ジェイムズ・ブリッシュ 著/伊藤哲 訳(ハヤカワ文庫SF38)

・トリブル騒動/新種クアドロトリティケール(The Trouble with Tribbles)
・最後の決闘/危機一髪!OK牧場の決闘(Spectre of the Gun)
・最終破壊兵器/宇宙の巨大怪獣(The Doomsday Machine)
・地球上陸命令/宇宙からの使者Mr.セブン(Assignment: Earth)
・鏡像世界/イオン嵐の恐怖(Mirror, Mirror)
・金曜日の子供/宿敵クリンゴンの出現(Friday's Child)
・狂気の季節/バルカン星人の秘密(Amok Time)

 「鏡像世界」といい「狂気の季節」といい、これでもか! と言わんばかりにTOSの重要なエピソードばかり、しかも最初がトリブルときたもんです。

 ありがとう! トリブルありがとう!(^o^)
 トリブルで笑えたおかげで1冊読みきれたようなものです。
 で、翌日から本棚のSTを借りまくり、夏期講習に出掛けているのかSTを借りに行っているのか分からなくなる始末(^^; しかも図書館にあったのはST文庫の全部ではなかったことに気付いて、その後古本や新刊を探し回る羽目になり現在に至ります。

 しかしトリブルは、後になってTVで見たらこれがまたほんと楽しい話で。
 トリブルに埋まって脱力してるカークがカワイイのなんの。
 避妊済みのトリブルが1匹欲しいところです。
 TOSで1つ挙げろと言われたら、トリブルと「永遠の淵に立つ都市/危険な過去への旅(The City on the Edge of Forever)」とで凄く迷うんですが。
 勿論DS9#104 「伝説の時空へ(Trials and Tribble-ations)」も大好きです。

 本題のSTの映像の初体験は、その直後に公開されたST4:故郷への長い道(The Voyage Home)でした。このファーストコンタクトもかなり良かったと思います。今に至るに劇場版で一番好きなのがこのST4です。トリブルといい、コメディ系に縁があるなぁ(^^;

 んで、TVシリーズの初体験は、名古屋地区でTNGの日本初の放映が始まったとき、TOSと続けてTNGという放映形態だったんで一緒に見てました。ST4を見に行った時か、この時だかに、母が「宇宙大作戦」を見ていた事が発覚。って何だ、ウチも親子二代だったのか(^^; 

 この枠のTOSは早々に終わってしまったんですが、TNGはずっと見てました。なのに東京に出てきたらやってねぇ(i_i) ってことでCS(当時はアナログのSkyport)に手を出してこちらも現在に至る、です。スーパーチャンネルの最初のSTマラソン放送はTNG特集でしたが、テーマ別にエピソードを特集した作りが良くて、これが良かったのかなぁと思ったり。人気投票やってその通りに放送したり、初期のマラソン放送は凝ってて良かったですよ。

 元を辿ればアニパロか、というあたりが何ですが、マンガだけだとそれだけで終わっていたようにも思えるので、やはりあの文庫に出会えたからこそ。それでもマンガにせよ文庫にせよ幸せな出会いであったなぁと思えて、懐かしい思い出です。



スタートレック4 故郷への長い道 スペシャル・コレクターズ・エディション

発売日 2003/08/22
売り上げランキング 15,058

Amazonで詳しく見るB0000A121L

|

« ココフラッシュのカテゴリ別新着 | トップページ | 元祖体育の日 »

スタートレック」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、楽しいエピソードでした。
高校の図書室に宇宙大作戦が置いてあるなんて!
ウチの高校はどうだったんだろ?
高校のときは「三国志」と中国の歴史大好きだったので
そっち系は読みませんでした。

スーパーチャンネルの「まるごと」はここ数年は一挙放送ばかりですが、
初期は TNG しかありませんでしたから、色々やっていましたね。
「データ」とか「Q」とかカテゴリ分けしていました。
いまならシリーズ全部放送できるんだから、
またこのテでやってくれれば面白いですね。

投稿: quark | 2004.10.10 02:24

高校の図書室にあるとは良いですよね。
私の高校時代はアガサ・クリスティとペリーローダンと宇宙大作戦の本が大半だったような気がします。

投稿: 柊龍司 | 2004.10.10 09:02

>quarkさん
 お楽しみいただけて良かったです。肝心の映像の話がちっとも出てこないので申し訳ないなぁと思っていたのですが。

 高校の図書館は独立した建物だけあってかなりの蔵書があったのですが、SF系の文庫は入口に近い柱に棚が組まれていたにも関わらず、夏休みに入るまでそこにSTがあると気付きませんでした。文庫というのは得てしてそういうものかも知れません。TOSは「宇宙大作戦」でしたしね。

 で、初期のまるごとのカテゴリはそういう感じでしたね。「ホロデッキ」ではまった覚えがあります。台風が直撃してて60cmのアンテナでもノイズ入りまくりだったような。

> いまならシリーズ全部放送できるんだから、
> またこのテでやってくれれば面白いですね。

 ほんとそうですよね。一挙放送は放送する側は簡単かも知れませんが見る側は結構辛いですし、結局レギュラー放送してしまうものですし。
 シリーズ各作品でのフェレンギ話とかまとめてみると、こんなに違うのか! とかって思えるんじゃないですかね。

>柊龍司さん Welcome aboard! です。

 ほんとあの図書館には感謝してます。ペリーローダンもSTのすぐ近くにあったんですが、冊数に圧倒されて避けてしまいました(^^; デューンとかも揃ってましたので、司書の先生か図書委員会の先輩にお好きな方がおみえだったのだろうかと思います。

投稿: しののめ | 2004.10.10 15:14

こんにちは。
本を読んでいる方も多いのですね(無理やり多いといってみる)。
(^^ゞ
学校の図書館にあったとは、すばらしい!ペリーローダンやデューンもとなると、それはどう考えても個人趣味ですねぇ。

投稿: イメカ | 2004.10.10 21:42

>イメカさん Welcome aboard! です。

 TBPにTBしてたこともあり、イメカさんの記事へTB差し上げませんでして失礼しました(_o_) 複数のココログ宛てのTBって一度に送れないものでして。記事の方は「あっハヤカワ文庫の方が居る~」と嬉しくなってました(^^)
 CSや地上波やDVDで見る環境が整っている今ならともかく、TOS(とTAS)しかなかった時代は、書籍は大事な入口だったと思います。
 でもあの高校の書棚の揃い方はどうみても趣味だったと思います(^^;

投稿: しののめ | 2004.10.11 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1637768

この記事へのトラックバック一覧です: スタートレックとの出会い:

» 「スター・トレック」のジェームズ・ドゥーアン逝く [子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)]
 「スター・トレック」のMr.チャーリー(スコッティ)ことジェームズ・ドゥーアン氏が肺炎などの合併症で亡くなった。  アルツハイマー病だったとの話はあったようですが・・・  彼のお陰で、USSエンタープライズは、幾度の危機を乗り越えた。  職人の鑑だった。  もう、Mrスコットに会えないのか・・・[:悲しい:]  ラフォージとのTNGのエピソードが懐かしいなぁ・・  85歳。地球人としては長生きだった。 そうだ、今度の報道も、きっと間違いだ。 本当は、転送機にバイタル... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 19:49

« ココフラッシュのカテゴリ別新着 | トップページ | 元祖体育の日 »