« 新潟県中越地震カテゴリできました | トップページ | Ζガンダムカレンダー2005 »

2004.11.04

MS IGLOO第3話 見てきました

 「機動戦士ガンダム MSイグルー ~一年戦争秘録~」の第3話「軌道上に幻影は疾る」見てきました。今回も面白かったですよー(^^) とはいえ方向性は第1・2話そのままなので、見る人を選ぶものではあると思いますが。好きな人にはたまらんですよ。


 第3話の最終上映を見てきましたが、さすが初日だけあってこの回も満員でした(どうも全回満員だった模様)。チケットは席数(128)のみの販売なので、定員を超えると次の回に回されるとのことです。この日の最終上映は16:30でしたが、16時頃松戸駅について地下へ直行したものの、その時点で60~80人くらい並んでいたようです。真ん中ちょい前くらいの席に座れましたが、すぐ前に座っていた人が大きくて画面の一部が見えなかったですよ(i_i) また日を改めて見に行きたいなと思ってます。男女比はやっぱ9:1かなぁ(^^; 0083の劇場版と同じくらいのよーな気が。

 で、内容はというと、まずは見ろ、話はそれからだ。と言いたくもなりますが(^x^; 以下はネタバレをなるべく避けつつ。

 連邦の皆さんがついにMSを作ったといっても、ジオンはバリバリ新型の試験やってるぜ! といってもほら、ここ603だからということで。連邦がMSを運用し始めてしまったので、ついにIGLOOでもMS戦が始まります。とはいえ、ノリは第1話に近いかなぁ、という感じもして、自分は3話の中では第2話が一番好きかも知れません。いやあぁいう力任せなMSってのも面白いんですが、やっぱ一年戦争モノならしっかり格闘戦見たいよなぁって、舞台は宇宙だからなぁ(^^; うーんでもこのあたり、見直すと印象変わるかも知れんなとも思います。AMBACの表現ってイボルブ2あたりから色々やってますから、その意味でももう一度じっくり見たいなと。……うーん劇場版Ζが良く動いてたから、その印象が残ってるのかな。でも描いてることは違うんで、単純比較にはならんはずなのですが。

 という訳で公式でも出てる通りジム登場。ワシヤ君(の声の人)はフジQでジムに乗ってるんだけど何か思うところあったんだろうかなぁとか思ったり。そしてボール。ジムもボールも元々好きなんだけど、従来のイメージ覆りますよ。第2話同様、ジオンの皆さんは大変だというお話ではあるんですが、とりあえずガンダム見るときはプラネテスは忘れましょう(^^; 地上仕様のMSは宇宙に出ると使えません、というのは0083でもおなじみですね。

 あとフル3DCG作品に突如登場する2Dアニメが良かったなぁ(^^) 古き良き時代が懐かしく思えてならんですよ。あと、「IGLOOはミュージアムの一部」というコンセプトもしっかり出てまして、アレとかソレとか出てきます。あーでもここの部分ははっきり分かっても、肝心のナントカが出てきた場面は良く分からなかったんだよなぁ……パンフにはしっかり載ってるのに。やっぱりまた見に行かないと。

 お話の最初と最後で艦長の表情が全然違っちゃうのもやむなしですが、さすがに603で11ヶ月も動いてたら特務大尉殿も馴染んできましたねぇ。ワシヤ君は念願のMSパイロットになれて良かったんだろうけど、マイは……ある意味艦長以上の波が立っちゃいましたかね。そういえば今回「論理的」って台詞ありました? 聞き逃したかなぁ。やっぱりまた(以下略)


 これ以上のネタバレもOKだという人は、神北情報局: ヅダ登場だぞを是非どうぞです(^^)
#ほんと今回はご一緒できずに残念でしたというかすみませんでした(_o_)>神北さん

 シアターB-Oneでパンフを買ったら例のジオンの旗貰えました(^^; で、今回のパンフも読み応えあり。鼎談は今西監督とメカデザインの荒牧さんと山根さん。山根さんの「試作兵器燃え」発言には、あぁ、そうだよなぁとか思ってしまったのですが、G-Baseで買ったHJ12月号見てて、架空戦記3にハインケル He P.1078Bが入ってる! とかって喜んでるあたり、自分もその属性があるってことなんでしょーか(^^;

#He P.1078B:アルジェントソーマに登場する、山根公利デザインの戦闘機H-1のご先祖様ではないかと見ている機体。あの作品のおかげで左右非対称機とか全翼機とかいう厄介な世界に片足踏み入れそうで……(^^;

 あとG-Baseで、ヒルドルブのガレキ見てきました。何かあの箱であの重さでポピーのロゴ入ってると、がしがし変形させて遊べる超合金に思えてしまいますが、ガレキなんですよねぇ。MIAで欲しいというのは分かるなぁ。

 んで、CafeではSEED DESTINYメニューはカクテルのみ継続してました。ステラ飲んできましたが美味しかったですよー(^^) Side7 Theme Menuは今回で全メニュー制覇しました。また改めてレポ書きたいです。今回の大当たりはルナツーだったかも。思えば第3話と縁があったような……ってまたIGLOOカクテル飲み損ねました。次こそ~。  → ヅダの日のGundam Cafe へ続く。

追記

 ポピーの架空戦記のページからリンクを辿ったら、川口克己氏のココログ発見。丁度IGLOO第3話の記事を書かれておいでなので、トラックバックさせていただきました。最終行拝見して、吹きました(^^;

ぴかちうたろうのお気楽な日々: 軌道上に幻影は疾る

MS IGLOO第3話感想リンク集
11/3以降の上映時間について(BM公式) 1・2話(大人1000円)と3話(大人500円)を交互に上映。詳細は公式参照。
 ホビージャパン12月号には、1・2+3話を1000円で見られる割引券がついてます。

MS IGLOO試写会感想
MS IGLOO見てきました。(完成版第1・2話の感想)
DVD1・2巻感想
カミラボ:バンダイミュージアム
トラックバックピープル:ガンダム

|

« 新潟県中越地震カテゴリできました | トップページ | Ζガンダムカレンダー2005 »

MS IGLOO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/1863722

この記事へのトラックバック一覧です: MS IGLOO第3話 見てきました:

« 新潟県中越地震カテゴリできました | トップページ | Ζガンダムカレンダー2005 »