« Ζヒストリカ・バインダー予約〆切は4/25 | トップページ | 月刊スカパーの富野×Gackt対談 »

2005.04.26

尼崎の脱線事故

 あまりのことに言葉も失うものですが、亡くなられた方々、負傷された方々、そしてその周りの方々に心よりお見舞い申し上げます。

 尼崎には以前勤めていた会社の関西拠点もあって、当該路線に乗ったことはないものの、馴染みがない訳でもない土地柄。ただ、最近JR西日本管内で事故が多い印象があって、それが最悪の事態に至ってしまったというのは、元JR西ユーザーとしても鉄道好きとしても本当に残念な限り。

JR西日本 ←公式サイト落ちてるし。

 JNNニュースバードで第一報を見てから、ニュースバード(TBS)とNHKをはじめとして民放各局までザッピングしましたが、どうにも報道の姿勢に疑問を覚えるところも。車内に閉じ込められた人がまだ居るのに報道ヘリの音がうるさすぎるし、負傷者へのインタビューも、そんな状態の人にそんなことを聞くなというものも多数(これはTBSが酷かったかな)。

 3両目に乗っていたというNHKのアナウンサーは当初携帯で話をしていたと思うんですが、「胸を打った」という話だったので病院行けよ! と思うものの、その後マイク握って背筋伸ばして現場からレポートしてた姿は年配だったこともあり尚のこと心配だったりするものの、報道人としての使命感と、自分は軽傷だからより重傷の人から病院へという気持ちもあったのかなぁとも思い。別のアナに代わってから出てきてないので、無事であって欲しいと思います。他の報道機関関係者も何人かいたようで、そういや日比谷線の時もそうだったかと思い出し。

 そんな訳で、「鉄道乗りつくしの旅」も中継と再放送が一時中止に。残りは予定通り収録するものの、期間をおいての放送ということ。状況を考えれば完全中断してもおかしくないものの、スケジュールの都合もあるのかと。でも楽しく鉄道の旅、という気分にはなれないだろうからやってる方も辛いだろうなと。見る方もちょっと見る気になれんかも。

 私鉄王国関西で私鉄に競争を挑んでいるJR西と、JRと私鉄が共存してきた(けど最近競争が激しくなってきた)JR東では状況が違うといえ、鉄道なしに移動できない自分としては、より安全なものであってほしいと願う他なく。ちょっとくらい遅れたってそんなの仕方ないと思うし、余裕を持って乗ればいい話だし。JR東の中央線という時刻表を気にしなくていい路線(電車は沢山あるから見なくて良いというのと、時刻表が当てにならないほどダイヤの乱れは日常茶飯事というのとで)を使ってたから余計そう思うのかも知れんけど。

 やはりトラブル続きの航空機には乗らないことも出来るけど、列車には乗らない訳にはいかないのですよ。原因究明と再発防止に全力を挙げてもらうのは当然として、先頭車両には乗車できないなとも思い。何でこんなことになっちゃったんだろう。海外ではパリでバスが横転して邦人死亡の報。これが関西からのツアーだというのが、辛さがつのるばかり。

尼崎脱線事故:直後の電車2本 緊急無線で難を逃れる(MSN-Mainichi INTERACTIVE) これは車掌が職務を果たしたのと幸運だったからなんだけどさ、
<尼崎・列車脱線事故>脱線列車オーバーラン、本当は40メートル うそ報告か(asahi.com) 乗客の証言と合わないなと思ってた。嘘はいかんよ。
中国大使が見舞いの電報――JR福知山線の脱線事故(NIKKEI NET)
尼崎・脱線事故 : ニュース特集 : YOMIURI ON-LINE

追記

 今度はJR東で常磐線特急が踏切で脱線。踏切内で脱輪したトレーラーとの接触ってことで事故の質がまるで違うけど、続くと不安は増すもので。

|

« Ζヒストリカ・バインダー予約〆切は4/25 | トップページ | 月刊スカパーの富野×Gackt対談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/3864456

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎の脱線事故:

« Ζヒストリカ・バインダー予約〆切は4/25 | トップページ | 月刊スカパーの富野×Gackt対談 »