« 劇場版Ζ・星を継ぐ者 舞台挨拶感想リンク集 | トップページ | Nスペ「一瞬の戦後史」 »

2005.06.02

劇場版Ζ・星を継ぐ者 舞台挨拶@名古屋

 「劇場版 機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者」@名古屋ピカデリー1の舞台挨拶の模様を友人が書いてくれましたのでup。ほんとありがとさんです(^^) やっぱ名古屋は聖地です。次は名古屋に行きたいーっ。


---
 行ってきました舞台挨拶~!!ということでメモ程度ですがとりあえずのレポを!

 名古屋駅真ん前、名古屋ピカデリー1、18:00~。舞台挨拶もオーラスです!
 指定券げっとしに行ったときは3分の1ほど空席あったんですが、見事に完売御礼。立ち見も若干出てました。
 拙席は舞台中央からやや上手側、前から6列目となかなか良い席で。
 女子率も初日に比べて増えてる増えてる…。全体の3割~4割弱くらいでしょうか。皆さんこっちに狙い絞ったのか(笑)盛況で嬉しいですー。
 取材カメラが2台。私が席につく時は1台が会場内撮影してました。

【18:00舞台挨拶開始】
 司会女性の紹介によりゲスト4名入場。
 向かって左から、古谷さん、飛田さん、御大、池田さんの順でお並びに。

 ●お召し物●
 古谷さん:黒のスーツ+白シャツ、ノータイ。
 →こんがり日焼け&茶髪で何だかホストっぽいぞ。
 飛田さん:黒のジャケット+黒の細身パンツ+黒地にプリントのインナー、大ぶりチョーカー+左胸にも光物アクセ。
 →チョーカは東京ファンタでしてたのと同じでしょうか。ちょっと長く見えたけど…。
 御大:グレー地にチェックの上下+白キャップ、そして大きめシャツはパンツにしまわない
 →このしまわないスタイル結構見ますよね。
 池田さん:生成りっぽいラフなジャケット+ピンクシャツ+ベージュのパンツ

 ●第一声●
 とにかくテンション高く盛り上げてくれる古谷さん。
 「ゴメンよ…!僕にはまだ帰れる処があるんだ…!」でた!って感じで場内爆笑。ツカミはOK-!
 「ガンダム発祥の地名古屋に戻って来れて…」名古屋と言えばコレ大事!ってことで、名古屋人の隠れた自慢だでね~(笑)
 御大の第一声「一応カントクのトミノです」に「一応って!」とすかさずツッコミも忘れません。
 御大からは公開後の状況についても。「色々周ってきましたが、入りは良いようです。盛況で嬉しい。」「名古屋発は強いぞと実感」リップサービスでも嬉しいです御大。

 その他発言として
 ・「(劇場版の出来については)他人に聞くよりも、自分で実感してほしい」
 ・「60を過ぎて、アニメでこういう仕事ができることを嬉しく思う」
 ・「皆さんも仕事というものに対するまなざしや視線のあり方を考えてほしい」
 与えられるだけのものが仕事じゃないんですけど、そこから脱するのは結構キビシイもの。今時の世代には色々難しいかもですね。

 ●20年ぶりに演じて、劇場版とTVシリーズの違いは?●
 ・池田さん
 監督の年齢ネタを引っ張りまして「50を過ぎて、元気なうちにZにまた会えて嬉しい」横から御大のツッコミが。「年なんだからあまり呑み過ぎないようにね!」池田さん「珍しくアフレコ前は三日間呑まなかった(笑)僕の意気込みということで。期待してください」

 ・飛田さん
 「印象はかなり変わると思う。が、根っこは変えてない。」嬉しいー!散々カミーユは変わる変える発言聞きなれてきた耳には、すごい安心感…。
 「僕もどきどきしています。(否定、肯定)どんな意見も頭を垂れて聞く覚悟はできてる」
 真摯なお言葉にこちらこそ頭を垂れますですよ…!作品の評価はどうあれ、飛田さんが居なくてはカミーユはカミーユたりえないと信じてる身としては、こういう立ち位置で臨む飛田さんがひときわ頼もしくもあり哀しくもあり。

 ●オーディション●
 おなじみの既出ネタですが、司会は容赦なく当然のように振ってきやがります。
 飛田さんの発言はあちこちで見聞したこととほぼ同意。「監督からは、お芝居の再演のつもりでやってほしいと」御大による言でさらに、
 ・「オーディションについては、プランニング時には決めていた」
 ・「TV版の印象では困るということ」
 ・「(本来なら)役者は全て代えるつもりだった」
 ・「しかしシャアとアムロに関しては、皆さんから石つぶてが飛んでくるので代えられない」
 ・「カミーユはZではじめてなんだし、かまうもんかと」
 ・「陰(のイメージ)を陽にする」ためには「演出家としては、切るかもしれないとは伝えた」

 かまうもんかって御大。飛田ファンなめんなよ。つか、ホントに飛田さん降ろしてたら少なくとも私が買った6枚の前売りの売上はなかったぞと。

●アムロ役について●
 前段のオーディションのお話を受けて「アムロとシャアについては皆さんが監督にプレッシャーを与えてくれて(笑)ありがとう。」「実はカミーユ役も狙ってたんですけどね(笑)」。
 ・「Zではアムロは主役ではなく脇役なので、TVシリーズ時には、ストーリーもいまいち把握できず、ベルも好きになれないまま終わってしまったので(笑)」
 ・「1stでもCCAでも燃え尽きたけどZだけは心残りが」
 ・「ベルも大好き!になれるように、ついでにレコアとかファも好きになっちゃったりして」
 ・「ステキな大人のアムロを楽しんで下さい。」
 ほんとアムロは古谷さんに愛されてます。ジョークも交えつつ、愛情たっぷりにアムロを語る古谷さんはほんと愛らしいお人だと思うです。

 ここで司会から会場に向けて「既に、昨日ご覧になられた方はいらっしゃいますか?との問が。案外少ない印象、1割も居なかったのでは?初日に2回観る私は張り切りすぎでしょうか…!

 ●会場に来ている人たちへメッセージを●

 ・池田さん「まだ2部、3部と続くので、見捨てずに観てほしい。こちらも頑張って作ります」
 ・飛田さん「TVシリーズの頃には、好きなキャラというよりどちらかというと嫌いなキャラにランクされてたカミーユですが、劇場版という全く新しい作品で、新たに誕生しました。」
 そして!発言の最後には、「ほんとに僕がカミーユなの?と信じてもらえないといけないので」
 「カミーユ、行きます!!」
 ぎゃああああ!し、心臓に悪いですから!!聴けると思わなかったので不意打ちくらって撃沈ですよ!これだから生は気が抜けない!!飛び上がりそうになる理性を必死で堪えましたとも…!

 ・古谷さん「Z劇場版営業担当として一言。もしこれを見て気に入ったら、なんと都合のいいことに、本日第2部の前売り券を販売していますので、是非購入を(笑)(特典2種紹介して)2枚買うとどちらもゲットできます!お得な1300円!パンフレットも売ってます600円(笑)お中元のシーズンにはご贈答にもどうぞー!)」
 どんなお中元ですか。欲しいけど。お中元時期まで待てませんから買って帰りますともええ!!

 ・御大「営業担当ということで、古谷くんが紹介してくれましたが、半分以上本音です。映画というのは一人の思いだけではできません。おそろしく手間がかかります。僕としては1部を作らせてもらえただけでも充分といえますが、興行的にダメということであれば2部、3部もありえない」
 数字ってのは分かり易くて重いので、こういうことストレートに云う御大ってすごい真面目だと思うですよ。舞台挨拶上映後にも最終上映が1回あったですが、すごい盛況でしたよ御大。ずらっと並んで開場待ってるお客さん、ちゃんと見てってくれてるといいなぁと。

 最後は御大の言で締めに。
 「名古屋発としてはじまったものが、映画界にこうして発信できるまでになったことは本当に嬉しい」「ぜひ3部まで支援してほしい。」
 最後まで名古屋を大事にしてくれてこちらこそありがとうございます御大!
云われなくとも、3部までずっぷり漬かる決意。20年待ったんですから。映画の大画面でZを観るってどんな幸せかほんと語り尽くせないですよ?御大が信じて創るものが古きにも新しきにも形作るものを、御大ご自身にも見つめてほしいと思うです。

 ●おまけ●
 退場時、上手にはける古谷さんと飛田さんが右手を上げて客席に挨拶。ピッと掲げた右手がもうステキったらなかったです。飛田さん歩き方も切れがあってなんか良いのですよー!やっぱり生は良かった!堪能しました(笑)

 舞台挨拶もオーラス、最終地、とのことでちょっとお疲れもあったのか、古谷さん以外は大人しめの印象でした。御大もそれほど過激発言もなく、感謝感謝を連発してたような。
 第2部に機会があれば是非とも!!と速攻購入した前売り券握り締めて誓ったです…!
 久方振りに生御大にも生飛田さんにもパワー貰えて、映画の楽しみが倍にも3倍にもなりました。幸せでしたー!!
---

 という訳で代理upでした。ほんとありがとー(^^)/

舞台挨拶感想リンク集 全会場コンプリートしました
トラックバック・ピープル:Zガンダム

|

« 劇場版Ζ・星を継ぐ者 舞台挨拶感想リンク集 | トップページ | Nスペ「一瞬の戦後史」 »

劇場版Ζガンダム」カテゴリの記事

コメント

詳細なレポ、堪能させていただきました。(*´д`)-3
いいな~、私はまだ映画を見れてないクチなので。orz

御大といえども、飛田さんをカミーユから外してはダメでしょう。
あ、いやもとい、「ズバリ!ダメでしょう!」(笑)

私も早く劇場に行かねば、と思いました。

投稿: ヤブチカ | 2005.06.05 01:05

>ヤブチカさん
 名古屋レポは先に書いている通り友人作なんで、自分の新宿2回目も含め全会場のレポは舞台挨拶リンク集を是非どうぞです。
 ご都合つきましたら、劇場で見てくださいね(^^)

 富野監督が何故カミーユ役を替えようとしたのかについては、舞台挨拶でも色々述べられていますけど、今回のカミーユ役を文字通り勝ち取った飛田さんはほんと凄いと思います。第2部が今から楽しみです。

投稿: しののめ | 2005.06.05 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/4384307

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版Ζ・星を継ぐ者 舞台挨拶@名古屋:

» 恐れ入りました。 [がんがむ]
TB:むいむい星人の寝言 ガンダムと一口に言っても、さまざまなシリーズがあるので、人それぞれ得意分野 というか好き嫌いがあることは否めません。 私は「Zガンダムを中心とした宇宙世紀作品」が基本です。 ご覧いただければお分かりのとおり、私のブログは「Z」色の強いものとなっています。 リピート訪問していただいている方々は少なくともZガンダムに対しては否定的 でないと認識しています。 このブログをとおして、コメントやトラックバックなど、さまざまな人とのコミュニケー ションがブログの醍醐... [続きを読む]

受信: 2005.06.04 01:50

» Zガンダム/星を継ぐ者(公開初日&舞台挨拶) No.2 [100mLのやる気(解像度:1600×1200推奨)]
「今回の見所、ココが観て欲しい所:飛田展男」 あぁ見所ですか、いや本当に全編、あの初めてご覧になる方もTVシリーズをご覧になっている方でももう発見する所が満載だと思います。個人的にはあのTVシリーズも見ておりましたし、最初のガンダムですね、ファーストガンダ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.05 21:21

« 劇場版Ζ・星を継ぐ者 舞台挨拶感想リンク集 | トップページ | Nスペ「一瞬の戦後史」 »