« リングとか更新とかガロティファとか | トップページ | 雪風とアルジェントソーマ »

2005.08.18

雪風@AT-X

 「戦闘妖精雪風」は以前からAT-Xで掛かってたんだけど、今回の5話連続放送でようやく視聴。月刊スカパー! に主演の堺雅人インタビューが載ったのが大きかったです。

 で、原作未読で#1を見てみると、ヒコーキ+山口宏+美峰の背景美術+友軍機と思ったら敵でした+中田譲治+妙に明るいED……ってあたり、アルジェントソーマを思い出さずにいられない(^^; ちょっと台詞が聞き取りにくくて辛いところもあったものの、ちゃんとみていれば何とかお話は分かるかなと。発売前の#5ならテロップでCM入れるのも無理ないけど、発売済みの分には入れないで欲しかったなぁ。

 末尾に2002年のイベントでのスタッフ・キャストインタビュー付き。ってもう3年も前なのか。堺雅人が「声優なら自分の肉体の限界を超えられる」という旨の発言をしていたのが面白かった。今回の芝居自体も、今まで見てきた彼の顔出しでの演技とは随分違った印象があるし。で、中田譲治は声優初仕事が同じ神林作品の「敵は海賊」だったことから始めて、雪風も原作を読んでいたから色々想像してはいたけれど、完成した作品の説得力が凄い、といった話。こちらもなるほどなんだけど、やっぱ中田譲治えぇ男やん。また顔出しの芝居して欲しいなぁ。#2もインタビュー付きだったけど本編30分なのか(^^; 今月末発売の#5で完結だから今回は一気見には丁度良いけど、半年ずつ発売を待つのも結構辛いよなぁ。

 で、雪風の初回放送がNHKの「アウシュビッツ」と重なるんで、雪風#2以降は19時台の再放送に回し。これNスペじゃないんだ、と思ったら制作は「イギリス・BBC/アメリカ(2005年)」だったんですね。番宣見ててもぞくっとする作りなので、全編しっかり見ないと。

 しかしさすが戦後60年目とあって、今年のNHKは重いのが粒揃い過ぎ。Nスペの集中放送もまだ録画溜めてるのあるし、平和アーカイブスまで見てられなかったのが悔しい。新作も良いんだけど、アーカイブスでの旧作は、画質も良くはないのに生々しさが凄いというか空気の色が違うというか。時間かけていいから、じっくり再放送してほしいですよってアーカイブス自体が再放送ですからっ。

|

« リングとか更新とかガロティファとか | トップページ | 雪風とアルジェントソーマ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/5523822

この記事へのトラックバック一覧です: 雪風@AT-X:

« リングとか更新とかガロティファとか | トップページ | 雪風とアルジェントソーマ »