« Ζガンダムヒストリカ07の表紙。 | トップページ | 劇場版ZGII系小ネタ。 »

2005.09.09

Ζヒストリカ05巻。

 Ζガンダムヒストリカ05巻、おかげさまで発売なりました。04巻に続き、一読者での感想というかご紹介など。関係者ではありますが、あくまで私的なコメントなので公式見解というものでもありませんのでその点よしなに。色々立て込んでますしさくっといきますよー。

●ホンコン・シティ~繰り返された運命~
 ウチでもこのモビルフォートレス形態で1/144飾ってますけどデカイし異様。クレーンとかビルが写真なんでえらくリアルに見えて良いですね。
 巻頭言は毎回好きなんですけど、今回もまたねぇ……これがΖですわ。ほんま。

●Drama & Karma #15-20 強化人間
 概要の書き方はもう見えてきましたね? という訳で強化人間あってこそのΖであり、フォウあっての盛り上がりですよ勿論。でなきゃキリマンジャロは有り得なかったんですから。
 名言録がまた絶好調に飛ばしてます。「ルオ商会」については、奈落さんの名言録と佐藤さんのコラムとあと自分の星々のステファニーのコラムで三者三様に書いてますので読み比べてみてやってくださいな。

 で、電氣アジール日録 : 季節遅れの夏の港(まだ暑いが…)にお応えすると、今回はp10ですねー(^^ こうした遊びどころはやっぱ欲しいです。TV版Ζ本編だって結構笑えるんですし。

◎コラム現実認知 Realizing "Ζ" エピガイ編
 永瀬唯さんの「『灼熱の脱出』に失敗したスカイラブ」って、そんなに前の話だったのかぁと。最後に出てくるブリティッシュ作戦についてはp25でも出てきます。

●赤い彗星の軌跡 第4回「何故旧敵の再起を執拗に求めたのか」
 「君を笑いに来た」という訳でアムロ編。今回も色々と深いです。脚注も含め、こちらをまずしっかり読んでおいてくださいね。

●モビルスーツ開発誌 サイコ・ガンダムとMA化するMS
 見開きは表紙とちょっと似ちゃいましたかね。でもサイコちゃんといえばこれなんだろうな。p17の変形途中の絵もイイカンジ。その下のは、これを背面から見た絵にすると昔OUTに載ってたネタを思い出して笑ってしまうので、刷り込みとは恐ろしいものだと。
 戦略戦術は是非ともオチまでがーっと読んでみてくださいまし。オチまで。

◎コラム現実認知 Realizing "Ζ" メカ編
 永瀬唯さんの「ダイムラーの『可変モビルアーマー』UNIMOG」。お題のUNIMOGにも口あんぐりで面白いんですが、「大量破壊兵器」が受けました(^^;

●グリプス戦役戦跡探訪 その名はカラバ
 ホンコン市街戦がお題ですが、後半は勿論「灼熱の脱出」ということで、戦闘中のブースター発射の解説が面白かったです。カミーユほんと良くやったよなぁ。

 ところでこの#20ではベルトーチカの「シャトル用のブースターで上がれるのですか?」という台詞がちょっと謎なんですが。シャトルよりマーク2の方が重くて無理というのなら、同じ型と思われるブースターつけたシャトルにMSを2台積んでる#38が説明つかんのですよ。誰か教えてください。
 でも先の台詞を受けての「上がればブライトが何とかする。行け、カミーユ! アーガマが待ってる!」というハヤトさんが格好良いからベルトーチカが分かってなくても良いの。←ぉぃ

●星々の群像 アムロ・レイ&ベルトーチカ・イルマ/唇が甦らせる英雄
 何よこのバカップル。って褒めてるんですが。背景もいい感じだし、絵に何か独特の味がありますよね。……って、この扉絵の後に本論書かねばならんのかとマジで頭抱えましたが。という訳で本論書かせていただきました。毎回苦しみますが今回はまた格別でした。最終修正の状況も何だったしな(^^;
 アムロとベルは結局はカミーユの言う「傷を舐めあう男女の仲」なんだけど、それってどういうことなの? を中心に解いてますが、何せお題があれで扉絵があれで第2部が「恋人たち」ですから、こんな感じかなと。あ、p25右下隅の16話は15話の間違いです。お詫びして訂正します。
 佐藤さんと高嶋さんにp27のコラムをお願いして、あとの2本は自前です。ルオ商会とかコロニー落としは先にも書いたとおり別枠もありますし、それこそアムロとベルトーチカとシャア、という3人の関係については「赤い彗星の軌跡」もじっくりどうぞとか、今回は色々と絡み合ってる構成になってます。ステファニーの下の絵は「なぐりあい宇宙」で使わなかった分ですね(^^;
 あと大見出しの英文副題はそれぞれ「キスして治す」「似たもの同士」「キスして仲直り」という意味です。真ん中のは辞書によって逆とも取れる意味が書いてるのもありますけど。「眠りより」は説明不要かと。

◎みんなのアムロ&ベルトーチカ評定クロストーク
 高橋さんと佐藤さんのもそれぞれに頷けますが、ベルトーチカといったら堀越さんですよ(^^) 堀越さんのトークがあったら自分の本論なんて~とか思いましたよ。サイコーです。

●古谷徹インタビュー
 舞台挨拶などの話を展開しつつ、第2部への期待が膨らむ内容で良かったです。第3部も活躍してくれると良いなぁ。個人的にお世話になった方ですし、インタビュー立ち会いたかったです。

◎コラム現実認知 Realizing "Ζ" キャラ編
 宇野常寛さんの「ベルトーチカと『トレンディドラマ』の終焉」。やっぱΖって時代を先取りしまくってたのなーとここでも思わされます。ベルトーチカを当時から支持する人だって居たんですけどね。

●Sign of "Ζ" ゼータという名の時代 音楽PD・藤田純二インタビュー
 音楽の仕掛け人の方のお話。ちょっと珍しいですかねこういうのは。後半担当された方が既にお亡くなりということで、交響組曲とかのお話が伺えなかったのが残念ですね。あのジャケットって一体何だったんですかとか ←訊くのはそこかい!

◎Ζゲームクロニクル エゥーゴ VS. ティターンズ(PS2)
 エウティタと、続編の「機動戦士ガンダム ガンダム VS. Ζガンダム」について。ifな宇宙世紀モードはやっぱ色々と凄かったですよ。でも前回特集のゲームブックはその斜め上だったなぁというのはゲームの方向性の違いですよね。

●Sign of "Ζ" EXTRA 第2回 Ζガンダムとともに進化した「変形するガンプラ」の技術
 こうして並ぶと壮観です。でもこうした可変機構とスタイルの試行錯誤というのは「ガンプラ」としての素材の制約もあるんだよなとは兄貴の弁。超合金でそれなりの値段なら設定通りの変形がちゃんと出来るはずとのこと。と、以前例の1500円食玩の可変Ζを見ながら話してくれました。

●Illust Memory of "Ζ" 長谷川裕一
 さすが長谷川裕一氏。ほんと「何があったんだ地球連邦軍」って言いたくなる(^^;
 ΖのMSの百花繚乱を、デザインがとっちらかりすぎと嫌う人も多いんですが、バージェス・モンスターだと思えば良いじゃん。と自分は以前から言ってるんですけどね。Nスペ「生命・40億年はるかな旅」で見てからだからってもう一昔以上前なのか。

東洋亭パーツ館: バージェス・モンスター

●「新訳」への架け橋 他者を観察し受け止めてゆくということ
 TV版号掲載のインタビューではあっても、劇場版とのつながりを意識してのものなので、やっぱ第2部を見てからこちらを読み直していただいて、それから第2部をもう一度見直すというのもいいかなーと思ったりします。

●裏表紙
 「星を継ぐ者」DVDの告知。このサイズで見ると印象変わりますねー。

●で、次は06巻。
 TV版5号ということで、9/22(木)発売となります。お題は「ゼータの鼓動」で#21~28の範囲。メカは当然Ζ。「星々の群像」はジェリドとヤザンということで、声優インタビューは井上和彦さんです。森口博子さんのインタビューもありますよー。寝言やカミラボでのamazonへのリンクにてお求めくださった方も含め、皆様どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

■Ζヒストリカレビュー:000102030406

トラックバック・ピープル:Zガンダム
トラックバック・ピープル:ガンダム!

カミラボ:機動戦士Ζガンダム

4063671879Official File Magazine ZGUNDAM HISTORICA Vol.5
講談社
講談社 2005-09-06

by G-Tools
4063671887Official File Magazine ZGUNDAM HISTORICA Vol.6
講談社
講談社 2005-09-17

by G-Tools

|

« Ζガンダムヒストリカ07の表紙。 | トップページ | 劇場版ZGII系小ネタ。 »

Ζヒストリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/5857715

この記事へのトラックバック一覧です: Ζヒストリカ05巻。:

« Ζガンダムヒストリカ07の表紙。 | トップページ | 劇場版ZGII系小ネタ。 »