« 劇場版ZGII系小ネタ3。 | トップページ | 萩尾望都「あぶない丘の家」 »

2005.10.25

HNバトンが回ってきた

 quarkさんからいただきました「HNバトン」。どもありがとうございます。quarkさんは由来が分かる人には分かりやすくていいですよねー(^^) しかし「HN」って、そもそも「handle」に「名前」の意味が含まれるんだから「名前名前」はおかしいんとちゃうんかというのはさておき。

【Q1】貴方のハンドルネームの由来は?
 元はPNの「東雲 明日香」をそのまま使ってましたが、これだと長いんで「しののめ」に。
 由来は、旺文社の大学受験ラジオ講座(そういうのが昔あったんですよ)で「東雲」の読み仮名を問う問題があって、そこからなんとなく。やまとことばっていいよなーと。
 古代史好きなの? と訊かれたこともありますが、そう詳しくはないのですけどやはり惹かれるものはあります。また明日香村をのんびり歩きたいです。

【Q2】他に別のハンドルネームを名乗っていたことはありますか?
 上記参照。

【Q3】他の方にどのように呼ばれていますか?
 大抵そのまま「しののめ(さん)」と呼んでいただいてるかと。
 blog界隈では「むいむい星人(さん)」と呼ばれることもあります(^^;

【Q4】全く同じハンドルネームを使っている人を見つけた事がありますか?
 「しののめ」さんや「東雲」さんはいらっしゃいますね。
 この名を使うようになった後で連載が始まった市東亮子「BUD BOY」がCDドラマ化されて、「東皇使 東雲」役を飛田展男さんが演じられたときには驚きました。好きなキャラの名前をハンドルにする人は多いと思いますが、その逆というのは珍しいかと。

【Q5】ぶっちゃけ、改名しちゃいたかったりしますか?
 変えようかと思ったことはありますが、ここまでくると変えなくて良かったのかなと。

【Q6】ハンドルネームの由来が気になる人にバトンを渡してください。

ふうこさん(毎度すみません)
Rowenさん(またよろしくです)
samu_zuさん(お忙しい中すみません)

 気が向かれたらで結構ですので。

 ↓左端が投稿師もとい東皇使様。飛田展男さんと田野恵さんのデュエット曲「そばにいてあげる」は絶品。CDドラマの続きやって欲しいとずっと思って気がつけば来年で10年……って。

B000064WZ6BUD BOY 花曲集 オリジ
ラジメーション:BUDBOY
ビクターエンタテインメント 1996-07-24

by G-Tools

|

« 劇場版ZGII系小ネタ3。 | トップページ | 萩尾望都「あぶない丘の家」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さっそくお答えくださってありがとうございました!
Ζヒストリカでお名前を見かけて気になっておりました。

> 【Q3】
わたしの中では「しののめさん」と呼ばせて頂いておりますが、
人にこちらの blog を教えたりする際は「むいむい星人さん」で説明してます。
ので、たまに迷います。

> 【Q4】
おもしろいですね。運命ですね。
こういうエピソードがあると、ハンドル変えるという気が
起こらないんじゃないでしょうか。

投稿: quark | 2005.10.26 01:43

>quarkさん こちらこそどうもありがとうございますー。
 Ζヒストリカも見ていただいてほんとありがとうございます。
 あちらはさすがにPNで書いておりますが、まぁそういう次第です。

> 人にこちらの blog を教えたりする際は「むいむい星人さん」で説明してます。
> ので、たまに迷います。

 ありがとうございます。確かに「むいむい星人」の方がuniqueなんですよね。迷わせてすみません。

> おもしろいですね。運命ですね。

 ほんとそうですねー。飛田ファン同士で話をしてるとちょっとむずかゆい時もあるんですけど、手放したくないなとも思えますね。

投稿: しののめ | 2005.10.27 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/6574465

この記事へのトラックバック一覧です: HNバトンが回ってきた:

» それは燃える生命?(HNバトン) [the world loves the wannabees.]
 はい、忘れた頃に回ってくるバトンシリーズ。今回は HN(ハンドルネーム)バトンです。しののめさんから頂きました。 ハンドルネームという... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 15:13

« 劇場版ZGII系小ネタ3。 | トップページ | 萩尾望都「あぶない丘の家」 »