« ハリケーン・ΖとCamille | トップページ | カミーユ系小ネタ。 »

2006.01.17

アルジェントソーマ事典 ハティとMr.Xと

 カミラボ:アルジェントソーマ事典の項目一覧の末尾に付けてるメールフォームにてコメント頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。無記名でのコメントですので、こちらで回答させていただきます。ちょっとばたばたしてまして、回答にお時間頂いてしまってごめんなさい。

【1】ハティの絵については特にまとめて記述していませんでした。また改めて一覧作ってみたいと思います。ユーリの姿(人間)を描いていたのはちょっと今思い出せませんが、最後に描いたのは「Phase:11 殺意と裏切りと」でのイネスの絵だったような気がします(あの後はフューネラル本部がヤバイわ後半戦ダッシュだわで暢気に絵を描いてる暇はなかったような)。あと特筆すべきは「妖精」の項目にも書いた、「Phase:04 出会いと憎悪と」でのリウの絵かなとも。

【2】Mr.Xの得た最大のメリットは、親友ユーリの覚醒でしょう。フランクの核弾頭を模擬弾頭にすりかえたのも勿論彼と見て間違いないと思います。ってそういえば書いてませんでしたっけ。すみません。
 ノグチ博士により再生されたツギハギのフランクに覚醒の活路を見出した彼にとっては、フランクの核弾頭など爆発させるわけにはいかず、そのくらいのことはしてみせるかと。というか、出来そうなのがMr.Xくらいしか居ませんが(^^; 何せおじさまは魔法の杖を持っているんですから。

 というあたりで如何でしょうか。また何か気づかれた点・足りないものなどありましたら、お気軽に書いてやってくださいませ。

 このアルジェントソーマ事典には追加したい項目がまだあるんですが、そのうちの一つがクローカ。元はソ連のソユーズ2号に乗せられたライカ犬の名だというあたりが、アルジェントソーマのお約束なんですが、少し前になってようやく新居昭乃の「スプートニク」(「降るプラチナ」収録(試聴))を聴いて涙したもので。何かもうこの歌ばかりリピートしてしまいましたよ。えぐえぐ。

 ウチのページもお楽しみいただいたようで嬉しいんですが、髑髏旅館>忍びの城>アルジェントソーマ での、女将さんのレビューもおすすめです。「Phase:23 破滅と勇気と」まで進んでいよいよ佳境ですよ(^o^) タクト/リウの駄目男度が上がる一方かと思ったら下がったりして目が離せません。


カミラボ:アルジェントソーマ

B00005GXSO降るプラチナ
新居昭乃 保刈久明 松林正志
ビクターエンタテインメント 2000-05-24

by G-Tools

|

« ハリケーン・ΖとCamille | トップページ | カミーユ系小ネタ。 »

アルジェントソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/8209568

この記事へのトラックバック一覧です: アルジェントソーマ事典 ハティとMr.Xと:

« ハリケーン・ΖとCamille | トップページ | カミーユ系小ネタ。 »