« バンダイミュージアム続報。 | トップページ | ココログ史上最大のトラブル »

2006.03.08

Love LetterとDybbukと・2

 「劇場版 機動戦士Ζガンダム 第3部 星の鼓動は愛」のEDテーマ「Love Letter」と「Dybbuk」。前回は何でこういう使い方なのかとかいうテーマ的な話でしたけど、今回は音楽の話。

 「Love Letter」ってサントラ「機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~」版(ハモリなし)とシングル版(ハモリあり)って違うんですね。修行が足りんのでまだハモリの有無しか聞き分け出来ないんですが……実際に劇場で使ってるのってどっちなんでしょ? という確認のためにもまた見に行かないと。 ←ってことは多分ハモリなしの方なんだろうな。

 元のアルバムの「Love Letter」版がサントラに収録されているハモリなしの方なのでしょうか。ハモリなしの方も、ストレートにぐっとくるのが勿論良いんですが、ハモリが綺麗なのでやっぱシングル版が良いかなー(^^ ってことで、「Love Letter」良いなーと思った方はシングル版も是非是非。実にえぇ仕事してます。ありがとうGackt。惚れ惚れするよ。鳥肌もんだよ。あーあ「Love Letter」で終わっていれば名作だったのになぁ(まだ言ってるよ)。

 でも、期待を裏切るのがΖという作品の性。終わらない物語であり、決して満たされることはないのがΖというものなんですよ。だからΖが普通の名作になんてなるはずないじゃん! だから締めのEDは「Dybbuk」でいいの。ちーとも終わってなんかなくったっていいの! 新訳と言ってもΖは所詮Ζなの。そういうものよ。いいのよ「Dybbuk」好きだから。もうあれに続かないと物足りないもの。

 で、その「Dybbuk」はサントラ版とシングル版の区別がつきません。やっぱこれは2年前からこれを使うと富野監督がGacktに伝えていたからリミックスが済んでいたと解釈していいのでしょうか。「Crescent」版とは確かに音が違うから(イントロの違いが分かりやすいしEND部に「mind forest」被らないし)。とはいえ新訳「Dybbuk」の音の方が深みがあるかなぁ、という程度ですけど……修行が足りん(^^;

HMV.co.jp - Gackt - Crescent 試聴可

トラックバック・ピープル:Zガンダム
トラックバック・ピープル:Gackt
カミラボ:機動戦士Ζガンダム

B000E8M7HWLove Letter
Gackt
日本クラウン 2006-03-01

by G-Tools
B000E1KJGK機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤)
サントラ
日本クラウン 2006-03-01

by G-Tools

|

« バンダイミュージアム続報。 | トップページ | ココログ史上最大のトラブル »

劇場版Ζガンダム」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/9006700

この記事へのトラックバック一覧です: Love LetterとDybbukと・2:

« バンダイミュージアム続報。 | トップページ | ココログ史上最大のトラブル »