« ゼーガペイン#07「迷える魂」 | トップページ | オスプレイが来るらしい »

2006.05.19

ゼーガペイン#01@AT-X

 AT-Xでの放送が始まりました、ゼーガペイン#01「エンタングル」。丁度見直すのに良い感じの放送開始ですねー(^^)


 ふと思い立って、「この後はゼーガペイン!」とかってないのかなーと思って前枠から録画したのになくて残念。その代わりフィラーに入ってた5月の「番宣部長」が神谷浩史。千葉県人だったのか、だったら気合入れて自分も出てるゼーガペインの宣伝しろよ! とか思って見てたのに……そう来たか。そのネタはなー、前にも月刊スカパー!の広告でやられて、確かにその号には載ってなかったが発行時にはまだSDガンダムフォースがAT-Xでは放送中だったんだよ。なのにSDGF終わった途端にそれかよって悲しくなったネタだったんだよ。てゆーかあんたがキャプテンガンダムやってたんじゃんよ(i_i) ついでに言うと番宣部長のサイトの「旬の献立」にもゼーガペインはなかったよ(T_T) まぁ動画で流れただけよしとするか。

 てなことは置いといて本編本編。あーよかったよかった16:9だったよー。リョーコの覗いてる画面がフルで見られるよー。ということで地上波アナログ(4:3)の録画もやっぱそのまま残しとこうかなぁ……とか。丁度来てたAT-Xのメルマガで、ハイビジョン対応は色々あるのよ、とか書かれてたけど、とりあえず16:9でやってくれただけでもよかった。ゼーガペインはハイビジョンで放送するだけの価値はあると思うんだけどなー。まだ序盤のうちに地デジ対応させるべきかってハイビジョン録画できないと意味ないんだよなぁ。うわぁん。ってこれもまだ本編じゃねぇよ!

 #01アバンは何回か見直してるんだけど、ほんと見直すとうわぁーっと来ますねコレ。月面での色味を抑えたコントラストの強い画面の中、碧い光になって半身が消えていくキョウ。敵に囲まれゼーガペインはやられっぱなし、AIの報告する状況は最悪。 「幻体CHIP損失率、危険領域に突入」「転送回収ならびにデータ復元時のウェットダメージは不可避」 ──荒い息をつくキョウは「さよならだ」と呟いてヴァニッシュメントモードを起動させ、「私も最後まで」と言うシズノ(何か今では別人みたいだがって別人だったらどうしてくれよう(^^;)を一人退避させる。ここでシズノの手がキョウの消えていく手と触れられないのが良いなぁ。そしてゼーガペインは光となり──ここの地球ナメ月面に大爆発の絵は最高に格好良いが爆発音はいらんかったな。宇宙空間は無音演出の方が好きだ。ってそこまでばんばんSEつかってるから爆発音なきゃ逆におかしいか。

 暗い宇宙から一転して夏の青空。「……ごめん、二度とさよならなんて言わない。君を、一人ぼっちにしない」とさっきの続きのキョウ、でも相手が違うから「ありえねぇ!」の落差が素敵だ。「ちょっとキョウちゃん!」のとこのリョーコ、下手に乳揺れしないのが良いんだよ(#07のあのボリュームは何かの間違いだと思いたい)。

 「人間ってのはなぁ、生涯に三度だけ義理を欠いても良い。今はその二番目だ」何かこういうことを言い出すあたりが夕方枠の主人公だよ(って思い出すのがメダロットというのはどうなんだよ>自分)。トミガイの指摘する一番目はアバンのアレだとして、三度目はどうなるんでしょうねぇ。ここでトミガイが着てるのは「3-1 K.R.」って書いてあるからリョーコの中3の時の体操服でいいのかな。

 で、飛び込み台に水着の美少女を見つけてやおら服脱いで「許せ、カミナギ」って水着に水泳帽に水中眼鏡で走り出すあんたが一番ありえねぇよ>キョウ ちゃんと鍛えててイイ身体してんのと、「うっひょー♪」とほんとーに嬉しそうなのと、あまりに軽やかなBGMのおかげで変態には見えないのがさすが主人公。

 で、授業に遅れてきたキョウを評するクラスメイトの言葉にちゃんと「成績はいいけど」疎んじられているあたりが出てきてますね。しかしこの時代でも黒板にチョーク、エンピツに消しゴムが滅んでいないのに何か感動した(^^

 水泳部のPRビデオのモデルとしてリョーコに名前を出されて嬉しそうだったのに、水着の美少女のことを出されて落胆するトミガイが妙に可愛い。しかしカワグチ、ハヤセはともかくウシオのヒゲはほんとに高1なのか? 今回のミズキはテニス部。

 彼女を探してミズサワに相談に行くも手がかりがないどころか、リョーコの録画にも写っていない。いないのは彼女だけではない、雨の街には人影がなく、ペットショップには店員さえいない。高層マンションは空き部屋だらけ。後々見てると(あの説明が正しいとすると)事情は分かるけどやっぱこの描写の時点で怪しすぎ。「今日は雨だっけ?」「いつもなら晴れですね」という不安定さをめぐるシマとミナトの会話も最初から怪しかったよなー。「差出人のない郵便物」がフツーの茶封筒なのが妙におかしい。

 リョーコに届くキョウのメール、6/13 23:54。ミズキにはニコちゃんなのに、キョウにはハートのアイコンつけてるのが可愛いねぇリョーコ。しかしこの距離をリョーコのとこまでぱしっとリンゴ投げるキョウってやっぱ良いなぁ。中学のときの噂~というのは後に出てくるとして、「彼女」のことを思い出したら彼女が何を言いたかったのか分かってしまったキョウ。「この世界を救って」──守って、ではない。守り抜いた先の世界にまで行かなきゃいけない。それが彼女の頼み。

 で、それに気づいた(からこそ)キョウの背後で何かが光る。指摘したのはリョーコでしたが。光を追って部屋の奥へ行ってキョウが目にしたのはゼーガの目なんだけど、キョウはまだ分からず驚くだけ。って驚いて普通。キョウの額のセレブアイコンが光るのはいいけど、その後の無人のプールの絵は後半へのつなぎかな?

 アイキャッチAB挟んで、BパートでAIの皆さんに囲まれるキョウ。 現地時刻18時8分現在、ガルズオルムが東京サーバーに接近中。東京サーバーは16年前から活動停止するも多数の幻体データが残存し、ゼーガタンクがデータのサルベージ中。増援出したいがガンナーもウィザードも不足。 ──って今なら何言ってるか分かるが初見時はキョウと一緒にわけわかんねぇ状態でした(舞浜と東京の時差は何だ?)。「出撃しますか、イェル」と訊くレムレスに「シズノよ、ここでは」と答える彼女。この名前の謎は保留中なんだよなぁ。「あんた、幽霊?」というキョウの台詞は今じゃ冗談じゃねぇ。「試してみる?」って何でそこで胸タッチなのか、でも別にいやらしくはないからいいんだよなぁ。そして二人は突然飛び込み台。ってあたりもこちらの世界が作り物の証明。彼女の願いを聞くのに「ビデオに出てくれる?」ってキョウが頬赤らめてるのが可愛いぞ。そしてキョウを抱き込んで背中から水面に落ちていくこの絵が好き好き大好き! ──Time to play the game. 「ゲームの始まりよ」 シズノのバージョンって4.2.2に見えるんですがハイビジョンならもっとよく見えるんだろうなぁ。 「転送開始。エンタングル!」 転送時のこういう絵が何かもう懐かしい。

 廃墟の街、光るロボット。「──ミサキ・シズノ。どう? 量子テレポートした気分は」それには応えないものの「質問してもいいかな?」とちゃんと訊くキョウが良い。そしてその質問が、何で泳いでたのかというあたりが水泳バカっぽくて実によろしい。「私を信じて。私の言うとおりやれば大丈夫」と言われてぽの字なキョウちゃんがやっぱかわえぇ。んが、「今は(ゲームだと)思って」というシズノの場当たりな説明がいかんのじゃー! と思ってもこの時点ではそう言うしかないのか。AIより早く敵を察知するキョウ、拳を心臓の位置に当てて目蓋を伏せる──このキョウの癖が好きだ──深刻な間。「ビデオに出てくれるなら」がサイコーだ! ホロニック・アーマー……光の鎧があれば生半可な攻撃は通用しないという割に#01アバンでは喰らいまくってたのは(以下略)。

 思考直結型というだけではない、キョウの知らないキョウが知っているゼーガペイン・アルティール。見直すと結構音楽良いなぁって馴染んできたな(^^ 姿を現す母艦オケアノスの中で分かれる意見、「壊れたテレビはぶん殴れか、君らしくもない」「ヒトの頭の上でごちゃごちゃうるせぇんだよばーろぅ!」ってキョウちゃん可愛いぞ(こればっか)でもマジになると格好良いから更にえぇのですよ。ばったばったと敵を倒した挙句、ゼーガタンクの救援にまで行っちゃいますよ主人公! ってさー、ゼーガAIはカラドリウスって呼んでるのをシズノがゼーガタンクって呼ぶからややこしいなぁ。しかし何でゼーガAIだけ英語なんだろう。ルーシェンとメイウーのアルティールとキョウに対する反応はシズノの「初めてじゃない」を裏付けているもの。シズノの指示で思考を眉間に集中させ、キョウが自らの意思で発現させたセレブアイコンのバージョンは2.0.1。

 戦い終わって日が暮れてやったね水中キス。夕日の光が当たる加減で一瞬シズノがぬぅどに見えるのはサービスですか? このラストは初見から凄く好きなんでもうこれでいいだろうけど、EDというか初回限定OPはこの絵も捨てがたいですねぇ。シズノが消えて夕暮れの暗い赤とか、リョーコ→シズノ→ミナトの花咲くお嬢さん方とか、ルーシェンとシマとか、最後のキョウとリョーコが水の向こう+今のED最初の花とか。あ、やっぱAT-Xだと「次回もお楽しみに」だけなんだなぁ。キョウちゃんの「ゼーガペインまた見てな!」がないと何か寂しいぞ。

●今回のありえねぇ!
「ありえねぇ!」
「いくら映画だからって相手がトミガイなんてありえねぇ!」
「(ゲームだなんて)ありえねぇ!」

●今回の撃墜数(画面で確認できるもののみ)
 【アルティール(キョウ+シズノ)】ウルヴォーフル×15、アンヴァール×1
 【カラドリウス(ルーシェン+メイイェン)】東京サーバーのサルベージのみ。

 ←#01「エンタングル」(地上波) ◆ #02「セレブラム」(地上波)#02「セレブラム」(AT-X)

サンライズ公式
テレビ東京公式
カミラボ:ゼーガペイン
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000FG6AS0ゼーガペイン1
矢立肇 伊東岳彦 下田正美
バンダイビジュアル 2006-07-28

by G-Tools

|

« ゼーガペイン#07「迷える魂」 | トップページ | オスプレイが来るらしい »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/10139226

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#01@AT-X:

« ゼーガペイン#07「迷える魂」 | トップページ | オスプレイが来るらしい »