« ゼーガペイン#13「真実と破滅と」つづき | トップページ | ゼーガペイン#07@AT-X »

2006.07.06

ゼーガペイン#13 さらにつづき

 ゼーガペイン#13「新たなるウィザード」のつづきの続き。


 最近のキョウちゃんに感じる「酷いよキョウちゃん」という苛々って、アルジェントソーマで「マキのことばかり考えているように見えて実はマキのことなんか全然分かっていない」リウ/タクトへの苛々と似てるんだ。しかもリウってば、そのことをPhase:24でハティに指摘されるまでまるで自覚してない上に、Phase:25で6年前のマキからのメールを読むまで、彼女が最期にどう思っていたのかも分からなかったという体たらく(あの指輪が全てを語っていたというのに)。お勉強は出来るかもしれないけれど女心に鈍すぎるという点では、そのリウに負けてないよキョウちゃん。シズノ先輩のことだけじゃなくて、リョーコに対してもだよ。

 リウは忘却より復讐を選んで、マキに執着する自分自身にすがりつくことで命をつないだ人物。そしてキョウはリョーコこそが彼にとっての現実の在り処だったから、自分にとってはリョーコが一番大事で、離したくなくて、それを「好き」だと思い込んじゃった。その「好き」は#08「水の向こう側」の時点ではリョーコが見抜いたとおり嘘だったのかも知れない。でも、#11「残るまぼろし」ラストでの「オレはカミナギが好きだ」では嘘が本当になってるんだよね。それは分かるよ。でもそれって、自分を見てくれているリョーコが好きだ、ということでどこか自他未分化。尤も幼なじみって、恋愛感情すっ飛ばして家族の領域まで到達しちゃってるところもあるんだけど、でもキョウちゃんは、まだまだ自分の都合の良いようにしかリョーコを見てあげてないように思える。勿論、リョーコの決意を受け止めることで、一歩踏み出してはいるのだけれど。でもお話の展開はかくも無情にタイムアウト。シマが言ってたように、二人はこれからだったのに。

 で、#13初見感想でもちらっと書いたけど、あの場面のアルティールはいつものQL切れじゃないの?→見直したらそうでもないみたい、と思ったけど、やっぱQL切れじゃないのかと思い直した。

 アルティールが応戦を決めた時点で戦闘可能時間は8分20秒。今までの例からみて、この数字は決してQLが潤沢な状態とは言いがたい。ただ戦闘描写では(それこそいつも通り)無駄弾でいたずらにQL消費してるようでもないし、QL切れとは明言されていない。それでもあの白い砂浜に着地して武装解除して回収待ちをしてたのは、QLを節約するためと見た方がよさそうな気配。残量に問題がないのなら、転送可能範囲まで自力で戻るのがセオリーだろうからだ。ホロニックローダー4機確認のところで、フリスベルグは飛んでるし、地上波では切れてるけどガルダの背景らしき空も動いてる。暢気に止まってるのはアルティールだけ。勿論、リョーコは初陣だったからちょっとゆっくりしたいよねという気分もあったのだろうけれど。
 しかしオケアノスから3方向にゼーガが出払ってて、回収には時間が掛かった。
 多分一番遠くに出払ってたアルティールを最優先してくれてたと思うんだけど。
 なのにアルティールの影としか言いようのないものを呼び寄せてしまったのは不幸としか言いようがないわ。
 そして、ZEGAPAIN XOR公式にあるゲームのムービーで突如ホロニックアーマーが消失する現象があるのだけど、今回も多分同じ現象。ならさすがのウィッチ様と最高の相性のガンナーといえど、手も足も出なくて無理はない。ホロニックアーマー消失時のキョウの台詞が無音なのがちょっと気になるなー。ゲームのムービーからすると、あの現象は自爆前のキョウが経験済みではないかと思えるからだ。もしそうなら、#01アバンのアルティールの窮地が説明できるので(あの場面でもホロニックアーマーは消失してるし、って勿論他の要因も考えられるけど)。
 もしQLに余裕があってオケアノスに自力で戻ろうとしていたのなら、#06「幻体」のガルダのようにヴァニッシュメントモードで機体を自爆+パイロット転送で幻体データ確保という手が使えたかも知れないけど、今回それは不可能だった。ま、あんな攻撃喰らってたら何も出来ないことには変わりないかもしれないけど。攻撃の最中にエンタングルタイムアウトで転送回収されてるし。

 ただもし、あの状況下で二人が無事に転送回収される可能性が低いとリョーコには分かってしまったのなら、リョーコに取れる手立ては一つしかない。自分がロストしてでも、キョウは無事に逃すこと。かつてキョウが一人での自爆を選択したのと同じように。でもキョウの場合とは違ってリョーコは消えてしまった。……別れを言う前に。

 あーそれなら確かにこの流れの方が美しいとも言える。リョーコは消えてしまいましたって。でもやっぱどこかで認めたくないんだよ。リョーコのデータは奪われてても生きてるって思いたいんだよ。でも肝心のキョウちゃんが諦めてるっぽい……いいのかそれで!?

 ガンナーとの以心伝心を実現するデータリンクを持つウィッチ。でもそれってガンナーの思考を先読みできることであってあくまで一方通行で、ガンナー側からウィッチの考えてることは分からないの? ──でもそうだよな、キョウちゃんってリョーコが何考えてるのかちゃんと考えたことないよな。自分のことで精一杯だもんな。だから#09「ウェットダメージ」でリョーコに平手打ち喰らった挙句に#13で「何だよそれ」なんだ。リョーコが見ていたものをちゃんと見ようとすれば、キョウにもそれが見えるはずなのに。リョーコが消えちゃった今となってはもう遅い? でも遅くてもいいからちゃんとリョーコのことを考えてあげて。そうしたらリョーコのことを感じられるはずだから。
#つぅか、キョウがリョーコをウィッチに育てちゃったよーなもんだろ……

 だからさー、リョーコに対してもこうなんだから、記憶からすっぽり抜け落ちてるシズノのことなんて尚更考えが及ばないんだよね。酷いよキョウちゃん。前のキョウはシズノを暗闇から救い出せたらしいのに。でも#08冒頭で月面での「さよならだ」を思い出しても、それが「シズノを逃しての自爆」であるとは自覚できてないんだろうな。キョウが思い出せない記憶=思い出したくない記憶のブロックになっているのがこの自爆なんだろうか。だからシズノのことをまとめて思い出せないままでいるんだろうか。ここに突破口があるんだろうなって思えるのに、見ててもどかしいなぁ。

 #03予告での「……けど一番分かんないのは、当たり前のように戦いに馴染んで、今までそれを疑問にも思わなかったオレ自身だ」とか、#05本編で何時から母が帰宅しないでいるのかと思った折の「つうか、何で疑問に思わなかったんだ」とか、キョウはある面において状況を受け入れすぎている──それは過去において彼が受け入れたものだから当然なのだけれど、疑問に思った瞬間それは思い出したくない記憶と結びついてしまうから、それを無意識に避けているからじゃないのかと。尤もウェットダメージは取り返しがつかないという#09での説明からすると、単に読み出し不可になっているのではなくて、データ自体がなくなっているようなのだけど、でもあの自爆寸前のことは断片的に覚えているのだから、読み出し不可っぽいんだけどなぁ。このあたり、#14で解けるといいんですが。頼むよキョウちゃん。

 ただシズノの件で言えば、#01の水中キスは#03でも覚えてるのに、#02での「私と君は、そういう関係でしょ」が効いてないのは何か意識的にスルーしてるとしか思えないんだけれど。エンタングルタイムアウトが重なって聞こえてなかったとか、その後エンタングルの度にウェットダメージが進行して短期記憶が吹っ飛んでるとかいうのは勘弁して(^^; ←どちらもありそうなのが何ともはや。


 ココログが重いこともあって寝かせてる間に、ディスカバリーの打ち上げが無事成功した一方で、ミサイル撃ちまくる困り果てた国もあったりして。他の国がどうなろうと自分達の国さえあればいいという独善的な考え方こそこの地上から消えてくれませんか。

#13「新たなるウィザード」つづき ◆ →#14「滅びの記憶」

サンライズ公式
テレビ東京公式
カミラボ:ゼーガペイン キョウとリョーコの浴衣話「side-by-side」up。
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000FIHCDK「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック
アニメ:ゼーガペイン
ビクターエンタテインメント 2006-06-28

by G-Tools
B000GG4CF2ゼーガペイン FILE.02
矢立肇 伊東岳彦 山下明彦
バンダイビジュアル 2006-08-25

by G-Tools

|

« ゼーガペイン#13「真実と破滅と」つづき | トップページ | ゼーガペイン#07@AT-X »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/10812191

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#13 さらにつづき:

« ゼーガペイン#13「真実と破滅と」つづき | トップページ | ゼーガペイン#07@AT-X »