« カミラボ更新。 | トップページ | スタートレックまるごと40時間 »

2006.09.16

9.11──あれから5年

 9.11当日に書きそびれてしまったが、やはりこの日には特別の感慨がある。だが当の米国でさえ、あれが何年の事件なのか答えられない人も多くなったのだと言う。大統領の支持率は当時の半分以下。空虚が全てを物語る跡地の再開発も本格化するといい、急ぐ現代にあって風化も加速する。それでも、彼の地の争いは止むことはなく、アフガニスタンとイラクから米軍は撤退せず、イラクでの航空自衛隊の派遣は続いている。今年もまたアフガニスタンからの手紙を読み返す。これが完全に過去のものだと言えるようになるのは、何時の日なのだろう。

テロから5年、米大統領がテレビ演説(TBS News-i:動画あり)

「テロの危険はまだ去っていない。圧倒的な愛国心で自らを支持した5年前を思い出して欲しい」と訴えたブッシュ大統領。しかし、一度離れた国民の気持ちを取り戻すのは容易なことではありません。

 今こそアメリカを安全にする時。そう掲げられた言葉に、今のアメリカは安全でないのかという反論が浮かぶ。世界に目を見渡せば、この5年間で、世界は安全とは違う方向へ向いてしまったのではないか。

 Super! drama TVで丁度今再放送中の犯罪捜査官ネイビーファイル7(JAG)が、丁度9.11前後の時期で、9.11以前のエピソードには日付が入っている。ハーモンの墜落事故、それに伴うマックとブランビーの破局という導入で、マックが傷心を抱えて出かけた海外出張から不穏な空気は漂ってくるが(#138「緊急脱出」(GUILT)など後味が悪かった)、直接は画面に描かれなかった9.11を境に空気はピンと張り詰める。言ってしまえば非常にきな臭くなり、「今は戦争中」という言葉が繰り返され、ガリンデスは志願して最前線に向かう。バドも海上勤務となり、後半の舞台にアフガニスタンが多くなる。この空気があの2001年当時のアメリカに通じている。圧倒的な愛国心、か。#158(シーズン7最終話)でのバドが気になって仕方ない。

 で、Super! drama TVでサード・ウォッチとザ・ホワイトハウスの9.11スペシャルを9.11当日にやっていたんだが、この日の分は見られなかったので再放送で見ようかと。

Super! drama TV : 9.11ドラマ・スペシャル  9/20(水)1500/9/29(金)1500

『9.11ドラマ・スペシャル』 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロから5年。Super! drama TVではテロ直後に制作・放送されたエピソードを特集放送します。
<放送エピソード>
【サード・ウォッチ3】「彼ら自身の言葉で」THIRD WATCH: In Their Own Words
【サード・ウォッチ3】第45話「それぞれの9.10」THIRD WATCH: September Tenth
【ザ・ホワイトハウス3】「イサクとイシュマエル」THE WEST WING: Issac And Ishmael

9.11―あれから2年
9.11―あれから3年
9.11―あれから3年・2
9.11―あれから4年。

|

« カミラボ更新。 | トップページ | スタートレックまるごと40時間 »

戦争を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/11920139

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11──あれから5年:

« カミラボ更新。 | トップページ | スタートレックまるごと40時間 »