« 是我痛と色即是空(#24つづき) | トップページ | 是我痛:光は痛みを超えて/ドラマCD »

2006.09.18

エンタープライズ最終回

 あああああ終わっちゃったよーぅ。スタートレックまるごと40時間 の締めくくりに、スタートレック・エンタープライズが。39年のSTのTVシリーズの歴史が。
 #97「テラ・プライム パート2」(Terra Prime)がイイカンジに最終回っぽい感じだったんだけど、さすがにこれで終わるのは寂しいよねってことでエピローグ用にもう1本真の最終回、#98「最後のフロンティア」(These Are The Voyages...)があったんだが、うーんうーん作り方とか終わり方とか凄く綺麗だったんだけどさー……
 この感じはあれだ、Vガン最終回を見たときの感覚に似てるのよ。ネタバレあり。

 なんでトリップが死ななならんねん!(i_i)

 そう、まさに何でオデロが死ななならんねん! というのと同じ。途中途中に入ってたトリップ役のコナー・トリナーのインタビューで不吉な発言があったし、劇中の台詞でも明確にいわゆる死亡フラグが立ってたんだけどさぁ……殺す理由ないだろ(i_i)

 いや、全然ないわけじゃない。「6年前」以来、トリップとトゥポルの仲は進展しなかったっぽいのだけれど、それは例の事件が重く影を落としたんだろうという想像はつく。あの事件を乗り越えて更に絆が深まる可能性もあったんだけど、でもそうすると、本気で地球人とヴァルカン人の混血児が生まれてしまう可能性があって、そうなるとスポックが初の混血という歴史が書き換えられてしまうことになる。それを避けたんだろうとは思うんだけどさー、でも、だからって殺さなくてもいいじゃないか。好きだったんだよぅトリップ。トゥポルも好きだったから、あのままいかず後家は可哀相だ。後味悪い。

 でも何より、もうここから先はないんだな、TVシリーズ新作が見られないんだなという寂しさがあるはずなのに、40周年と劇場版新作がどーのこーのという話で、その感慨に浸らせてもらえないのが、Vガンの最終回のときの感覚と被る。でも逆に、いつかまた旅は始まる、何かの形で旅は続くんだという希望もある。TVシリーズがキャンセル喰らっても、もう終わらせてもらえないよね。ここまで来ると。

 日本語吹き替えではアーチャーの声で押し切られてしまったけれど、最後に流れたあの伝統的なナレーションは、原語ではピカード、カーク、そしてアーチャーと紡がれる。今回の特集では、毎日初めにカーク役の矢島正明さんによるナレーションが入ってて、3日目の特集の最後もやはり矢島さんが「長寿と繁栄を」って締めくくってくれて嬉しかった。やっぱTOSが好きなんだわ。TNGとのコラボだったENT最終回で「次世代に乾杯」という台詞がニヤリだったあたりTNGも好きだ。DS9のグランドホテル風味も好きだ。宇宙探査という原点とか寄せ集めクルーの良さが光るVOYが大好きだ。そしてENTにはENTにしかない、独特な雰囲気もやっぱり好きだ。好きなんだよ、STAR TREKが。大好きだ。

【追記】
 TBいただいたZ3とiPodとMacintoshな話: 空虚感。。。拝見して、ENTのOPはほんと良いよなと改めて思ったり。DS9もVOYも好きだけど。そう思うと、伝統的なあのナレーションで終わったのは様式美ではあるのだけれど、ENTというよりもSTという、より大きなシリーズの締めくくりになったのには一長一短があるのかなと。日本のアニメじゃないけど、OPフルコーラスで終わってもフィナーレとしては良かったのかもね。

トレックバック・ピープル


↓ラインナップが良すぎる。


B000GOFHKIスター・トレック:タイム・トラベル・ボックス
ジーン・ロッデンベリー ウィリアム・シャトナー パトリック・スチュワート
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-09-22

by G-Tools
B000G7PRN2スター・トレック エンタープライズ DVDコンプリート・シーズン 4 完全限定プレミアム・ボックス (5000セット限定生産)
ジーン・ロッデンベリー スコット・バクラ ジョリーン・ブレイロック
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-09-22

by G-Tools

|

« 是我痛と色即是空(#24つづき) | トップページ | 是我痛:光は痛みを超えて/ドラマCD »

スタートレック」カテゴリの記事

コメント

> 日本語吹き替えではアーチャーの声で押し切られてしまったけれど
DVDで矢島さん、麦人さんが追加収録されているそうですよ。

投稿: quark | 2006.09.19 00:25

>quarkさん どもありがとうございますー
 DVDではというあたりが商売上手ですねこのっ(^^;
 時間旅行箱にはフェレンギも入ってるのは嬉しいんですが、ENTのヴァルカン人のおかげでマジックテープ話も入れて欲しかったなぁ……あれ好きでした。

投稿: しののめ | 2006.09.19 08:49

ココフラッシュ・・・? トレックバック・・・?
耳慣れないハイテクワードが!
ちょっと試してみます。ありがとうございます。

投稿: iPodYourZ3 | 2006.09.20 06:12

>iPodYourZ3さん こんにちは。
 折角のココログでSTなのでお誘い申し上げました(^^)
 トレックバック・ピープル(TBP)は記事を書くときにTBするだけ。ココフラッシュはカテゴリを「スタートレック」にするだけでOKです。
 ココフラッシュについては、こちらもご覧になってみてください。
http://quark.cocolog-nifty.com/weblog/2004/09/post_10.html

投稿: しののめ | 2006.09.20 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/11950255

この記事へのトラックバック一覧です: エンタープライズ最終回:

» 旅の終わり [blog "quark's"]
「STまるごと40時間」終わりました。 旅 = TREK ね。 ネタバレはしてませんが、ENT最終話の感想みたいなもんです。 公式サイトのエピソード評価が星2つだったので心配していたのです。 でもTNG最終話に次ぐ出来ではないかと思います(←褒めすぎですか... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 00:42

» 空虚感。。。 [Z3とiPodとMacintoshな話]
スーパードラマTVのスタートレックまるごと40時間で、今エンタープライズの最終3 [続きを読む]

受信: 2006.09.19 01:05

» Startrek Enterprise - These Are the Voyages... [Z3とiPodとMacintoshな話]
さて、最終回までやっと英語+CCでも見終えた。 英語的に面白いフレーズは、最終回にアーチャーが言った「Poetic justice.」くらいかな。 「因果応報」「自業自得」「何かの縁」という意味みたい。語源がなんかあるはずやけど、英辞郎にもあまり詳しくは載ってなかった。 最終回にはいろいろと否定的な... [続きを読む]

受信: 2006.10.09 02:43

« 是我痛と色即是空(#24つづき) | トップページ | 是我痛:光は痛みを超えて/ドラマCD »