« 是我痛:NOTとかアンソロとか | トップページ | ゼーガペイン#25「舞浜の空は青いか」 »

2006.09.21

ゼーガペイン#24 さらにつづき

 ゼーガペイン#24「光の一滴」についてはもう3本目なのでウソタイトルはなし。つても、超光戦士シャンゼリオンの#34「友情ええやないか」と、#39(最終話)「時(いま)を越えて…」のどちらかで迷ったので丁度良かった。

 #39を取りたいんだけど、ぶっちゃけた話、シャンゼは多世界解釈オチ(そのもの胡蝶の夢END)なんでゼーガがこのオチになった場合どうしようかと(^^; とりあえず次回が恐い。←#25を見る前には書いてたんですが例によってちょっと寝かせてました。

●ルーシェン、燦然!
 何かルーシェンのちゅーのおかげで良くも悪くも騒ぎになってしまったようですが。
 自分の命を懸けると決めた時に、一番したかったことをしたんだよね。抱きしめるだけでは足りなかったことを唇で確かめたかっただけなんだよね。気持ちは分かるよ。
 いやそれでもちゅーはねーだろちゅーは、という話もまぁ分からんでもないけど、あれは今までのルーシェンを見てたら「あーあ、ついにやっちゃったねー」てなものだし。舞浜ではなくキョウを守ってるんだとか言われるとさすがに「行くとこまで行っちゃったねぇ」とは思ったけど。
 でも事の本質は、そこまでルーシェンが命を懸けることが出来たのは、彼にとっては幸せなんだろうなってこと。巻き込まれたメイウーがちと可哀相だが、彼女は彼女でそんなルーシェンが好きなんだろうからこちらも本望なんだろう。

 ルーシェンは結局キョウちゃん大好きっ子なだけなのが残念だと思った。でも、そうじゃなかった。
 それだけ、ではなくて、それが全てだったんだ。
 一つの想いのままに生きるっていうのはそうそうできるものじゃない。ルーシェンは心から、あの痛み──キョウと同じ痛み──が嬉しかったんだよ。最初からルーシェン視点で見直すとまた違うものが見えてくるんじゃないかなと思う。伏線はずっと張ってたんだから。#03「デフテラ領域」はシズノとルーシェンとでキョウに対する態度が交差してるのが面白いし。この回終盤でルーシェンはキョウの盾になってくれて、そして初めてキョウの名前を呼んでくれたんだよね(キョウがルーシェンの名をちゃんと呼ぶのは#22だったというのに)。あーでもOPの背景のロンドンは一体。

 いやでも以前ちらっと書いたけど、本当にシャンゼの速水だなぁルーシェン。速水も暁になりたかったんだもんね。#34で「俺も男だ!」つって暁にちゅーしてたもんね。そして、最終話では暁の目の前で命を落としたんだよね……時(いま)を越えた世界、人類に勝ち目のない戦場で。ってそれは暁にちゅーした速水じゃないか(してたかも知れんが)。

 テレ東夕方6時台で男が男にちゅーってどうよという声もあるけど、上に書いたとおりシャンゼは10年前に実写でクリア。2年前のSDガンダムフォースだと、#1でシュウト(声はルーシェン)がキャプテンガンダム(声はハヤセ)にキス未遂、#51で偽りの未来で朽ちたキャプテンに頬を寄せるのが、もうあれは殆どキスに見えたよっていうもので。でもどちらもきっちり親愛の情の表現ですよ(SDGF#1のはお笑い半分だけど)。そういや22年前の名古屋テレビ夕方5時半のエルガイムでもキャオがダバにキスしてましたね。ってことでサンライズ作品でも前例は色々あるんだし、「オレってつくづく男と……」「うん。」が楽しいからええやないか。
#元は深夜枠だが、9/16にAT-Xで放送されたDTエイトロン#17「フィッシュ キス」も男の子同士のキス。つかmouth to mouthなんだけどさ。

●オケアノス司令杯ソゴル・キョウ争奪戦
 シズノ(キョウからキス1回・自分から1回)
 リョーコ(自分から頬にキス1回・キョウから未遂1回)
 ルーシェン(自分からキスしてグッバイ?)
 トミガイ(キス未遂1回)
 ハヤセ(愛の告白より恥ずかしい告白済み)
 カワグチ(舞浜随一のツンデレ)
 シマ(ぱんつ一丁で顔に落書き待ち)
 アビス(殺したいほど愛してる)

 モテモテだねキョウちゃん(やめい)。
 アビスがあぁもキョウの名を呼んでまで拘るのは、シン経由で名前を知ったのか、それとも過去に何かあったのか……。

●ボケとツッコミ
 コンビと言われて芸人に目覚めた(?)キョウちゃんが滅茶苦茶可愛かった。つても、#07「迷える魂」の水族館とか、#09「ウェットダメージ」で水泳部の件で生徒会長とやりあったあたりとか、OFFで色々軽口叩いてたし。つうか、あの状況で軽口叩けるのが大物だよキョウちゃん。「どんな出し物を見せてくれるってんだ」ってあーた。
 キョウちゃんはボケだよなーと思ってたんだけど、「『ありえねぇ!』って言いまくってるからツッコミじゃないの?」と兄貴。そういやそうか。でもあの「ダブルツッコミ!」のところは一人ボケツッコミ状態でしたよ。やるな、千葉県民。←#06のこの時点で素晴らしく大物でしたが。

●生徒会長と猫
 シマがふと右側に目をやって、左側を見返してシズノが近寄るという演出が細かい。定位置が右だったもんね。結局この二人は言葉を交わさずに別れたのだけれど。
 そして猫。#21「戦士たち…」の朝の公園で、シズノとシマの間に猫が居るから、この時にはシズノはこの猫の秘密を知っていた可能性はある。それ以前はともかく。
 先にコメントでも書いたんだけど、シマが猫化したのだったら「こんなこともあろうかと用意しておいた。舞浜南高校ロボ全速発進にゃ!」とかいう展開はないんでしょうか(ありえねぇ!)。テレ東夕方6時台なんだし、絶対無敵ゼーガペインとかさー(全力で逃避)

 人類クマ化計画Blog ゼーガペイン 24でPiabearさんが

声優さんが違った事でクローン幻体とはいえ、
シマは一個の存在であるという事が強調されてよかったように思いました。

 と書かれてて、それもそうだなぁと思いました(この後の文面もほんと頷くばかりです)。うん、確かに生徒会長は生徒会長なんだ。フォセッタも各艦で微妙に性格違うしね、それはもう確かに唯一無二の個人なんだよ。何度でも同じ人格で蘇ってくる復元者とは違う(この項際限なく発散しそうなので以下略)。

 ただシマでちょっと分からないのは、先に書いたとおり「彼らも夢幻の世界に……」でアルティールとガルダがサーバーに取り込まれたと感づいたのであれば、作戦は順調に進行中なんだよね。でもミナトの復唱で「作戦は失敗」と言って総員を舞浜に退避させてるのは、オリジナルと同様オケアノスでリザレクションシステムを持ち帰れないことを指してるんだよね(確かにこれは計画通りではない)。でもオリジナルが言ったように、ゼーガで敵を殲滅して他の母艦で地球に持って帰る道は残ってるから、まだ失敗したとは言い切れないはず。それこそ以前キョウちゃんが生徒会長の真似して言ったとおり「可能性はゼロではない」んだよ。ドヴァールカーがクラウド叩きに行ったのは、こういう展開も織り込み済みで月と北極の間に母艦を配置しておいた意味もあると思えるんだけど。今わの際でネタを仕込むとは思えないんだけど何せ鬼畜司令だからなぁ。
 猫化→オリジナルに同化したと見えても、次回予告に猫がいるからシマが猫化と見たくなる。でもシマのオリジナルに「生者必滅、会者定離」(*)と言われてしまってるし。ここでAIのことを聞いて無感情のはずのカミナギがふと悲しげな目をするんだよね。「自分にもし感情があったら」としてロジックで反応できる範囲なんだろうけど。

(*)各所で混同されているが平家物語は「盛者必衰」。平家で脱線すると「諸行無常」と「万物は流転する(ヘラクレイトス)」と「色即是空」は似ているようで違うというのだからややこしい。つかゼーガ的には「色即是空」でなくてはならんのだが。

●色即是空、空即是色 さらにつづき
 ルーシェンよりも猫よりも、この色即是空に伏線がなかった方が衝撃かも。
 「ただ色形だけで生き、消えて行く愚か者」というシンの台詞が今回あったんだけど、こういうのを#17「復元されし者」あたりで放り込んでおいて貰えてたらフックになったのになぁ、と思ったりもする。ここまでずっと神学/西洋哲学系のネタ(何度も出てくるリンゴと蛇は北欧神話もあるけれど、OPのキョウ→魚とかリザレクションと同様キリスト教絡みとも読める)を使ってきてただけに、突然東洋哲学に振られると面食らうし(折角なので東西の対比で読み解くのも面白いかも)。いや是我痛と色即是空(#24つづき)で延々書いたとおり、空の思想はゼーガの世界観とは凄く親和性があるんだけど。にしても方々の反応眺めてると芳しくない方向に振れてるようで、ちょっとこれは折角の素材が勿体無いなとも。

 命の源である水は形を変えてうつろうもの=「色即是空」というのを先に提示しておいたとはいえ、色のない白い雪の中に咲いた、色鮮やかな雪割草を見て、それが「空即是色」=再生の春の象徴であると見抜いて、「色即是空、空即是色」の文言を即答できるキョウちゃんの鋭さって途轍もないものだと思う。
 ただ状況が状況なだけに焦ってるキョウが「はったおすぞ! 見せてぇもんってこれか!」って言っちゃうものだから、キョウはちゃんと分かってるのに、反発してる部分が突出して分かりやすく見えてしまったようで。キョウは分かってるからこそ「仮につかの間でも、オレたちは空しくなんてならなかったぜ! だから、だから戦ってんじゃねぇか!」って言い返せてるのだけど。
 「今を生きる、ですか。ナーガとは違う答えだ。そういう君だからこそ、見せたかった」というシマのオリジナルの答えは、彼がどこまでソゴル・キョウという人物を知っているのか解釈の余地が大きい。最後の「めんどくせぇよ、バーカ!」については先に空と縁起を絡めて書いたけど、これもシマのオリジナルが言いたいことをキョウが分かっているからこそ言える言葉。AT-Xで同日放送だった#18「偽りの傷、痛みは枯れて」と見比べると感慨深いですよ。燃え散る花に触れられもしない自分達の存在は空しい幻なのか、いやそうではないはずだと何度も繰り返してきたキョウが辿りついた所には、確かな再生への鍵があった。それが雪割草。密やかに、けれど気高い信頼を示す花。
 この禅問答は、QL積層化の時間稼ぎと、頭に血が上っていては勝てないよってことでのクールダウンのための時間。そしてキョウが未来を託すに値するかどうかをシマのオリジナル自身が知りたかったと。当のキョウちゃんが焦るのは無理もないのだけれど。
 ま、このやりとりが生きてくるのは次回以降という見方も出来るんで、今回だけを見て判断するのはちょっと待って、とも思うのだけれど。何せゼーガは省略の美学(またの名を華麗にスルー)が得意だからなー(^^;

●Quantum Loaded energy と出てやっとQLの名前が判明。
 #19の舞浜サーバーの量子転換炉と、#22の北極サーバーのQL炉は同じもの?
 積層型QLはLayerd QL。なんちうか画像データ方面との親和性が。
 とにもかくにもAIの皆さんに敬礼。しかし敬礼のスタイルが海軍式(縦)と陸軍式(横)とで統一されてないのもお約束かも(^x^;
 しかしあれだ、人間ではない人ばかりが去っていってしまうのですね。人間に未来を託すために。

●今回のありえねぇ!
「(多数のホロニックスピアが迫り)……ありえねぇ!」 微かに慄いた声音がたまらん。いいよいいよ浅沼さんー。で、カミナギが抱きつきまくってるんですが。

●今回の撃墜数(画面で確認できるもののみ)
【アルティール(キョウ+リョーコ)】【ガルダ(ルーシェン+メイウー)】マインディエの相手をしてただけで撃墜はなし。せっかくガルダのホロボルト・ブレイカー出たのになぁ。
【フリスベルグ(クリス+シズノ)】ゴーネ×1
 いやだから確認できるもののみなので。舞浜サーバーへの退避前にシズノとクリスが戻ってきてるから、オケアノスと一緒に落ちちゃったのかなぁ? フリスベルグはただでさえQL積載量が多いんだから積層型QL積んだら凄いことになりそうなのになー勿体無い。フリスベルグ用のホロボルトも見たいよー。

#24「光の一滴」是我痛と色即是空(#24つづき) ◆ #24「光の一滴」(AT-X)/#25「舞浜の空は青いか」

カミラボ:ゼーガペイン
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000GG4CF2ゼーガペイン FILE.02
矢立肇 伊東岳彦 山下明彦
バンダイビジュアル 2006-08-25

by G-Tools
B000H307TYゼーガペイン FILE.03
矢立肇 伊東岳彦 山下明彦
バンダイビジュアル 2006-09-22

by G-Tools

|

« 是我痛:NOTとかアンソロとか | トップページ | ゼーガペイン#25「舞浜の空は青いか」 »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/11984815

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#24 さらにつづき:

« 是我痛:NOTとかアンソロとか | トップページ | ゼーガペイン#25「舞浜の空は青いか」 »