« ゼーガペイン#26「森羅万象」 | トップページ | ゼーガペイン#26 灯台を探せ »

2006.09.28

ゼーガペイン#26「愛と再生と…」つづき

 ついに最終回、ゼーガペイン#26「森羅万象(ありとあらゆるもの)」。大根RUNなファーストインプレッションのつづき。今丁度AT-Xでゼーガの番宣やってるけど、何かもう因果地平の彼方まで来た気分だよ。思えば遠くに来たもんだ……。ウソタイトルは予定通り、アルジェントソーマPhase:25(最終回)。残しておいて良かった。

 いや実はウソタイトルは「ゼーガペイン大勝利! 希望の未来へレディ・ゴーッ!!」にしようかとも思ったんだけど。伝説の機動武闘伝Gガンダム最終回風。正しくは「Gガンダム大勝利!(以下同じ)」。いや途中冗談で、最後にホロボルトらぶらぶプレッシャーとか来ちゃったらどうよ、とは思っていたが。残念ながらそれはなかったが、何かもうまとめて見たらノリは近いかもなー。「こんな作戦はオレ達にしか思いつかないぜ!」とか。あの東方不敗大先生みたいな仁王立ちとか。おまけに素手でクロスカウンターなんて格好良すぎだ! パンチ好きを貫いて「舞浜シャイニングオーシャンパンチ!」とかなんとかロケットパンチに名前付けてるのが素晴らしすぎるが(裏技からの流れはマジで息止めてた)……その「シャイニング」が良すぎるよ。#19「ラストサパー」の舞浜サーバー防衛戦の時点でシャイニングフィンガーを会得したなキョウちゃんは、とか思っていたが(ある意味これがカミナギとのらぶらぶフィンガーだったなー)。わははは。何とゆーか、スーパー系とリアル系のイイトコどりをしてるよな。

 ……て書いたけどさ、それよりも「オーシャン」の方が重要でない? "ocean" というのは当然ながら "okeanos" に由来する言葉なんだからさ。このときキョウは一人じゃなくて、オケアノスの皆と一緒に戦っているんだよ。そういう言葉じゃん!

 で、何かまだ混乱しててすみません。

 #25のコメントで萩尾望都「スター・レッド」を持ち出したときに、このオチもありなのかもと思ってたら、そのオチだったのかという気もしてきましたよ。「小さくおなり」って小さくなったのが誰なのかという話になってしまうけれど……って、該当者1名しかおらんわな。名づけられるものとして甦るもの。まだ名前のない新しい命。自分のことも、愛した人のことも何も覚えていない、無垢なるもの。なるほどそう来ましたか。

 でもその「スター・レッド」オチだったとしたらって、実はルーシェンがヨダカになっちゃったらどうしようとか思ってたのは今となっては完全に笑い話だが(^^; わははははー。分からない人は是非「スター・レッド」を読んでください。切なくて泣けますから。
 そういえばルーシェンよ。三角じゃなくて四角だとツッコミ入れんでいいのか。いやトミガイ入れて五角か? あ、でも今度こそイズミ先輩とうまくいくかも知れんからなートミガイは。確かにキョウちゃんは男をも惚れさせる魔性の男だが、諦めて卒業しなさい。
 ──つか舞浜の二学期は反則だ! サイドストーリー作り放題じゃないか!(^Q^) 一年ループだと萩尾望都「金曜の夜の集会」と同じになるけど、卒業式とか言ってなかったっけか。むー。見直さないと分からん。見直しても分からんかも知れんが。

 ともあれ、

 切ない物語は切なく終わってこそ美しいと思うならアルジェントソーマを見ればいい。これは本当に本当に美しい終わり方だから。そーいやリウの髪型にもむーとか言ってたけど、キョウちゃんのあれは願掛けにも見えるよね。

 喜怒哀楽を全部詰め込んで、もう怒っていいのか笑っていいのか分からないからとにかく笑っておくよ! でも、実はよく考えると悲しいね、寂しいね、でも嬉しいねってあぁぁぁあよく分かんねぇぇぇぇ! というのが見たいならGガン。Gガン絡みについては先述の通り。

 ラス前まで凄いテンションで、最終回も音楽込みで散々泣かせておいて、挙句にそのオチですかーーーーーーーーー!!! というのが見たいならプラネテス(アニメ版)。そういやあのオチはこっちが先だわ。主人公に名字を呼び捨てにされるヒロインという点ではタナベとカミナギって揃うんだわ。うん。でもこれもゼーガもいいラストだよ。うん。

 オチのアレにはアニメ版のタナベの時同様面食らったんだけど、「早く出ておいで、世界は光で一杯だよ!」って台詞が、ゼーガペインという物語が描き続けた「光」で締めたというのが美しくて素晴らしすぎる。復元者に「光なき者」と言われ続けた幻体が、あくまで普通の人間として光を取り戻したということ。人類同士の愚かな争いとデフテラ領域のために暗雲の立ち込めていた世界も、溢れんばかりの光を取り戻したということ。そして、今を生きる者として、永遠でないからこそ繋がれていく命という意味では、やはりあそこまで描かなければ逆にちゃんと落ちない、と思う。問題は、ラストカットにキョウちゃんが居ないってことの方。居て欲しかったよぉ……くすん。何かでもキョウちゃんは本マジで格好良すぎて、キョウちゃんを超えるのってもの凄く高いハードルだと思う。あああああーもーほんとキョウちゃん思い返したら震えてきた。最終回は#20とはまた違った振り幅があって、本当に格好良かったです。お疲れ様でした浅沼晋太郎さん!

 そういえばハヤセの台詞は#02での「確かに、いいタイム出してたもんな」の使い回し? 津村さち子リカバリ出来てよかったねぇ。あのー生徒会長は駄目ですかやっぱし。アーサー様よろしく復活してきて欲しかったのにー(i_i)

 でも結局、前回の次回予告で出てきたあの花でてこなかったよなぁ。「ゼーガノヨコクヲ シンジルナ」とはよく言ったもんだ。やべ、何か#24「光の一滴」が果てしなく浮いたと思われてしまいそうな気がする(^^; 自分の中ではあの話はなくちゃならんものではあるんだが、最終回でフォローがあるのかとかちょっと思ってたんだけど。キョウちゃんの素晴らしいお習字の中に紛れとらんかしらね。見直さないと。

 ──って#26見直す前にAT-Xで#20「イェル、シズノ」始まっちゃったよ。何かOP見てて今頃泣けてきたよ。とりあえず#20見直しますわ。鎌田キョウが使用前も使用後も格好良くて泣ける。生徒会長が格好良くて泣ける。……つか舞浜サーバーのデータ移動をどうやったのかは結局華麗にスルーされたな。とかって見直すと、素晴らしいシンクロ具合にツッコミたいところが山のようですわ(^^; ってぼーっと見てたら終わっちゃった……。

#26「森羅万象」 ◆ #26 灯台を探せ


カミラボ:ゼーガペイン
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000F7NTCOキミヘ ムカウ ヒカリ
新居昭乃 保刈久明
ビクターエンタテインメント 2006-05-24

by G-Tools
4091910122スター・レッド
萩尾 望都
小学館 1995-04

by G-Tools

|

« ゼーガペイン#26「森羅万象」 | トップページ | ゼーガペイン#26 灯台を探せ »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいラストでしたよね!
前半うるり、ときちゃいました。

キョウちゃんは本当にカッコよすぎ!
あのクロスカウンターにはどきどきしましたよ。
もう一度、DVDで見ようかしら…。と思っておりまする。
あ、その前にもう一度テレビ版のΖだ(^^;

投稿: みるとん | 2006.09.28 23:53

>みるとんさん どもありがとうございます。

 えぇえぇもうほんとキョウちゃんが格好良くてドキドキですよ(i_i) 是非是非DVDで見直してみてくださいな。Ζは長丁場で大変ですよね、でもご無理はなさらずに。
 Ζといえば、キョウの自爆前:旧訳(TV版)カミーユ、リブート後:新訳というような見方をしてしまってました。同一人物だけど見方が違うんで違って見えますよってことで。新訳見まくった後の今、TV版見直すとどう見えるかなぁ……。

投稿: しののめ | 2006.09.30 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/12076921

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#26「愛と再生と…」つづき:

« ゼーガペイン#26「森羅万象」 | トップページ | ゼーガペイン#26 灯台を探せ »