« 量子コンピュータまであと何年? | トップページ | 是我痛:物欲の秋 »

2006.10.09

ゼーガペイン#26 時間経過まとめ

 ゼーガペイン#26「森羅万象(ありとあらゆるもの)」、最終回の問題のエピローグについて、そろそろまとめ。
 それもこれも、Cパートに崩れた灯台が出てきて肝心のキョウちゃんが出てこないために、まるで時間経過が分からないからで。そこには解釈の余地があるのだけれど、広大すぎる。

 そもそも、Bパートの舞浜サーバーの9/1の光景すら、いつのものなのか不明。
 月面を脱した時間の流れでの最初の9/1なのか。
 或いは月面を脱してしばらくして、それまでの5ヶ月から1年ループに変更するのも兼ねてのサーバー内の環境調整のためにリセットして突然9/1なのか。
 あるいはカミナギが「世界は1年でループする」と言っているからには、新サーバーでの2回目の9/1なのか(当初はこれかと思ってた)、可能性は色々ある。

 また、この舞浜サーバーの9/1と、その次の現実世界でのキョウの場面が、同時進行しているという論拠もない。9/1の舞浜でこんなことがあって、そしてある日現実ではこんなことがあって、というだけの話なのかも知れない。実際、#13とか#18のように、1話の中でかなりの時間経過が見られるエピソードもあることだし。──じゃ何で9/1の舞浜にカミナギ居ないんだよって、何か終盤のカミナギは一人だけ別行動が多いから今更違和感はない。
 その上、砂浜に埋もれたラジオの場面でさえも時間が飛んでいるように見えなくもない。水泳部分室にはもっと綺麗なラジオが置いてあったからだ。

 だから、B→Cパートの時間経過は尚更分からなくなるのだ。
 以下、ゼーガ仲間に聞いてみたりしてまとめなおした時間経過2説。多謝。

●時間経過は大したことはない説
 キョウが「あと2年、待ってくれ」というからには、現実時間であと2年。
 舞浜サーバー内の時間が現実時間と同期が取れているとすると、リザレクションシステムの解析と製作に要した時間は2年から4年くらいになるのか。早かったな。#25「舞浜の空は青いか」では「10年先か、20年先か。あるいはもっと」と言われていたのに。どうしたんだ一体。

 新舞浜サーバー(補足)の筐体は確かに小さいが、「戦いが終わって」不要になった量子コンピュータをどうにかしてかき集めてきて、並列処理をさせれば、旧舞浜サーバーと同等の演算能力を確保することも可能だろう。キョウの暮らす千葉県の浜辺に舞浜サーバーのホロメモリを格納して置いてあるマシンは必要最小限で、並列処理をしている他のマシンはドヴァールカーで管理しているのかも知れない。そう考えればその方が妥当。
 また戦いが終わったことで、舞浜サーバーから外部に常に量子テレポートする場面がなくなったため、転送用のデバイスドライバを常駐させなくてもよくなり(必要な時だけ起動すればいい)、その分のリソースが開放されている。そういうこともあって「サーバーに余裕ができて」リセットまでの期間を延長できるようになった。でもシステムには限界があるから、無限に時が流れていくことはないので、「世界は1年でループする」。1年というのは5ヶ月よりもキリがいいというのもあるが、舞浜時間と現実時間の同期を取れるならその方が都合が良いとも思われる。

 旧舞浜サーバーと同等の演算能力(時間は現実世界と同期)+1年ループに必要な処理能力を確保して、それでもかき集めた量子コンピュータに余力があれば、それを全てリザレクションシステムのデータ解析に回して所要時間を短縮することも可能だろう。セレブラントが大量発生しているようなので、人海戦術も使えばもっと早くなる。ドヴァールカー組の手を借りれば更に早まる。いっそ舞浜時間を加速するという手もあるが、それよりは同期+データ解析の処理能力向上を図るのが妥当だろう。──或いは、猫の手を借りることができたのかも知れないにゃー。←なんとなくそれ希望
 問題は、現実にキョウがシステムを組み上げるのにはそれなりに時間が掛かることだが、ドヴァールカーのサポートを得ればそれも順調に進むのだろう。
 そもそもオケアノス級の母艦は艦内に工場を持っていて、ゼーガの補修パーツなどはそこで作成しているはず(ある種のレプリケーターがあるってことか)。ならそれを使ってリザレクションシステムのパーツを作成して、組み上げるのはキョウの手で、という工程だろうし。暇なときにはアルティールで積み木の練習してそうだ。あやとりだって多分楽勝だぜ!
 という訳で、現実時間で2年後に完成して皆で卒業式やってめでたしめでたし。

 灯台が崩れてる? んなもん経年劣化とちゃうわい。→#26 灯台を探せ
 ベンチが朽ちてる? 海岸で野ざらし、しかも防腐加工なんてしてない木材だろうからとっとと朽ちてもおかしくないわい。
 海岸が荒れてる? きっと前の日に低気圧が通過して急に荒れたんだよ。彼女はあの後、海岸の掃除をして、まぐろを釣ってきたキョウちゃんを迎えに行くのさ。

●時間経過がえらいことになっている説 →#26 減速と再生と
 キョウが「あと2年、待ってくれ」と言ったのはカミナギに対しての言葉。
 つまりカミナギの時間=舞浜サーバー内での時間で2年待てということだ。
 新舞浜サーバーの筐体からすると、ハードウェアはゼーガのものを流用してるようなので、舞浜は減速されたまま。余分なリソースを開放したからループは1年に延ばせたが、舞浜の2年は現実世界ではもっと長い時間になる。「10年先か、20年先か。あるいはもっと」という言葉の通りだ。
 ということで、灯台もベンチも海岸も、無情にも過ぎ去った時間を示すものである。
 長い時間が経っているというのなら、彼女はカミナギ・リョーコではないかも知れん。リョーコの娘という可能性だってあるじゃないか。

 ──で、好きな方で良いというのなら前者を取るわ。後者は後者で#25で減速に流した切ない涙の行き場にはなるけれど。どうせなら幸せな方が良いよ。

 ってその結論だけならとっくに出てたんだけど、自分の中であれやこれやをすっきりさせておきたくて。例によって寝かせてるうちに本人が寝込んでしまってました。季節の変わり目ですので皆様もご自愛ください。

#26 新舞浜サーバー ◆ #26 十凍家の謎

カミラボ:ゼーガペイン
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000IJ7452ゼーガペイン FILE.05
アニメ:ゼーガペイン
バンダイビジュアル 2006-11-24

by G-Tools
B000FIHCDK「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 新居昭乃 保刈久明
ビクターエンタテインメント 2006-06-28

by G-Tools

|

« 量子コンピュータまであと何年? | トップページ | 是我痛:物欲の秋 »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

サーバーの加速、減速、現実世界との時間経過、云々・・・
については深く考えずにアニメを見ていたPiabearでございます。
加速?どの辺にそんな演出あったの?みたいなねw
遅れましたが、祝!ゼーガペイン大団円。
みんなに素敵な未来がある終わり方でしたね。
・・・・ってシマぁ!!!w (;´Д⊂)
毎話感想を書くにあたってTBPの方利用させていただきありがとうございました。
理論的な話はさっぱりで、考察とか参加できなくてすいません。
関連情報は色々参考にさせていただきました。
便利に使わせていただいてましたよーw

>──で、好きな方で良いというのなら前者を取るわ。
>どうせなら幸せな方が良いよ。

ほんと賛同しますそのご意見。
あそこまで見せられたら最後の全てまで幸せじゃなきゃ嘘ですよねー。
私もCパートのあの娘は少し大人になったリョーコ という見解です。
あれがリョーコ本人じゃなかったらもっとそれなりの見せ方をしていただろう という感じ。

先日私もまとめをしてみて最終回に込められたキョウとシズノの想いに切なくしんみりとしてしまうと伴に
改めてあの終わり方でよかったんだーと思えるようにもなりましたね。
いいアニメでしたね。

なにやら体調崩されてたご様子。
最近めっきり寒くなってきましたもんね。お大事に。
栄養補給に温かい磯鍋とかいいかも。
キョウの釣ったマグロの頭でマグロの兜鍋を・・・って、どんだけでげー鍋が必要よそれ。
(駄文すいませんw)

投稿: Piabear | 2006.10.10 23:56

先日灯台を探せでキョウちゃんは米も作ってんだとのまわった者です、
>好きな方で良いというのなら前者を取るわ。
同感です、製作サイドが敢てバッドエンド、ハッピーエンドをぼかしたのなら私も>どうせなら幸せな方が良いよ。派です。
リョーコの声が最後に生き生きとして弾んでいたしバッドとは思えんのですが。

投稿: プラス | 2006.10.11 01:32

>Piabearさん 毎度ありがとうございますー。
 ほんと光の未来な大団円でしたね。生徒会長以外は……(i_i) ねこどこー
 TBP、こちらこそありがとうございました。またゼーガ語りしたくなったらTBしてやってくださいませ。関連話題も続きますんで。

 考察というのか、当方は理屈ばかりこねくり回しててすみませんです。ただ減速か加速かという話は、初期からずっと気になってた点でして、それが最後に、うにゃっとなったので混乱してしまった次第。
 なお本編中では加速について、#14のルーシェン、#21のシマの夢など主にナーガ=ガルズオルム側の話として出てきます。因みにグレッグ・イーガン『順列都市』では、主人公が17分の1減速だったりします。この描写は結構面白いですよ。

> あそこまで見せられたら最後の全てまで幸せじゃなきゃ嘘ですよねー。
 ほんとその通りですよね。ここまで来て落とすなよって。

> あれがリョーコ本人じゃなかったらもっとそれなりの見せ方をしていただろう という感じ。
 確かにそれもあるんですよね。時間経過云々を抜きにすれば別人である必然性に乏しいかなと。

> 先日私もまとめをしてみて最終回に込められたキョウとシズノの想いに切なくしんみりとしてしまうと伴に
> 改めてあの終わり方でよかったんだーと思えるようにもなりましたね。
 先頃TBされてた記事ですよね。またじっくり再読させていただきたいと思ってます。

> いいアニメでしたね。
 しみじみとこう言える作品になってくれてほんと良かったです(^^)

> 最近めっきり寒くなってきましたもんね。お大事に。
> 栄養補給に温かい磯鍋とかいいかも。
 お気遣いありがとうございます。なんかまだビミョーなんですが(i_i) ゼーガと共に夏も去って、すっかり鍋の季節ですね。

> キョウの釣ったマグロの頭でマグロの兜鍋を・・・って、どんだけでげー鍋が必要よそれ。
 芋煮会用の大きな鍋とかならいけるかもですね。ほらーキョウちゃん食え食えー。
「あー食った食った。もう食えねー」
 そう言って倒れてるキョウを尻目に、もくもくと食べ続けるリョーコ。
「お前さ、そんなに食って平気か?」
「だって二人分だよ」
「……そうだったな」
 それにしても食いすぎじゃねーのか、とは思うが。
 生まれてくる子がリョーコ並みのドカ食いだったらどうしよう。今からちょっと心配になってしまったけれど、元気なのが一番だよなと笑みを浮かべるキョウちゃんなのでした。
 ──という光景が思い浮かんでしまいましたが(^^;

>プラスさん またまたありがとうございます(^^)
 敢えてどちらとも取れるようにぼかしてあるのは、最終回の感想を巡ってると散見する「何でこんなにハッピーエンドなんだ、もっと暗い終わり方の方が良かったんじゃないか。てかこういうアニメって普通そうだろ?」みたいに思ってしまう人向けのフォローなんじゃないかとも思ったりします(^^; まぁ実際、#25の印象が強かった自分も半分そっちに振れそうになって減速の可能性も考えてみたけれど、却ってやっぱハッピーエンドしかありえねぇ! という思いを強くした次第。

> リョーコの声が最後に生き生きとして弾んでいたしバッドとは思えんのですが。
 ほんとそう思いたいですよね(^^)

投稿: しののめ | 2006.10.11 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/12213393

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#26 時間経過まとめ:

« 量子コンピュータまであと何年? | トップページ | 是我痛:物欲の秋 »