« ゼーガペイン#26@AT-X | トップページ | 是我痛:物欲の冬 »

2006.11.11

ゼーガペイン#26 最終決戦

 AT-Xでも11/13の再放送を残すのみとなりましたゼーガペイン最終話、#26「森羅万象(ありとあらゆるもの)」。今回は最終決戦関連まとめ。16:9(レターボックスだけど)で見るとやっぱ戦闘シーンに目が行くのですよ。

●ZEGAPAIN ver.2.0.1
 キョウとシズノのゼーガペインはver.2.0.1。血の通った人間の手がコントロールグリップを握る、その日のために用意されていたもの。これもまた、シマの贈り物なのであって。最終作戦の鍵を握るのはキョウとシズノだと言ってましたが、本当にこの状況まで織り込み済みだったんですか生徒会長? とりあえず気密が確保されていて一安心。耐G対策は分からんが。

 幻体なら結局データだから、思考直結型のコントロールというのは楽勝だよなーとは思っても、実体化してそれって可能なのか? あのスーツの手のひらのデザインはコネクタでも仕込んであるように見えるけどそれで何とか直結できるのかとか思っていたのに(中華姉妹は手袋ないからブレスレットで代用してるのかとか)、ラストのキョウちゃんってば 競泳パンツ一丁で さくっと乗ってますけど(^^; ということで、ver.2.0.1なゼーガ側でどうにかしてるんだろうなぁ。まぁあのラストはドヴァールカーに飯食いに行くってんで、リアシートのカミナギも横乗りしてるしな。平和が一番。

 話を戻して、キョウが実体化したおかげで幻体演算が一人分不要になるから、その分のリソースが開放されるのはいいとしても、舞浜サーバーのホロメモリの演算に回すリソースって無茶苦茶大きいんじゃないかと思ってしまうのですが。だってゼーガのサーバーって通常幻体2名の演算しか考慮してないんじゃ。それがクロック落としたとはいえ街一つ分の状況保持可能って、量子コンピュータって凄いなぁ。相当減速してるんだろうなぁ。雨降らせて幻体の屋外での移動を制限したくもなるよなぁ(そういうことじゃないか)。だから、舞浜サーバー内でシンが消えた後でミナト達がクラウドに乗り込んでるように見えるけど、現実では時間経過が殆どないのだろうなぁ。だからリョーコはシズノを助けに行けませんでした、と。そういうことなんだろう。

●最終作戦フェイズ4
【1】ジフェイタスのメインサーバー破壊
【2】それでもサバトが生き残っている場合は味方艦隊を支援してサバトを殲滅
 #22「ジフェイタス」にて示されていたクリア条件はこの2つ。

 北極では、オストロバ司令(声はミズサワ先生)らの母艦3隻が、爆破される量子ポータル前から撤退するのだけれど、軌道上からもはっきり確認できるほど上空に伸びる爆発に巻き込まれて撃沈とかなってたら泣く。
 #22ラストの時点で残り4または3、#25でデフテラに1隻飲まれて(母艦だから大丈夫だろうと思いたいが)、今回3隻不明ってことは、最悪の場合、残った母艦はドヴァールカー1隻ということになりかねん。ラストにドヴァールカーしか出てこないのは、以前のオケアノスの巡回範囲をドヴァールカーが引き継いでいて、他の母艦は他の地区を回ってる可能性も勿論あるのだけれど。

【1】ナーガに乗っ取られる前のAIがQLを満タンにしてくれていたフリスベルグのクリス+メイイェンが、QLが残っているオケアノスを爆弾として使ってジフェイタスを爆破することに。フリスベルグがブリッジを突き破ったときに、レムレスII以外のAIが消えちゃうのがまた……ねぇ。レムレスIIは乗っ取られたままではあるのだけれど、「あなた方も消えますよ」というクリスへの返答が、許される範囲内での最大限の回答という感じで非常に小気味良い。こういうやりとりが出てくるのがゼーガの良い所だなぁ。
 にしても、#23で出てきたサーバールームの大きい地球みたいなのが弱点というのは とっても分かりやすい のだが、あれ結局何だったんだ。そういえば#24・Bパートのオケアノスでディータが「揚力急速低下。墜落します」とか言ってたが、月面上で揚力って?

 舞浜サーバーのホロメモリを格納して、爆発するシマのオリジナルのラボから脱出するアルティールの実体化したキョウと、幻体のクリスとで、言葉が通じててほっとした。少なくともゼーガのコックピットには翻訳機能があるんだな。って、んなとこまでリアルを追求しても仕方ないんだが。後でイゾラとも話してるし。
 クリス達はオケアノスに転送した時点で、舞浜サーバーとの連絡が取れなくなっていたというのでもないだろうに、キョウを一人で実体化させてしまったのかよ。とはいえキョウは誰よりも早く決断しただろうから、他人に意見を挟む余地を与えなかったのだろうけどさ。でもだからこそクリスとメイイェンは、身を賭してでもジフェイタスを爆破しようとしたのだろう。幻体ならではの再生への道が残されているから。実体化したキョウにはそのリスクを負わせられないと。それぞれに出来ることをする、総力戦での最終決戦。

 そして例の地球みたいなのに衝撃が走って小さくなり、月面に爆発が広がっていく。#01アバンを思わせるロングで月面大爆発でジフェイタス爆破完了、と描写がこれだけで、どうやって爆破させたのかは省略してるのが#09のオスカー殲滅作戦を思い出させたりとか。フリスベルグのボディは残っていたからヴァニッシュメントモードではなくて、ライフル+スピードマインでオケアノスを撃沈するも爆発からは逃れきれずに大破した格好かな。自分達もやはりここで死ぬ訳にはいかないから自爆はしないと。ジフェイタスの機能が沈黙する直前に、アルティールがフリスベルグのボディを回収して量子ポータルでクラウドへ転送。間一髪でしたという緊張感は非常に良かったんで、一時は自分達の家だったオケアノスを爆破する二人とか、レムレスIIの機能停止だとか、一々描写しないでも良かったのかなとか。そういやクラウドの量子ポータルが派手に爆発してるのは何故? 月面の爆発を引きずってきてるって訳でもないだろうに。でも爆煙の中から姿を現すアルティールの光装甲が展開して目が光って、BGM「the war zone」のENDと共にアイキャッチAに入るのは鳥肌立ちましたね。かっちょえー!
 フリスベルグにはドライダメージを負う二人。メイイェンの名を呼ぶのに彼女は返事をしないのを見て、クリスの心中はいかばかりか。リアシートに座らせた者をもう失いたくはないのだろうに。

 ただあれだ、XORの用語集でのポータルの記述を知っていると普通に見てしまったのだけれど、何で実体化したキョウが量子ポータルで転送できるの? と不思議に思っている人もいるようで。#22で量子ポータルはオケアノスごと転送出来るもの(それだけの「実体」を転送可能)と一応説明されてはいたのだけれど、#17での量子転送に耐えられる復元者→#21で量子ポータルで月と北極を行き来したアビス→#23でオケアノスごと転送という一連の描写から、#26で実体化したキョウも転送可、というのを納得するのはもう1ステップ説明が欲しかったような気もする。でも要はテンポの良さが優先されるのがアニメというものかと。そういやXORでのポータルのEMPはアニメ本編ではオミットされてしまいましたねぇ。

【2】で、やっぱサバトはそのままで、残り時間は9時間7分(#25・Bパートで残り12時間だったけど拡大スピードが一定とは限らないので経過時間は不明)。
 そもそもこのクラウドがデフテラコアを撃ち込んでいる軌道基地であるということは#14で登場。このデフテラコアをミサイルみたいに撃ち込んで北極基幹サーバーを破壊する計画なんて確かに余人には思いつかんだろうな(^^; 何時の間にこんな作戦考えたんだって、何せ相手はソゴル・キョウとイェル=シズノですぜ。デフテラコアならサバト(デフテラ領域)の障壁を突破できるというのも突然の説明だが、ここはもう勢いで納得。
 何でクラウドの中にキョウが呼吸できる空気があるの? というのも突っ込むのは野暮なんだろう。復元者向けに空気があるというのはナシ。#17で復元者は空気抜いても平気とか、#22ではデフテラ領域内は人間(生体)が生きていけない大気だとかいう話があったんだから。#03とか#20のキョウとシズノは、あれはデフテラ領域が消滅した後でしかも幻体だから平気だった訳で。

《1》よく見るとキョウはゼーガからは離れていないので、キャノピーを開けてはいても、ゼーガの周囲には幻体の投影範囲と同様の生体維持に関する何らかの機能が備わっていると思われる。ver.2.0.1すげぇ。ってそんなのアリかよ!?
《2》きっとキョウとアビスのガチンコ対決さえナーガの意思なんだ。だからキョウは生かされていたんだ。それでアビスは負けるのだけれど。こっちのがまだアリかなぁ。

 ともあれ(大幅に略)殴りあってマインディエ撃破してクラウドも爆破。「舞浜シャイニングオーシャンパーーーンチ!」は、何かこれも(ビッグオーAct:26のビッグファウと同じで)もうちょっとスピード感が欲しいかも知れないけど、やっぱロケットパンチは燃えるよね! この名前については以前も書いたけど、"ocean" こそが肝だったんだなぁと。キョウは一人ではなくてオケアノス(OCEANUS)の皆と一緒に戦っているんだって。サンライズ最終回のお約束の金色にはならなかったけど、まさかの「ヴァニッシュメントモード!」で光ってるのが金色っぽいか。光子翼で串刺しにするのは何でもアリのマインディエの串刺しへのカウンターだけれど、イェルの翼との対比と取っても良いのかな。

 そして偶然に──いや必然にか、アルティールの右手(#19で大型量子コンピュータ用の送受信デバイスを組み込んでたのは伏線?)が端末に触れたおかげで舞浜サーバーがクラウドに強制接続してシズノを助けに向かった皆をちゃんと舞浜サーバーに回収して、ドヴァールカーはキョウのアルティールだけでなくてトガ機も回収して地球へというあたりも進行の都合上さっくり省略。ムエージェ以下4名の消息が不明なんですが無事ですよねイゾラ司令ーっ(i_i) 他の4名も出撃してたとするとそんなに残存部隊多いんかいとも思うから、単に待機中だと良いなぁ。イゾラが抱いてるピエタは、アークと果たせなかった再会の代わりなんだよねぇ。
 さくっと残存部隊掃討して、キョウちゃんを安心させてあげてちょ>ドヴァールカー

今回の撃墜数(画面で確認できるもののみ)
【アルティール(キョウ+シズノ)】ゴーネ×5(ランチャー)、オーヴァル×3(ランチャー1、ブレード2)って、XORでのオーヴァルの鬱陶しさを思うと、キョウちゃんのありえねー強さに震えるぜ!
 そしてついに、アンチゼーガ・マインディエ撃墜(舞浜シャイニングオーシャンパンチ+光子翼で串刺し)。光子翼のモールドがプラモと同じだったのが嬉しかったなぁ。でもやっぱ、アニメ版の光子翼+パンチ用の握り拳+ホロボルトの「ゼーガペイン拡張キット」付きのアルティールver.2.0.1とか出ないかなぁ。つかアンチゼーガ出して(i_i)
【フリスベルグ(クリス+メイイェン)】ジフェイタス爆破なるも大破。おつかれさまでした。エピローグでも同じ組だけど機体色がオレンジ系なので元ムエージェ機? やっぱ元クリス機のボディパーツを新舞浜サーバーに流用したのかって考えちゃうよなぁ。


 さてこれであと残ってるのは、本命のキョウとシズノ、アビスとシン絡みか。ってまだまだ終わらねぇ(i_i) って、さっさと終わらせる必要もないんだけどね。自分としてはゼーガは10年に一度の大当たりを引いた気分なので。

#26「森羅万象」(AT-X) ◆ #26@AT-X つづき

カミラボ:ゼーガペイン
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン

B000HBJQWAゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)
ビクターエンタテインメント 2006-10-04

by G-Tools
B000HXE2XQゼーガペイン audio drama OUR LAST DAYS
ドラマ
ビクターエンタテインメント 2006-10-25

by G-Tools

|

« ゼーガペイン#26@AT-X | トップページ | 是我痛:物欲の冬 »

ゼーガペイン各話感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/12640776

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン#26 最終決戦:

« ゼーガペイン#26@AT-X | トップページ | 是我痛:物欲の冬 »