« ゼーガペインXOR 単行本 | トップページ | 公演間近×2 »

2007.01.11

時代劇三昧@2007正月。

 今年の正月も時代劇三昧。1/2はテレ東の忠臣蔵、1/3はフジテレビの明智光秀。そして1/7のNHKの風林火山に、勢いで「その時 歴史が動いた」まで。

忠臣蔵 瑤泉院の陰謀
 何故自分から正月のテレ東10時間時代劇を見ようとするとお題が忠臣蔵なのか。以前の「忠臣蔵 決断の時」はホームドラマチャンネルで再放送してますが現在契約外なので見られません。しくしく。上川隆也が浅野内匠頭なのにー。
 しかし今回は何つっても、脚本がジェームス三木(NHK「八代将軍 吉宗」他)、大石内蔵助が北大路欣也(NHK「最後の忠臣蔵」他でも大石)、徳川綱吉が津川雅彦(「八代将軍 吉宗」でも綱吉)、吉良上野介が江守徹で柳沢吉保が高橋英樹(この二人が一緒に風呂に入るなんて濃すぎる)などというキャストでこれは見るしかないって感じで。春田純一も出てましたねー。
 昨年、時代劇専門チャンネルを契約してまで「八代将軍 吉宗」を見ててこれが実に面白かったので(中井貴一の春様は最高でした!)、また六義園でロケしてるなーとか、柳沢(吉宗では榎木孝明・今回は仙石伯耆守役)が柳沢(高橋英樹)に物申してるーとかわやでしたが。
 あーでも役者がしっかりしてて、ジェームス三木の脚本もお約束を踏まえてて、まぁ安心して見られますよね。ただやっぱNHKは衣装に金かけてるんだなぁ(出元は当然受信料)とか、肝心要の瑤泉院の芝居があと一押し欲しいかなぁと個人的には思いましたが。あと瑤泉院の妹の比丘尼が一学という名だったので、吉良家の清水一学と同じかよとか。因みに今回の清水一学は倉田てつを。立ち回りはさすがにアクション経験が生きてましたねー。カメラに背中見せてても格好良い。あと寺坂吉右衛門と瀬尾孫左衛門が並んでるカットを見て、「最後の忠臣蔵」では上川隆也と香川照之だったんだよなーまたこれが良かったんだとか思ってたら、その二人ってNHK「功名が辻」では一豊と 秀吉 六平太じゃんかよって今頃気付いたり。←「功名が辻」は秀吉経験者が多すぎです。いっそ秀吉座談会でもやれば良かったのに。
 瑤泉院から見た、というのが公式サイトによれば 「まったく新しい視点で描いた」 という売りなんだけれど、所詮は浅野側からのいつもの忠臣蔵なので、次に忠臣蔵をやるなら吉良視点での清水義範「上野介の忠臣蔵」を映像化してくれないかなぁ。ていうかNHK木曜時代劇向きかな。

#吉宗というと「功名が辻」最終回の西田敏行の家康と中村梅雀の秀忠は吉宗と家重まんまで笑った(^^;

明智光秀-神に愛されなかった男-
 自分からCX見るなんて珍しいことですよ。上川隆也が織田信長をやるというのでびっくり。公式サイトのインタビューでも、山内一豊からの切り替えが大変だったという話から始まってます。でも上川信長もなかなかにせくしーで良かったですよ(^^) 一豊とは別人な目線の芝居での役者らしさと、本能寺での立ち回りの美しさが良かったなぁ(特に背中が!)。でも「功名が辻」の舘ひろしの信長(こちらも色々な意味で凄かった)も今回の上川信長も本能寺で敦盛がなくって、それは確かに後世の演出なんだけどさー、やっぱベタだけどその様式美を期待して見てる部分って視聴者にはあるんだなぁというのを思い知らされました。また是非大河で上川信長が見たいです。単発じゃ勿体ない。
 主役の明智光秀はNHK「利家とまつ」と「功名が辻」での前田利家こと唐沢寿明だった訳ですが、こちらもこちらで実直な男だなぁと思えて面白かったかも。足利義昭相手に3万の兵を失えば結局は10万の民を苦しめることになると説く場面が良かった。信長を討つ理由も明智視点ならではのものですねぇ。個人的には清水義範「金鯱の夢」での理由が可笑しくって印象強いんですが。
 しかしまー明智視点だとこうなっちゃうのかという秀吉との関係が、確かにこれは切り口としては新鮮でしたわ。秀吉が光秀を武人として認めた折の「引けば見逃す、引かねば斬る」という光秀の言葉を、天王山で秀吉が光秀に言い渡す場面まではまぁ良いんだけど(こういうお約束は好きだ)、でもその後の火縄銃で撃ち合いはさすがにやりすぎだろ(^^; 秀吉は柳葉敏郎。確かにこの顔は秀吉役者だなぁと。こちらも良かったですよ。ということで案外楽しめてしまいました。足利義昭の谷原章介と、森蘭丸の浅利陽介はNHK「新選組!」組でしたねー。問題はこちらも女優だなぁ……。

大河ドラマ「風林火山」
 今年の主役は内野聖陽ですよって、上川隆也に続けて主演で狙い撃ちされてます。#1はなかなかに泥くさいというか渋くてよろしいんじゃないですか。また1年楽しみですよー。千住明+ワルシャワ・フィルの音楽も良い感じですし(^^) 開始前の番宣ではGacktの上杉謙信の紹介のBGMがメタモでしたね。

その時 歴史が動いた
 1/10放送は、第273回 戦国の剣豪、太平を築く~柳生宗矩・「活人剣」の真実~。この映像は「武蔵」だよな、この後姿は西田敏行だから「葵・徳川三代」か? あ、これはどう見ても「柳生十兵衛七番勝負」だ! とか、中村家の反乱って「功名が辻」では一豊の朋友だった割にはナレだけでスルーされてたあれかぁ、とか。何見てるんだか。あ、いえでも「柳生十兵衛七番勝負」での夏八木勲の宗矩の黒幕っぷりが小憎らしいほどだったので、宗矩視点だとこうなるんだーとか面白かったですよ。柳生の中学校で新陰流を教えてるのは良いなぁ。

大河ドラマ&時代劇 登場人物配役事典 お役立ち。

4101303517瑤泉院―忠臣蔵の首謀者・浅野阿久利
湯川 裕光
新潮社 2006-11

by G-Tools
B000KJTLI8風林火山
千住明
東芝EMI 2007-02-28

by G-Tools

|

« ゼーガペインXOR 単行本 | トップページ | 公演間近×2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/13441966

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇三昧@2007正月。:

« ゼーガペインXOR 単行本 | トップページ | 公演間近×2 »