« bpm「クイックドロウ」 | トップページ | ココログメンテとか。 »

2007.01.16

bpm「クイックドロウ」幕間とか

 浅沼晋太郎さんの舞台bpm「クイックドロウ」、幕間とか、周辺の小ネタなど。全体の感想はこちら

 前日ソワレをご覧になっていたベーグルさんから情報を聞いて、いそいそと早めにアプルへ。申し合わせてもいないのに、ご一緒しためぐみさんとは列違いで同じ席番でした。お付き合いくださったお二方と運命の神様ありがとう! で、前後の席で浅沼語りなどしつつ開演を待ち、開演前の諸注意のナレが浅沼さんなのでしっかり聞きましたよ。うろ覚えですが;

「今回の作・演出をしております野田秀樹です。……違います。反省しています。浅沼晋太郎です」 ←あーこの浅沼さんの低めの声音が良いわーとのっけからテンションMAX。
「演出上、案内灯を消す場面があります。緊急時には係員の誘導に従ってください。……もしくは、覚悟してください」 ←この「もしくは」の間の取り方が最高でした! 覚悟は出来てるよ!
「都はるみさん? こちらはアプルです。コマは上です」 ←はいはいはいはい(^^
 あと、音が出るものは切ってくれというのでネタ一つ仕込んであったんだけど、「以前アンジェのイベントでは笑い袋ってネタが」とかってお話してたらその印象で上書きされてしまった……何やっとんじゃ自分。

 そして前説。舞台の上手を見ていたから、下手から出て来られた浅沼さんに気付かず。霧吹きとかブラシとかで身支度しつつなのが可愛い。声掛けはしないでって注意が出てしまうのが何ともはや。で、浅沼さんは出番あまりないからって、それはまぁ残念ですけど仕方ないですよね。えーんでもやっぱり役者としての浅沼さんもたっぷり見たいー。

 今回最前列で拝見したんですが、さすがに最前列からはあの大きなセットは角度的にきつかったです。というのは最前列なんて選んだ方が悪いんで、DVDでベストアングルで見られれば良いなとは思っているのですが。それと、ラストのマイラとビリーのキス寸前というのも、座席の位置によっては全然見えなかったんじゃないのかとも……でも、寸前だと分かれば充分な話なのであって、うわーあと2センチーみたいなとこまで見えてハラハラするのは最前列のお楽しみでしたね(^^ いやもうシュガーかシナモンのどちらかが真横に立たれた時には腰細っ! だし、マイラが目の前に立てば体細っ! だし、載寧さんの5本指のソックスは目の前で拝みましたよん。でもカーテンコールでは角度の都合で浅沼さん見えないーと泣いた(i_i)

 あ。もう一つ泣いて良いですか。WANTEDシート特典のサイン入りパンフレット、楽しみにしてたのに 肝心要の浅沼さんのサインが入ってないんですけど(T_T) まぁ一番お忙しい方だからとは思うんですけど、休憩時にようやく引き換えできて、うきうきと広げたら……ない! という落胆は大きかったですよ。ほんとはパンフのコメントは役者さんご自身のが良かったんだけどなぁ。浅沼さん宛のコメントはアベユーイチさんで、あ、だからメビウスでジャシュラインだったのかぁと。
#そういやケロロ軍曹#143「ケロロ 奇跡!? ケロロの父 であります」での父+ヒッポリト星人ネタもアベユーイチ脚本でしたねぇ。ケロロにも出ないかなー浅沼さん。

 その休憩の前後にちゃんと浅沼さんのお声が聴けたのは良かった。って2幕目前の方は内容飛んでますが。1幕目後のは、 「よーい、どん」 とか、 「解散」 が可愛かったんですけど。そーかそーか収益金の一部は朴さんの愛犬の餌代と、どなたかだったかの赤ちゃんのオムツ代ですか(^^; ただやっぱこうしたお声を聞いてると、キョウちゃんの声ってやっぱ浅沼さんのお声としては相当異質だわという気も改めてしましたよ。

 そういえばマンガ編のエピローグのナレーション(録音を流してた分)が、聞き取り辛かったのが残念。“third way”は「三番目の道」より「第三の道」の方が翻訳調で個人的には好きですがマイラの台詞の時点で「三番目の道」ですからね。って、初日に大山さんの客演が実現していたら、「僕は第三の道を選びます!」とかってネタは……ゼーガペイン#21「戦士たち…」を見てないと分からないから駄目ですかそうですか(^^;

 そしてパンフ別冊の「風のマイラ」良かったですよー是非単行本で読みたいです(^^) ということで、実際にマンガを描いてらしたのはパンフにもお名前のある通り松本茉莉絵さん。単行本のカラー表紙は最前列でも残念ながら殆ど見られませんでしたが、DVDの特典などに収録されると良いなと思ったりしてます。

 パンフといえば、伊勢直弘さんのウエスタン解説も面白く。今回の舞台でのカラミティ・ジェーンはマイラとの対比もあるからあの脚色で正解だと思いました。可愛かったー。西部劇の知識って藤子不二夫ご両名のマンガくらいしかないものの、中でもF先生のT・Pぼん「OK牧場の近所の決闘」が実に良く出来てるんですが、その程度の予備知識でも充分楽しめました。いえそれすらなくても全然OKだったと思いますよーとにかく恰好良くて分かりやすかったですもん(^^)

 マリナビ!:自分との…眠気との…戦いだ…にて井上麻里奈さんが 「いつか浅沼さんの書くお芝居出てみたいです…!!」 と書かれているのだけれど、ならばやはりゼーガの舞台を見てみたいですよ。そういえば「ゼーガペイン」スタッフ一同からお花届いてましたね。バンダイビジュアルからも届いてましたけど、ゼーガにもっと予算下さいとかって手を合わせてしまったりして。←ぉぃぉぃ

 更に余談ながら、13日ソワレには富野由悠季監督がおいでだったとか。客演が福山潤さんだったので、その関係でのご招待だったのでしょうか。楽屋で浅沼さん相手に何だかんだ言われてると良いけどな。富野監督に手厳しいお言葉を頂戴したのなら認められたことになるもので。……というか、次の富野作品で是非とも浅沼さん使ってくださいよーえぇ仕事しまっせ! 富野学校は役者の鍛え方が素晴らしいので、是非揉まれて欲しいとも思うのですよ。今でも充分良い役者なんですけどね、更に突き抜けて欲しいのですよ(^^)

浅沼晋太郎さんすぺしゃる

|

« bpm「クイックドロウ」 | トップページ | ココログメンテとか。 »

浅沼晋太郎」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/13516129

この記事へのトラックバック一覧です: bpm「クイックドロウ」幕間とか:

« bpm「クイックドロウ」 | トップページ | ココログメンテとか。 »