« 《RELAX》第12回公演 絹の龍~シルクドラゴン~ 初日 | トップページ | 《RELAX》第12回公演 絹の龍 本物と偽物 »

2007.01.22

《RELAX》第12回公演 絹の龍 資料編

 《RELAX》第12回公演「絹の龍~シルクドラゴン~」、1/21にて終演となりました。皆様おつかれさまでした。初見感想はこちらです。

 今回の舞台の資料編というか、とりあえずぶっくまーく+短くキャラ所感。Wikipediaが手軽なのでどうしても多くなりましたが、ここはあくまでindexに留めて、複数のソースを渡り歩くのをお勧めします。或いは、2/11-12放送の李香蘭:テレビ東京を待つのが手っ取り早いかも知れませんが(^x^;

【里見甫】
 まず本を読んでみたいのは、戸部公爾さんの奔放な演技が印象的だった里見。夏目羽純さんがハマリ役だった純のモデルと思われる「男装の麗人」や「怪しい秘書」も気になるところ。

書籍紹介「其の逝く処を知らず」「阿片王」
銅大の読書日記 2006年05月:05月25日『其の逝く処を知らず 阿片王・里見甫の生涯』西木正明
佐野眞一『阿片王 満州の夜と霧』評者・松原隆一郎(asahi.com)
佐野眞一『阿片王』評者・多田則明(世界日報)

4087744450其の逝く処を知らず―阿片王里見甫の生涯
西木 正明
集英社 2001-07

by G-Tools
4104369039阿片王 満州の夜と霧
佐野 眞一
新潮社 2005-07-28

by G-Tools

【満州国】
 映画「ラストエンペラー」を見るか、安彦良和「虹色のトロツキー」を読んでいると、今回の舞台は色々と分かりやすかった、らしい。自分は「ラストエンペラー」は自転車のシーンくらいしか覚えていないが、阿片漬けの婉容とか溥儀のその後とかは知ってたのは「その時」か何かで見てたんだろうか。川島芳子もそういう人が居たなと。
 しかしまぁ今回の舞台で惚れ直した久保克夫さんの皇帝陛下と、新人とは思えなかった藤田昌代さんの婉容(この人は実名ママですね)と、実に恰好良かったおぉじのりこさんの川口芳でイメージ固定しちゃいそうな勢いでした。
 鶴巻健太郎さんの、ただ一人和装の袴姿でのきびきびした動きが気持良かった「はち」こと小林八郎までは調べが行き着かず。さすがに小山瞳さんのルーチュは創作なんだろうけど、ここもまだ掘り返す余地があるのかなぁ。

満州 - Wikipedia
満州国 - Wikipedia
ラストエンペラー - Wikipedia
虹色のトロツキー - Wikipedia
NHK「その時 歴史が動いた」第81回 ラストエンペラー最後の日~「満州国」と皇帝・溥儀~

愛新覚羅溥儀 - Wikipedia
婉容 - Wikipedia
川島芳子 - Wikipedia

B0001CSB80ラストエンペラー
ベルナルド・ベルトルッチ ジョン・ローン ジョアン・チェン
松竹 2004-11-25

by G-Tools
4122036240虹色のトロツキー (1)
安彦 良和
中央公論新社 2000-03

by G-Tools

【満映】
 遊佐未森「檸檬」(HMV:試聴可)→「夜来香」「蘇州夜曲」→李香蘭、という流れで本名は山口淑子というところまでは何とか知っていたものの、後はそういう名前の人が居たなぁというレベルでした。
 今回の舞台はフィクションとしてのリアリティを追求した風なので、実在の人物はさておいて、飛田展男さんの所長さんこと甘越和彦をはじめとする撮影所の面々を楽しむが吉かと。前回に引き続き歌姫・永木貴依子さんの李香花は素晴らしかった! 福田さんと岡田さんのダブル真也(牧田光雄+内川吐夢)の掛け合いも楽しかったですね。
 具体的なモデルまで行き着かなかったんですが、福岡夕香さんの佐藤すみ子は控えめなのに大胆でお茶目な女性。斉藤あんりさんの王玉麗も歌と舞とで負けずの熱演。豊崎久美子さんの高明梅も可愛かったー(^^) あと個人的に白井大介さんの演じた脚本家・白志嬰が結構お気に入りだったり。

満洲映画協会 - Wikipedia
「満州映画協会の役割とその影響」(大場さやか)
甘粕正彦 - Wikipedia 辞世の句がなかなかに。
劇団21世紀FOX 第55回公演 紫煙倶楽部の(完全)犯罪 EMIさん作・「甘越正彦」が登場。

4480420398 4582765882 4062132001
甘粕大尉
角田 房子
筑摩書房 2005-02-09

by G-Tools
幻のキネマ満映 甘粕正彦と活動屋群像
山口 猛
平凡社 2006-09-12

by G-Tools
満州裏史―甘粕正彦と岸信介が背負ったもの
太田 尚樹
講談社 2005-11

by G-Tools

マキノ光雄 - Wikipedia
内田吐夢 - Wikipedia

山口淑子 - Wikipedia
☆山口(大鷹)淑子(李香蘭=りこうらん/リィ・シャン・ラン)☆
李香蘭:テレビ東京 2/11(日)・12(月)20:54放送 何とタイムリーな。李香蘭は上戸彩、甘粕は中村獅童、川島芳子は菊川怜。

 今回の舞台でも映画の劇中歌として歌われた「蘇州夜曲」は、長谷川一夫・李香蘭主演の1940年の東宝映画「支那の夜」の主題歌。

日本映画史横断2 歌謡・ミュージカル映画名作選(東京国立近代美術館フィルムセンター) 1/24(水)に「支那の夜」を上映  こちらも何とタイムリーな。
孤独な散歩者の戯言: 今年最初に観た映画 「支那の夜」について
B級映画館「支那の夜」

【歌】
何日君再来 - Wikipedia
心声 ~中国語で語る心の声 : 『何日君再来』歌と歌詞と単語解釈
心声 ~中国語で語る心の声 : 『夜来香』歌詞とテレサテンの歌を聴く
shanghai 1930:蘇州夜曲 CDリストとか
天翔艦隊:蘇州夜曲 (MIDI鳴ります)
天翔艦隊:戦友 (MIDI鳴ります)
戦争責任について:軍歌を歌う (MIDI鳴ります) 「戦友」について

【麻雀】
入門編~麻雀のルールと基本講座~初心者のための麻雀講座 麻雀ってそもそも何よ、から書いてくれているのは嬉しい。
Maru-Jan麻雀入門
麻雀用語一覧 - Wikipedia

 何か無知を晒してる面もありますが、でもここまで細かく知らなくても充分面白かったです。寧ろ知らなかったからこそフィクションとして楽しめた部分も大きいかなと。
 満州国の成立については義務教育の範囲とはいえ、これらのことを知れば知ったで史実について更に理解が深まる面もありますので、興味のある方は是非色々読んでみてください。

 ←絹の龍 初見感想 ◆ 絹の龍 本物と偽物

|

« 《RELAX》第12回公演 絹の龍~シルクドラゴン~ 初日 | トップページ | 《RELAX》第12回公演 絹の龍 本物と偽物 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/13614372

この記事へのトラックバック一覧です: 《RELAX》第12回公演 絹の龍 資料編:

« 《RELAX》第12回公演 絹の龍~シルクドラゴン~ 初日 | トップページ | 《RELAX》第12回公演 絹の龍 本物と偽物 »