« ゼーガペイン再放送@AT-X | トップページ | 時代劇三昧@2007正月。 »

2007.01.07

ゼーガペインXOR 単行本

 バンダイナムコゲームスの情報誌「SideB・N」で連載された、コミック版「ゼーガペインXOR」。一応連載分は2話から最終話まで読んでたんですが、発売なりました単行本でエピローグ追加ということで。ネタバレあり。

 あとがきにもありますが、やはりサラが本筋かと思うのでこのまとめ方で正解かと。XORのゲーム本編よりはアニメ版に擦り寄ったアレンジになっていることもあり、分かりやすくなっていると思います。とはいえ自分の場合、アニメ版→コミック版XOR(これ)→ゲーム版XORと追ってるので情報の蓄積は大きいんですが。トガ・デュープってどうして出てきたのとかはコミック版では軽く流されてますが、トガ(とサラ)の物語としてはコンパクトにまとまっているかなと。ミオの立ち位置も分かりやすいし。

●第7話 魂の居場所
 ミオがガルズオルムの自滅プログラムウイルスによってデータ感染を受けていると判明。軌道上からの正確な攻撃もそのためだった。ミオのフリスベルグはヴァニッシュメントモードを発動したため、トガ機によってドヴァールカーから引き離した上でトガたちを転送回収することになる。だがミオの転送は不可能。トガがサラを選んだことで居場所をなくしたと思うミオにトガは必死で呼びかけるが、その目の前でフリスベルグは自爆した。

 ゲーム版だと11面前半がトガ+ミオで強制出撃中(ってスパロボ用語か?)にミオに異変発生。データ汚染を受けていると判明したミオを強制転送して後半はリアシートは強制的にサラに乗せ替え。これはゲームのシステムに依存してる部分が大きいと見えるので、トガ+サラをメインに据える物語として編集したコミック版の流れの方が自然な印象。

●第8話 未来への道標
 ミオを見殺しにしてまで、この戦いに未来はあるのか。サラはトガを腑抜けたと再び叩く。サラはトガを詰りつつ「死ぬときは一緒だ……って約束したんだ──お前と!」と涙ながらに口にする。そしてガルズオルムの巨大ポータルが発見され、その稼動時の影響による幻体の全滅を回避するべく、ドヴァールカーは単艦でのポータル撃破を敢行する。

 トガとイゾラの会話はアニメ版#21を踏まえてる印象(ゲーム版にこういう会話があったかどうか記憶にないだけかも)。ポータルの話は11面→12面で出てくるので知っていても、そこからゲーム版最終の15面に飛んでる模様なのでここからは未知の世界。トガ+サラだけでなくイゾラとムエージェまで良いムードなので、イゾラ司令に気があるソーはおかんむり。というのもゲーム版準拠なのでこれはこれで良し。この単艦行動がアニメ版最終決戦でもクラウド攻略という形になっているのかと。

●最終話 奇跡を待つ宇宙(ソラ)
 ポータル撃破の最終決戦。って筋はとりあえずこれだけで。トガっちがイカレてる本性全開でサラとのコンビも絶好調でイイカンジです。いきなりホロボルト出してるトガ機はコミック版ならではなんだろうなぁ。メイヴェルのソー評も楽しい。アニメ版のメイヴェルは別バージョンだよー!とXORが先だと思うのだけれど、この単行本で初めてXORのメイヴェルを知った人はやはり違和感を感じるらしく。でもXORの方がデフォルトですから! アニメの#21でトガ+サラだったので、そっかちゃんと縒りを戻したか、良し良しとか思ってたら、#22と#26でトガ+メイヴェルだったので、何でメイヴェルENDなんだよぉぉとか思ってしまいましたよ。なのでコミック版のオチはエピローグも含めて自分的にはこれで良し。うん。こうでなくてはね。


 単行本で読み直してて、トガ機=アルティールと明記されているのにあれっと。連載分を見直してみたら、これは単行本での台詞の手直しですね。やっぱアルティールはエース機という扱いで良いのかな。ドラマCDのep1で、ルーシェンはクロシオと同じガルダゼロだけど、キョウは最初(#20)からアルティールだし。──そっかそうだよな、エース=撃墜王とは限らないんだよな。一年戦争の撃墜王はシャアでもアムロでもないんだしさ(そこへ振るか)。復元者とか強敵を相手にしてると撃墜数は稼げないということは本編の撃墜数リストが証明してるし。いやそれでも落とす人は落とすんだけど。

 アルティールの件以外は、エピローグ加筆分以外は特に加筆修正はなかったと思います。あと判形が微妙に違うので、ページの端が断ち切られているのが残念。ぐるぐるお目々のディータとか、ソーの台詞とか切れちゃってます。

 あと単行本でのおまけが巻頭のカラーページでのゲーム版(XOR+NOT)とアニメ版の解説。カラーページでアニメ版#01アバンとXORの冒頭がどちらも月面サーバー攻略作戦だと明記されたので、これで確定かなと。メイイェンのカラー設定が本編と色違いで未決定稿みたいですね。本編連載分後のあとがき1pもアニメ版のキャラだったのが何か嬉しい。つかこれ見て自分ほんとにキョウちゃんと生徒会長が好きなんだなぁって思った(^^; クリスも泣かせますが。その後にエピローグ加筆があって、巻末カラーページで関連グッズの紹介あり。次は発売延期を繰り返したアンソロですねぇ。表紙がキョウちゃんとAI3人なのが嬉しい。つかもっと良い扱いでも良いはずなのになぁ、あんなに良い主人公なんだから。って寝かせてたらもうこちらも発売されましたが。

 そして地味だけどあとがきの後ろの用語集に、アニメ公式の用語集にはない「QL」の項目が追加されてます。ただデフテラ領域は「半円形」ではなく「半球形」が妥当ではないかと。二次元じゃないんだから。ってこれは公式からそのままかい! 「人格」ではなくて「AI人格」じゃないの、というのも公式ママだけど。とほほ。

ゼーガペインXOR#06@SideB・N

Xbox Live The Party: Xbox Live the Party を振り返る!#04 ムエージェ役の緑川光さん色々。

サンライズ公式
ZEGAPAIN XOR公式
Xbox360用ゲームソフト「ゼーガペインXOR」(ゼーガペイン公式サイト中)
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン
カミラボ:ゼーガペイン web拍手お礼画面のリセット小ネタ更新しました。今回はリョーコ絡み3本です。

B000FMJLEEゼーガペイン XOR
バンダイ 2006-07-27

by G-Tools
4840237018ゼーガペインXOR
角川(メディアワークス) 2006-12-16

by G-Tools

|

« ゼーガペイン再放送@AT-X | トップページ | 時代劇三昧@2007正月。 »

ゼーガペイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/13372218

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペインXOR 単行本:

« ゼーガペイン再放送@AT-X | トップページ | 時代劇三昧@2007正月。 »