« ドレイク&ジョシュ #13-14 | トップページ | ドレイク&ジョシュ #17-18 »

2007.07.02

ドレイク&ジョシュ #15-16

 ニコロデオンで待望の新作が放送開始のドレイク&ジョシュ、#15-16の感想。
 平日帯はこの#16まででリセット→また#01からやりなおしの無限ループ中です。

●#15 (209) Driver's License
●#16 (210) Mean Teacher
 ドレイクの受難とようやく報われたかジョシュ編。

 #15 "Driver's License" は、二人が16歳になったので運転免許を取る話。因みに#05の時点で15歳でした。向こうのWikipediaで誕生日の設定はあるみたいですが(ジョシュが2/23、ドレイクが3/6って二人とも魚座か)、誕生年が混乱している模様。ま、Wikipediaだしなぁ。
 基本的にはドレイク贔屓で見てるんだけど、あまりにもドレイクがちょーすいとるもんやから、心情的にはジョシュに肩入れする場面も多く。この話はそれが顕著かなー。あとこの回も#14 "Blues Brothers" 同様本放送45分→再放送で30分に短縮になっているそうです。

カリフォルニア州での運転免許の取り方 16歳で(日本で言う)普通免許が取れるというのがお国柄。日本じゃ原付と小特と普通二輪しか取れないもんね、キョウちゃん。

 免許の勉強にジョシュは教本、ドレイクはゲーム。バルーンハントのコントローラーの色を巡って、「いつも僕のを欲しがるんだから!」というジョシュの台詞も伏線っぽい感じ。同い年の兄弟に打ち解けてきたドレイクがジョシュに甘えるようになったんだなとも読めるけど。「らーらーら♪」ってジョシュの非難を聞いちゃいないドレイクと、結局、同レベルでやりあって取っ組み合いになるジョシュが可笑しい。

 二人の試験勉強を手伝おうというパパは良いんだが、それに乗っかるメーガンは相変わらずの暴走っぷり。「何で可愛くて良い子は、早く、死ぬの」も可笑しいけど、「はーい次は俺が轢くー」って兄貴がまた。メーガンが仕返しに、舐めた指をドレイクの耳に突っ込むのが、とっても嫌そうで可愛い……ってごめんよドレイク。水鉄砲の雷雨に「どこだワイパー!」ってのも楽しい。
 試験の様子もそれぞれに可笑しいんだけれど、ジョシュは合格、ドレイクは不合格という展開に。それをメーガンにからかわれたからって、ドレイクがサンドイッチを投げつけるのはいただけませんが。食べ物を粗末にせんでくれ。

 ジョシュに「世の中顔が良いとかイケてるとかってだけじゃ渡っていけないんだよ」と言われたドレイクが無言で向ける顔が何とも可笑しい。「あぁそうだね、君ならやっていけるさ!」──だがジョシュも速攻で違反切符を切られてしまう。警官に「何もしてない」とわめくジョシュの横で『ダメだこりゃ』的に目蓋を伏せてるドレイクの横顔がクールで良いなぁ。ミランダ条項を並べて伏せるジョシュはドラマの見すぎだ。「シャツ汚れちまったな」と払ってくれるドレイクは優しいんだけれど(またこの声が良いの!)ジョシュはそれどころではない。「何かで読んだ」「君が読むはずない」ってやりとりも楽しいんだけれど。

 このままではパパに免許を取り上げられてしまう。免許を破こうとするジョシュが可笑しいんだけれど、「ジョシュ筋トレでもした方が良いんじゃね?」って笑いながら言ってるドレイクも可笑しい。浅沼晋太郎さんこういう芝居巧いよね。
 黙っていればバレないっていうのはドレイクのお約束だけど、ジョシュは役に立たない日焼けマシンに使ったから貯金はないって……#07 "Guiter" でのアレですか。で、ドレイクが代わりに罰金を出してくれるんだが、この後のドレイクは調子に乗りすぎ。デニスをナンパするあたりの調子の良さは可笑しいんだけれどもさ。2回目の切符は2枚というあたりのやりとりは原語が英語らしい言い回しだけれど、この回2回目の二人の取っ組み合いが可笑しい。「タコスの時間だ!」で免許可愛さにドレイクに折れちゃったんだけれど、#06 "Dune Buggy" と合わせての教訓にしなさいよジョシュ。あんた良い子なんだから。

 ところでドレイクが買ってた、ゼーガペイン・アルティールみたいな綺麗なライトグリーンの魚は「日本のファイティングフィッシュ(Japanese fighting fish)」だそうだけど何だろう。闘魚? ドレイクは#03 "Two Idiots and a Baby" では居間の水槽に落ちた電話より魚を心配してたりしましたが。あれは "All the baby!" "All the FISH!" ってネタでしたけど。
 あとEDでのトレバーのこぶの話が何気にホラー。つか#11 "Football" でトレバーが車で来てるから一緒に帰ろうとかってドレイクが言ってたよな、あのトレバーでも免許取れるってのにドレイク……頑張れよ。


 #16 "Mean Teacher" 、OPの絵の順序が微妙に変わってキャスト表記もDrake Bellが筆頭に来てます。何かこの回は妙に好きだなぁ。あのドレイクが調子狂いっぱなしで可笑しいというか。浅沼さんの芝居としては、ゼーガペインのドラマCDのep2でカミナギに振り回されてるキョウちゃんに近いというのが説明としては良いのかな。お話としては、超光戦士シャンゼリオン#24「人生最悪のナンパ」を思い出したのだけれど。

 今回の話の軸は3つ。
●恐怖の笑い女ケリーと別れようとするドレイク
●徹底的にドレイクに意地悪なハイファー先生(実はケリーの母)→タイトル
●ジョシュに幸運をもたらす「魔法のシャツ」
 これらがきっちり絡んでいる脚本が面白いのかな。最後のネタでありえなさ倍増だけど。

 教室でジョシュのシャツを見たドレイクの愕然とする顔が可笑しい。凄い柄のそのシャツは、おばあちゃんからジョシュへのプレゼント。発売3ヶ月前のゲームボールといい、あのばーちゃんほんとに何者。そこへ「あー参った。ケリーからメールだわ(↓)」とテンションの低いドレイクの声が妙に良い。ウッドペッカーみたいなケリーの笑いの真似、Drake Bellより浅沼さんの方が高い感じなのはケリーの吹き替えの女優さんの声に合わせてるのか。

 メーガンはピッチングマシン(?)を入手してトマトをぶつけてやろうとジョシュを待つが、幸運のシャツを着ていてラッキー続きのジョシュには当たらない。前回の免許といい、日頃の行いがようやく報われたのかジョシュ。良かったね(i_i) 一方ケリーとデートして帰宅したドレイクは「ちょー悲惨。今すぐケリーん家に行って、早いとこ終わらせてくるわ!」と出て行く。何か今回ドレイクの台詞の語尾の「わ」が妙に耳に残るなぁ。しかし「彼女と別れてくる」という息子に「楽しんで」と答えるママはさすがドレイクの母親というか何というか。メーガンの残したリモコンでしっかりトマトが当たってましたが。ジョシュがパパに呼ばれて見に行った「OR」は「ER」のパロですね。

 ケリーの家の前で「俺軍に入るんだ。……海軍?」てのは "join in army. ...navy?" という原語。サンディエゴは軍港があるから海軍だろうなぁ。でもいくら海軍が人手不足でも、免許も取れずにやっていけるほど甘くはないぞ。あーでもそのマジな声は素直に恰好良いのよ! 家を出る際には啖呵を切ってたのに、ハイファー先生とケリーとのやりとりでのドレイクはほんと弱腰で、この演技の振れ幅が大きくて可笑しい。やってて楽しかっただろうなぁ浅沼さん。

 後ろの席のジョシュと喋ってたら怒られて「はいママ……先生」ってのは、 "mom...Ma'am" という原語の妙。娘のケリーを振ったら夏期講習だというハイファー先生、教室のドアの鍵閉めるなんてパワハラですよ。結婚式の妄想でジョシュがあのシャツを着ているのが細かくて可笑しいんだけれど、泣きそうなドレイクの「誓いますぅ」が可愛い。原語は原語でまた面白い。

 ならケリーにドレイクを振らせれば良いというジョシュだが、その作戦は失敗。ケリーからの電話に「ぅゎあーもー我慢できねぇよ! 今日の夜ぜってぇ別れてやる!」ってわめいてるドレイクが可笑しい(他は「絶対」なのにここは「ぜってぇ」と崩れてる)。留守電のドレイクの声も良かったんだけど、兄弟の部屋は専用固定回線なのか(キッチンやガレージの電話は一緒くたなのにね)。そういや#10 "Pool Shark" でのダーツが道路標識に替わってた。

 ケリーの友人で、ゲームとマジックが好きなモデルだというジョシュの理想の女の子アリソンを加えてのダブルデートに、あのシャツを着ていくというジョシュ。ピンと来たドレイクはその幸運は俺に必要だと、シャツをジョシュと取り合うが袖が千切れてしまう。「お前の人生そんないいもんか」ってのは何気に酷いよドレイク。

 ダブルデートの席でシャツをばらばらに着ていても調子は外れるばかり、「喧嘩はよそう、上手くやろうぜ」と仕切るドレイクの兄貴っぷりが良い。まず5分シャツを借りたドレイク(袖を合わせてるとこの二人の声が何か面白い)。そしたらケリーから別れ話が! 「ハぁグしろ、兄弟!」って飛びついて抱きついてるドレイクが可愛すぎ。「幸運祈ってんぜ!」って出て行くドレイク喜びすぎ。一方シャツを着たジョシュにはアリソンから熱烈なキスとこちらも上手く行きすぎ。#02 "Believe me, Brother" でファーストキスを神に感謝してたのも可愛かったが、このジョシュの有頂天っぷりも可愛いよー。芝居の振れ幅はジョシュも大きいんだけど、内田泰喜さんの芝居も良いですよね。しかしジョシュは一方的にキスされるばっかりだなー、ジョシュの方からキスできる日はくるのか? 最初の相手がドレイクだったら笑うぞ(^^;

 だが、あのシャツがある限りジョシュにはトマトも電気椅子(これはもう犯罪の域)も効かないからと、メーガンがシャツを寄付してしまう。ママの前では良い子なんだけれど、兄弟を振り向く顔が恐いよメーガン。ジョシュの方から「幸運のシャツなんかじゃなかったんだ」とあっさり諦めるのが、男らしくて良いなぁ。一緒になってシャツを探してメーガン追いかけてたドレイクもちゃんと調子合わせてくれるのが良い。でもほんとにアレは魔法のシャツだったんだよーってオチなんだけれど、あのシャツなくなっちゃったから日本語版がここで中断されたんじゃんかよというのが視聴者の嘆き。しくしく。

日本語版「ドレイク&ジョシュ」放映リスト

 ←ドレイク&ジョシュ#13-14 ◆ ドレイク&ジョシュ #17-18

|

« ドレイク&ジョシュ #13-14 | トップページ | ドレイク&ジョシュ #17-18 »

ドレイク&ジョシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/15632088

この記事へのトラックバック一覧です: ドレイク&ジョシュ #15-16:

« ドレイク&ジョシュ #13-14 | トップページ | ドレイク&ジョシュ #17-18 »