« 是我痛:Show Timeで無料配信 | トップページ | ムシウタ#05「巡リ合ウ夢」 »

2007.08.06

ムシウタ#04「砕ケ散ル夢」

 浅沼晋太郎さんの3本目の主演作「ムシウタ」。浅沼さんのかっこうのヒーロー声が恰好良すぎて色っぽくて、もうくらくらですよ。今回のかっこうの言動ときたら、全くどこまでツボというツボを撃ち抜いていってくれるんですか貴方という人は。

 原作未読組としては、そうかこれは裏「X-MEN」なのかとようやく分かったりして。wowow公式のインタビュー動画で、浅沼さんが挙げられていたアメコミの中に名前あったかな? この手の作品では筆頭なんだけど。また見直そう。あの動画の浅沼さんはメガネっ子だし(^^)

●今回の解説
 さすがに#04まで来たんで設定解説回。全編ほぼ戦闘ってことで今回はかっこうモードだけで大助モードなし。でもかっこうが恰好良いから良いの。お約束の絵なんだけど、銃構えて成虫の胴体駆け上がってくあたりのカットとか好きだー。

▼虫憑きは虫を殺されると、感情も思考も持たぬ欠落者となる。
 思考までなくなるというのは、リセット後に入院してた舞浜のカミナギ相当か。←だから(以下略)
 意識を失えば植物状態なんだけど単に作品専用の用語を使っているだけなのかな。

▼虫が宿主の夢を喰い尽すと成虫化し、宿主はその虫に殺されてしまう。
 センティの百足さんが今回成虫化。ってまさに絵に描いた化け物でしたが。
 取り込まれてしまったセンティはこのままでは死ぬってことで、かっこうが彼を救うために成虫を殺すのに、レイディーに共闘を申し出る。だが彼は奮戦するも倒れてしまう。
 虫が殺されれば欠落者になるのでレイディーは当初彼の言葉を受け入れられずに居るが、「生きてさえいれば、いつか必ず戻れる!」というかっこうの一言で(これがまたえらく恰好良い)、レイディーが止めをさすことに。
 で、成虫はそう簡単には死なないらしいんで、センティを救い出してしばらくは意識のあった彼と話していたものの、成虫が死んでしまうと同時に欠落者に。「必ず戻してあげるから」とレイディーは走り出すが、その方法を彼女が知っているはずもなく。

▼特環さんの量産機部隊(違)に吹いた。
 つか虫憑きって相当特殊な存在かと思ってたんで、量産機部隊なんてアリ? みたいな。レイディーのナナホシが巨大メダロットかよっとか思っちゃうんで、この量産機部隊はセレクト隊かとか。仮面に角生やしてるむしばねがロボロボ団に見えてきたロボ(^^; それなら大助がヒカル兄ちゃんなのか。あさみはアリカだとしても肝心のイッキが居らんな。アニメダ(無印)好きだー。

▼でもかっこうの虫は違うし。
 銃と融合するだけならともかく今回は顔まで半身巣くっちゃってましたけど。ぅゎー。
 てか#01でもせいぜい肩までで、ここまでは来てなかったよなぁ。

●男の子と女の子
 今回は大助と詩歌のお話はお休み。大助はかっこうで忙しいし、詩歌は小さい子と一緒で忙しいし。

【センティ】 とにかくレイディーを守りたい。でもその夢を食い尽くされてしまう。
【レイディー】 自分を守ってくれるセンティは救いたい。悪の手先のかっこうは殺したい。あぁ分かりやすい。でも仮面とマントをどこから出したのかは分からない。
【みんみん】 こちらもかっこうを殺したい。#01だと土師に気があるそぶりもあるんだけれど(かっこうは直球で「お前が俺を嫌い」だと言ってくれてるが(^^;)、土師とかっこうの間に割り込むなんてそう簡単にできるはずはなく。かっこうに実力行使に及んでしまうも、かっこうを殺してしまっては土師とは決定的に決別することになる。ということで、かっこうと土師の居ないむしばねに寝返るしかなくなってしまう。
【かっこう】 鬱陶しいと思っていたみんみんに襲われて「仏頂面のかっこう君が良い顔になった」と、仮面を一枚はがされてしまう。レイディー個人に対して特に抱く感情はなさそうだが、「だからお前は弱い」と言った際の声音には、実力に認識が伴わない彼女に対する苛立ちが見える。
【詩歌】 むしばねのモスキートと出会って、土師の指示で柊子が示した東出口へ向かう。基本的にはとても優しいお嬢さん。

●裏「X-MEN」
 ねずみ小僧の昔からヒーローというのは「弱きを助け強きを挫く」ものなのですよ。「X-MEN」の場合も、力を持つが故に体制によって追われる者たちが、力を持たぬ弱き者のために自分達の力を使おうという鉄板の図式がある訳です。

 で、ムシウタではどうかというと、こう見える訳で。

【むしばね】 虫憑きであるが故に体制に追われながらも、更に弱い立場に追い込まれる虫憑きを助けて仲間に加えることで、自分達の居場所を確保しようとする。

【特環】 体制の管理下にある虫憑きが管理下にない虫を駆除することで社会の治安を守ろうとする体制の実働部隊。

 ということは、既存の文法ではむしばねがヒーローで、特環が悪役になるのだろうというところ。むしばねのレイディーが主人公なら、特環のかっこうは悪の権化だぞ(^^; それはそれで見てみたい気もするが。でもこの物語の主人公はレイディーではなくて、かっこうなんですよねぇ。
 組織的な背景はおいとくとして、#03-04でのかっこうの描かれ方というのはやはりヒーローなのですよ。うわっこの人なんて良い人なのっ恰好良いー(^Q^)と、主人公を追いかけてる視線ではかっこうがきっちりヒーローに見える。「視聴者の感情移入の先は正義の味方である主人公」というテレビアニメの文法に則った演出がなされている訳です。既存の二つの文法がねじれた構造になっているというのは、面白い所ではあるのかな。

 土師の言った「はじまりの三匹」を殲滅すれば元の平穏な国に戻るという文言が正しいのなら、かっこうの行動が正論に基づくものだと裏打ちされることになる。すると対峙するレイディーはどうも近視眼的に見えてしまって、相対的に小物になってしまう。レイディーにも一部の理はあり、とするのなら、特環のやっていることは正しいにしてもやり方があまりに非道だという描き方でないとなぁとは思うのだけれど、先のかっこうのヒーロー性のおかげもあって、それほど酷くは見えない。寧ろこれで妥当だと見えてしまう。
 レイディー的には良いのかなぁこれで。センティのことがあるにしても、劇中で「欠落者でありながらガーデンを脱走した(欠落者でなくなった)ふゆほたる」という存在が示されているので、かっこうの「生きてさえいれば」という台詞に拠り所が出来てしまって、やはりかっこうの方が正しいと見えてしまうんだ。

 ま、かっこうが主人公なので、物語的にはかっこうがレイディーを救えたら良いんだろうなぁとも思うのだけれど、ヒロインは詩歌のはずなんだよなぁ。

●土師とかっこう
 特環局員を次々と欠落者にしていく成虫に襲われそうになった土師を、間一髪で助けるかっこうの登場はヒーロー以外の何者でもねぇよ(^Q^) みんみんが以前からむしばねに通じていたと土師に聞かされたかっこうが「俺も裏切りたくなってきた」と言うのは、何故自分に知らせなかったのかという土師への嫌味も含まれてるのか。でも多分土師は自分が処理できることは、かっこうに負担をかけてやりたくないって思ったんだろうなぁ。彼は普通の人間でありながら、成虫に自ら銃を向けたというのもきっとそう。自分が手を汚すことを厭う訳ではなくて。良い人だ。でも自分の手に余ることは、きっちりかっこうに任せちゃうけど。だってそれは、彼になら任せられるから。

 成虫の死を見取って「悲しきナイトの結末か」と言う土師に「終わりじゃ、ないさ」とかっこうが答えてるあたり、台詞も良いんだけれど、ぼろぼろになって地面に仰向けに倒れたまま、冷たい冬の雨に打たれるままだというのが、何かもうありとあらゆる観点でツボ過ぎる。やばいくらいにツボ過ぎる。浅沼さんのお声が色気ありすぎてツボ過ぎる。柊子に足蹴にされたりして「遊んでるな」とかって一々言い返してる(でも言い返すだけ)というのも可愛くってツボ過ぎる。かっこうだろうと大助だろうと、いじられ属性からは逃れられないのか。萌え。

黒猫型異星人ファン倶楽部 - アニメ・ムシウタ 第4話 感想 -
 原作既読組の方。すみませんやはりネタバレ回避のために後であらためてじっくり拝見しますのでぶっくまーくさせてください(_o_)

#03「夢ノ虜タチ」 ◆ #05「巡リ合ウ夢」

ブログ村:ムシウタ(アニメ)

B000RZI9GAthe Sneaker (ザ・スニーカー) 2007年 08月号 [雑誌]
角川書店 2007-06-30

by G-Tools
B000R5OP5Oムシウタ
赤月
バンダイビジュアル 2007-07-27

by G-Tools

|

« 是我痛:Show Timeで無料配信 | トップページ | ムシウタ#05「巡リ合ウ夢」 »

ムシウタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/16024419

この記事へのトラックバック一覧です: ムシウタ#04「砕ケ散ル夢」:

» アニメ・ムシウタ 第4話 感想 [黒猫型異星人ファン倶楽部]
「砕ケ散ル夢」  なぜでしょう? 回を重ねるごとにおもしろくなくなっている気がします。これは00、01〜09、bug1st〜5th、ザ・スニを読んでいてシリーズ全体の文脈から読む01と、その01の改変版としてのアニメという観... [続きを読む]

受信: 2007.08.06 17:30

« 是我痛:Show Timeで無料配信 | トップページ | ムシウタ#05「巡リ合ウ夢」 »