« ムシウタ#10「スレ違ウ夢」 | トップページ | 9/28の待ち時間 »

2007.09.27

かみかり#24-25「すっかり別人メガネっ子だしー」

 別人メガネっ子がラスボス化してしまった「かみちゃまかりん」は、いよいよ9/28で最終回。

 原作者のコゲどんぼ先生のblogでも触れられてますが、テレ東公式に出てるDVD4巻のジャケットが、セクシー黒服メガネっ子 ですよ。

 って兄さん何やってんの! 制服の冬服のシャツの襟元をちょっとはだけただけなのに何なのよこのヤバさは。いいぞーもっとやれー(^Q^) ちっこいニュクスも可愛いー。つか1巻の花鈴と2巻の和音が神化してるのにキリオはメガネっ子のままだというのが。
 因みに4巻は#11(覗き見メガネっ子)、#12(ゾンビメガネっ子)、#13(買い物メガネっ子・妃路の誕生日で正装メガネっ子も良い!)、#14(渚のメガネっ子)の4話収録ということで、メガネっ子分も存分に補給できます。浅沼晋太郎さんてばどんどん絶好調ですよー(^-^)

 にしてもその記事で紹介されてるんですが、1時間45分でアフレコ終了とは何てハイレベルな現場なんだろうか。素晴らしい。

 で、本編はもう大詰めで大騒ぎ。
 #24「あっちもこっちもメガネっ子だしー」で プロポーズメガネっ子迷宮のメガネっ子和音君メガネっ子 (このあたりの流れは楽しい)、ボケメガネっ子 ときて、「私はボケメガネっ子でも烏丸キリオでもない。私の名は、烏丸桐彦」 とかって、親父に乗っ取られていたことが判明。まーそれしかないわなーとか思いつつ、どさくさに紛れてミッチーが消えるあたり、かみかりはこういうところが結構恐い。つか「生徒会なら入ってもいい」ってのも大概どさくさに紛れてたなミッチー。

 #25「ゼウスの指輪の迷宮だしー」ではすっかり 別人メガネっ子 に。
 #24でも桐彦の声(桐井大介さん)が入るようになってはいたのだけれど、#25ではどこが浅沼さんでどこが桐井さんですか状態。自分は聞き分けはできたんだけれど、慣れてないと判別不能かもなぁってくらい違和感のない芝居が良い。

 それこそ#11の覗き見メガネっ子のあたりから、霧火の告白もあって、悪いのは母を亡くした兄妹を引き取って指輪を巡る因縁に引きずりこんでおいて自分は死んでしまった烏丸の父ではないのかと思っていたのだけれど、やはり諸悪の根源は親父だったのか。
 キリオちゃんは愛と正義の生徒会長なんだぞ。優しいお兄ちゃんなんだぞ。根っこが善人だから悪人になりきれなくて詰めが甘いんだよ。でも親父はどこから見ても利己的な悪人なんだよな。本来自分にない力を得たいという渇望のおかげでそんな親父に乗っ取られるなんて、可哀相だよ兄さん。後半は声が殆ど桐彦だったから、恰好良い悪役声にゾクゾクしてる浅沼スキーとしては余計に乗っ取られてるのが悔しいんだしー(^x^;

 #24ラストでみちるに托された指輪に一度は破られたゼウスの指輪。だがカラスの羽から姿を戻したキリオと霧火の指輪の神化の力が封じられた部分を取り込んで、ゼウスの指輪は力を取り戻した。ここから後は「烏丸キリオでもない」との発言どおりキリオの人格は表に出なくなって、完全に桐彦モードになっていたと。
 ということで、#24ではキリオがいくらか残ってたんだけれど、#25で桐彦とまざってる黒キリオって、声はキリオなんだけれど芝居は桐彦になってるんだよなぁというのが浅沼さんの凄いところ。桐井さんときっちり息を合わせてるんですよね。

 で、巨大化メガネっ子(恐いよ)が言うには和音は九条父のクローンで、花鈴は神化研究の実験体。「なかよしは侮れないなー」って一緒に見てた兄貴が呟いてた。
 桐彦は九条父の親友だということだけど、#10での温泉で(九条父のクローンの)和音と(桐彦の息子の)キリオが、(指輪ではなく)夕食を賭けて互いにムキになって勝負してたことにさえ、そんな因縁が影を落としていたのかと思うと何だか切なくさえなってくるよ。
 花鈴が自分の生い立ちを覚えていないのは九条に消されたから。でもあの謎の家族写真と、思わせぶりな未来図のような過去、#01での謎の巻き戻しもあるからなぁ。

 つか、母を亡くした兄妹を(妃路を負ぶっていた)桐彦が引き取ったというのも、体の良い実験材料扱いじゃんとか思うのだけれど。桐彦と兄妹の母は別れてたってことになるけれど、母の方が桐彦に危険を感じて兄妹を守るべく引き離したのかなぁ。キリオは「親父」と何度か口にしてるんだけれど、霧火って父の話を殆どしないし。「母さんが亡くなってから」つまり桐彦に引き取られてから兄は変わったとは言うのだけれどさ。ほんとにあの兄妹は桐彦の子でいいのかなぁ。すげー単純に名前を見れば桐彦はキリオと霧火の父で良いんだろうけれど、そんな単純なお話なのかこれは。器としての肉体だけではなく、大切な家族を守りたいという想いまで桐彦に利用されるなんて兄さんが可哀相だ。

 姫香までメガネっ子呼ばわりしてるのが可笑しい。気合充分の姫香と猫じゃらしに負け続けたまま烏丸邸にまでついてくるニャケが可愛いぞ(^^; でもここに来てしまえば姫香が妃路と出会うのは必至。桐彦がゼウスの指輪で神化研究の暗号を奪おうとした結果、姫香は妃路と半分に分けられてしまった。って、妃路の方が幼く見えるのはデータ量が少ないのか、というよりもぎ取られた方だからか。

 しかしこの期に及んで花鈴が和音にムカついてるあたりが少女マンガで良い! なんかもうこっから先は王道ですよ王道。「嘘つくときの和音君の癖」の伏線がここに生きてくるとは。お笑いを忘れないのもここまで積み上げてきたかみかりらしさ。

 今のゼウス指輪の力にはキリオと霧火の指輪が関係しているのなら、キリオと霧火が内側から破壊すればゼウスの指輪は力を失うことにもなりかねないのかなぁ。ゼウスの指輪を壊せば二人のヒメカを救えるというのなら、ここで出番ですよ兄さん! 霧火に肩を貸してもらいつつ、身はボロボロでも「俺は烏丸桐彦でも別人メガネっ子でもない。愛と正義の生徒会長、烏丸キリオだ!」とかってヒーロー然として啖呵切ってくれると滅茶苦茶恰好良いんですが。 ←妄想の有効期限は9/28の1730までです

 ここへきてOP「暗黒天国」が凄くはまってるんだなーと改めて思わされたり。最終回はついに題名に「だしー」がついてないし。霧火やミッチーは消えたままなのか? メガネっ子はメガネっ子に戻れるのか? わけわかめ度ではゼーガを凌駕する#01冒頭とは繋がるのか? 何か伏線は敢えて消化しないで、充電期間を置いて2期が来そうというか来てくれって感じですけど。勿体ないよー。


 AT-Xで#14「渚だしー」とか見てると、愉快な烏丸兄妹に是非とも帰って来て欲しいのですよ。その#14見直してて思ったのだけれど、こんにゃくとちくわでカレーを作る胸キュンアイドル久我神って、烏丸桐彦と何の関係があるんですか。問題の#01冒頭では和音やミッチーと一緒に神化してるんで九条サイドなのに、それにしては桐彦に似すぎだと思えるんですが。胸元のペンダントもお揃いみたいだし、黒目勝ちな目なんてキリオよりも寧ろ久我神の方が桐彦に似て見えるんですが(黒キリオは目の描き方も替えられてる)。花鈴が久我神をどこかで見たというのは学園祭なのか#01を指してるのか微妙だけれど。#14はシリーズ屈指のお笑いエピソードなのに何なんだよこの引っ掛かり方は。果たして最終回に久我神の出番はあるのだろうか(^^;
 なかよしフェスティバル2007で、浅沼さんの挙げられた名場面がこの#14のラスト。水着が映ったところで会場が大ウケでお笑いになってしまいましたが、『それとなく花鈴に水着を返してくれるなんてつくづく良い人だよ兄さん!』とかって自分は感動してしまっていたんだけどな。うぇーん烏丸兄妹かむばぁーっく(i_i)

 ←#23「烏丸さんち、お宅はいけんだしー」 ◆ #26「時空の迷い子たち」

ブログ村:かみちゃまかりん

B000PTYR0Uかみちゃまかりん 4
中原麻衣 沢城みゆき 下屋則子
ポニーキャニオン 2007-10-17

by G-Tools
B000UAL9OGかみちゃまかりん オリジナルサウンドトラック
辻陽
ランティス 2007-10-10

by G-Tools

|

« ムシウタ#10「スレ違ウ夢」 | トップページ | 9/28の待ち時間 »

かみちゃまかりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/16594506

この記事へのトラックバック一覧です: かみかり#24-25「すっかり別人メガネっ子だしー」:

« ムシウタ#10「スレ違ウ夢」 | トップページ | 9/28の待ち時間 »