« 9.11──あれから6年 | トップページ | ムシウタ#09「夢ノ欠片」 »

2007.09.15

ムシウタ#08「見果テヌ夢」

 今回思わず脊髄反射してしまった「ムシウタ」#08。見直してみればやっぱ脊髄反射ってするもんじゃないなぁと思いつつ、スカパー!で9/13の#09がメンテで休止ってありえねー問題があったのであれはあれで置いておこう。といって寝かせてました。

 #08と同日(8/24)の「かみちゃまかりん」#21で兄さんの指輪が大変なことになっちゃったよ! でも兄さんの詰めの甘さって、本質的に悪人ではないところだと思うんだよな。 インチキ占いメガネっ子 が言ってたじゃないか、「知らずにいたほうが良い、ということもある」 って。あの占い師の声は新境地だったなー。 →#23で更にえらいことに。

 更に浅沼晋太郎さんつながりで、ゼーガペイン#06「幻体」で出てきた 「悲しみは知識。多く知る者は、恐ろしい真実に深く嘆かざるを得ない」 とはパスカルの言葉。知らないでいる方が幸せだということなんて世の中に山ほどある訳で。知ろうとするあまりに悲劇は起こるという物語なんて幾度となく繰り返されている訳で。
 それでも、嘆いている暇などないという人も居るわけで。

●日数経過が更に分からなくなった。

 9(金)夕方、あさみは詩歌と会った後、夜の学校へ(#07)
     霞王らがあさみの元に来る(#08)
 10(土)大助が無断欠席・あさみが欠落者に(ここまで#08)
 11(日)「今度の週末」

 残り話数を考えたらこれはアリか。

●土師とかっこう
 虫憑きのサイトを作っていたのはあさみだとかっこうは知っていたらしい。
 でもあさみが虫憑きだったと聞かされたのには驚いてみせる。大助の顔がえらく可愛いものだから、「あさみが!?」って露骨に低いかっこうモードの声とのギャップが凄かったりするのだけれど、驚いてるのはあくまでかっこうだからなぁ。
 で、今回は部屋で着替えて窓から夜の街へ出て行ったらしいんですが、なんか「サイバーシックス」みたいで恰好良いぞー(^Q^) ←原作はアメコミではなくアルゼンチンのコミックス

 で、霞王らとかっこうのどちらが先にあさみを捕獲できるかなんて「土師は何を考えてるんだ」ってのがねぇ。まぁでも中央にふゆほたるを捕獲させたくはないんで、あさみの件を回しておいて、後はかっこうにどうにか処理させたかったんだろうか。
 でも霞王の口からふゆほたるの情報がかっこうに漏れるのまで織り込み済みだったんだろうか。かっこうには頑として隠し通すのならこの両者を合わせない方向へ動くのだろうし。そろそろ 残り話数が少ない 潮時かと踏んだのだろうか。

●あさみと霞王
 霞王を見たあさみが「黒くないじゃない!」てのが可笑しいけど、原作未読組としては同意。所属によって違うのかな。黒くないのよりメガネっ子じゃない方が気になったが。
 追われたあさみはカメラの映像を記録した仮想空間に逃げ込むのだが、追っ手まで一緒に連れ込んでどうするよってあたりが初心者の弱みだなぁ。

●かっこうとC
 当然ながらかっこうチャプター切りましたともえぇ。カメラの中まで霞王らを追おうとするかっこうに疑問を向けるCだが、「俺達の本当の敵は、何だ」というかっこうに表情を緩ませる。思ってた通りのひとだというCはかっこうにカメラを向けて彼を仮想空間へ送り込む。ここでかっこうはCに微笑を向けているのは百も承知、でも、 カメラを向けられてにこちゃんなかっこう君 にも見えちゃって、ちくしょー可愛いじゃねーかよー(^^;(ばんばんばん) ということでようやく皆がエンタングルして役者が揃ったんだけど、ちょっと時間掛かったかな。

●かっこうとあさみ
 きりきりが「一度虫憑きを殺してみたかった」と虫の針(大きさはスピアだが)をあさみに放つ。それを片手で掴み、あさみに向けて微笑を向けるかっこうなのだが──「あんたも私を殺しに来たの!?」と、あさみはその場から逃げてしまう。
 おいおい命の恩人にそりゃーねーだろーとは思うがそれは第三者の高みの見物だからで、初めての窮地に絶体絶命でテンパってるあさみにそんなことを判断している余裕はない。何しろ彼女の前に現れたのは、あの黒ずくめの男なのだから。あさみを見送るかっこうの表情が、ねぇ。

 虫ではなく虫憑きを殺そうだなんて不埒な輩は正義の味方が成敗ですよ。手前なんぞ素手で充分とばかりに余裕のよっちゃんでスピアを投げ返しただけできりきりの虫を仕留めるんだから、主人公ったら恰好良いなぁ。

●かっこうと霞王
 あーもー涙ちょちょ切れそうなくらい分かりやすくてたまらんぜ!
 罵りっぷりに痛いくらいのかっこうへの愛が感じられましてよ霞王さん。
 そしてやりとりの中に浮かび上がるかっこうのキャラが予想通り過ぎて泣ける。
 まさに、ここまでの描写から「思ってた通りのひとです」状態で。

 かっこうは何故あさみを欠落者にしないかって、あさみの虫の姿が見えないからじゃないんですか。#06「狙ワレタ夢」であさみの首筋にドット絵みたいな虫のシルエットが消えるとこしか、虫らしい姿って視聴者にも見えませんでしたけれど。
 その一方で霞王さんの舎弟のきりきりはさくっと欠落者にしちゃったみたいなんで「お前は特環の敵だ!」っていうのがお約束すぎる台詞なんだけれど、でもその理由は上に書いたとおりなんで、非は不埒者のきりきりにありましてよ霞王さん。あーでもこの体制に与しているくせに反主流派というかっこうのポジションは美味しすぎる。
 どっちが強いの弱いのって、#04「砕ケ散ル夢」でのかっこうとレイディーとのやりとりの続きにもなるのだけれど、自分のことで精一杯な間はやはりまだ本物の強さは手に入れられていないということなんですよ霞王さん。「悪くはないさ」ってかっこうが返すあたりの声音が、それを認識した上で次の段階へ進んでるひとの余裕が感じられて素敵だ。やっぱりそうきましたかと泣けてきましたよ。
 でも余裕のないお嬢さんは容赦がない訳で。でも余裕のあるひとの敵ではない訳で。かっこうは虫を銃に留まらせているだけで、まだまだ手加減してるんだもんなぁ。あーもー今回は全体的にかっこうモードの低めのお声が恰好良すぎてくらくらですよ。

 だがここでの話の流れで、ふゆほたるがガーデンから脱走したことを霞王が口にしてしまう。それを聞いたかっこうの挙動を見て「土師から聞いてねぇのか」と揶揄するお声が恐いですよ霞王さん。そらーもーかっこうはそんなことを知ってしまったらしょっくだろうよ色々な意味で。色々な意味で!

 でも重力無視してる仮想空間内の挙動を描いておいて 床がある というのは勘弁して欲しかった。つか、更にそこから浮かないで欲しかった。こういう描写は首尾一貫して欲しいのよ。嘘をつくならつきとおせってね。

●あさみと利奈
 詩歌からの電話であさみのことを聞いた利奈。詩歌はほんと優しい子なんだよな。あさみとの約束を破ることになるけれど、でもあさみのことが心配でならなくて。
 仮想空間から抜け出したあさみは、カメラから記録媒体を引き抜いて壊してしまう。これで追っ手を閉じ込めてやったっていうのが初心者の恐さ。自分が何をしているのか分かってないのも無理はないのだけれど。でないと奪われてしまうのは自分の心だから。
 利奈も虫憑きだと口にするあさみに驚く利奈。それでも元々の友人だから同じ虫憑き同士、秘密を共有することになる。虫憑きという不可思議な存在のことを知りたかった、その夢があさみを利奈と同じ立場に導いた。それはどちらにも良いことのはずだったのだけれど。

●C
 あさみはカメラから記録媒体を引き抜いたものの、CはPCにデータが残っていることを確認する。cpですかmvですかとか気になるんだけどまぁいいや(コピーできたら何か恐いと思うのは多分ゼーガの見すぎ)。あさみがPCの方に気が回らなかったのはテンパっているからか。「かっこうさんと霞王さん」を心配するあたり、きりきりはもう欠落者だとCは分かっているのか。
 かっこうが「はじまりの三匹」を倒そうとしていることを霞王も知れば、などとCは言うのだけれど、それは#04での土師の話と一致する。でもこれってあくまで土師とかっこうが考えていることであって、特環の基本方針というのでもないっぽいんだよなぁ。基本方針だったらそちらの方向でまとまるのだろうけれど、Cの言い方からするとそういう雰囲気とは程遠い。元を断たなきゃダメだというのは正論なのになぁ。でもCが霞王にそれを伝えるようにも見えないってことは、霞王が自分で知らなければ意味がないということで。
 で、Cは霞王を救出したはいいけれど、かっこうは放置ですかー? 心配してた折の台詞と順番違うけど仕方ないかー。きりきりは霞王の「歩け!」に「へい」とか答えてたけど、虫を殺されて欠落者になっててもこういう受け答えはできるってことなのか。
 モニタがブラックアウトするのは、単に省電力設定で消えただけにも見えるけど。ゼーガペイン#24「光の一滴」での「ぶちっ」みたいな恐さはなかったし。

●翌朝の1年D組
 あさみは学校の焼却炉で記録媒体を焼くのだけれど(だから恐いって)、学校の焼却炉って平成9年に文部省が廃止の方向で通達出してるんですけど桜架東高校にはまだ残ってたのか。作中時間の年代も分からんので細かいことを気にしても仕方ないのか。

 薬屋大助は#06とは違って今回は無断欠席らしい。教室の扉が開くのに利奈が目を向けるのは恐らく大助を期待したんだろうけれど、飛び込んできたのはあさみ。どちらにせよ出てきたのは嬉しいのだろうけれど、古典の授業が始まった教室であさみの様子が一変する。小さく返事は返すものの、その挙動が何を示すのか利奈に分からないはずはない。

 あさみの置き忘れたカメラとPCを文字通りぶっ壊して笑うなんて恐いですよ霞王さん。かっこうさんがまだ仮想空間に取り残されてたらどうするおつもりですか。とはいえ、Cが放っておくとも思えないし、霞王の性格からして、戦って倒さない限りそれはかっこうに勝ったとはいえないわけだから、かっこうも潰してやったぜ! というのはないだろうし。単に土師から受けたミッションをクリアしたってだけなんだろうなぁ。ってことで、どうもカメラを壊した→あさみが欠落者になったと見えるんですが、あさみの虫ってカメラと一体化してたんですか? じゃあの#06であさみの首筋に消えたのは何? 子バグ?

 利奈と同じ虫憑きになったあさみが欠落者にされてしまった。特環はどこまでも容赦がない。「黒ずくめの男からも逃げおおせたって凄くない?」との言葉から、あさみを追っていたのが誰なのか、霞王らに会っていない利奈が思い当たる具体的な人物は一人しか居ない。あさみのその一言を聞いてしまったからこそ、利奈の感情の捌け口は一点に絞られてしまう。あさみを失った悲しさから利奈が立ち直るには、その人物を殺すしかなくなってしまうのだけれど、利奈にも残されている時間は少ないんだよなぁ。


 ここで2週休みになってしまったんだけれど、何せ#05「巡リ合ウ夢」での断層があるだけに、次回何事もなかったかのように大助が詩歌とデートしてても驚かないぞ。

 ←#07「夢ノ迷路」 ◆ #09「夢ノ欠片」

ブログ村:ムシウタ(アニメ)

B000UKMKI0ムシウタ 第1巻 限定版
浅沼晋太郎.花澤香菜.生天目仁美.田村ゆかり.平川大輔.高木礼子.志村由実.黒河奈美.白石涼子 酒井和男
角川エンタテインメント 2007-09-28

by G-Tools
B000UL5ZFOムシウタ 第2巻 限定版
浅沼晋太郎.花澤香菜.生天目仁美.田村ゆかり.平川大輔.高木礼子.志村由実.黒河奈美.白石涼子 酒井和男
角川エンタテインメント 2007-10-26

by G-Tools

|

« 9.11──あれから6年 | トップページ | ムシウタ#09「夢ノ欠片」 »

ムシウタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/16455395

この記事へのトラックバック一覧です: ムシウタ#08「見果テヌ夢」:

« 9.11──あれから6年 | トップページ | ムシウタ#09「夢ノ欠片」 »