« ムシウタ#11「終ワラナイ夢」 | トップページ | かみかり#26「時空の迷い子たち」 »

2007.09.30

ムシウタDVD vol.1

 「ムシウタ」のDVD限定版(全6巻)には毎回「ムシウタbug」のドラマCDが付くので、来年2月のリリース完結まで原作には手を出せないのか。未読組としてはありゃまーって感じですが、毎月CD聞けるならまぁいいか。こういう特典があるとちょっと高くてもDVD買うかという気になるし、買って良かったです。

 ジャケットとケースの作りは凝っているんだけれど、お皿の出し入れが傷つかないかとひやひや。1巻はジャケットも中身もインタビューも全部詩歌と花澤香菜さんが持っていってしまったので、主人公と浅沼晋太郎さんに回ってくるのは2巻でありますように。半年待ちは勘弁して。──と、毎度ながら浅沼スキー視点での感想。

●映像特典(DVD)
 限定版の本編DVDの映像特典として入ってました。CDはあくまでCD。

 秋葉原の記者会見の模様。浅沼さんが最初の挨拶してるとこはロングなのに、花澤さんにカメラがPANするとアップになるのは何故ーっ! でもその後ちゃんと浅沼さんもアップで映るので、やっと左耳のピアス2つ確認できました。あと右の頬にほくろが3つあるのにようやく気付いたかも。──って見所はそこか! だってトークは全部生で聞いてるし(^^ やっぱ浅沼さんの地声好きだなぁ。というのも含め、部分的とはいえ動画で見られるのって良いですねぇ。こういう視界ではなかったですし。眼福眼福。香菜ちゃんの肌の若さが眩しいなぁ。

 毎回の提供ナレもノンクレジットで入ってます。最終回の提供ナレは浅沼さんですよね? DVD1巻に入っていないのはスニーカー文庫とDVDのCM。肝心の本編#01-02はまだ見てないので(ぉぃ)放送分と違いがあるのかは分かりません。

●花澤香菜さんインタビュー
 いつもの花澤節を楽しみつつ、アフレコでの指示だとか初出のお話も興味深く。オーディションの台本の話は、「フロムゲーマーズ」2007年7月号でちらっと出てきたものですかね。

●ムシウタbug01「夢回す銀槍」(ドラマCD)
 音しか使えないから説明台詞が多くなるのは仕方ない。ヒロインの亜梨子を立てなくてはならないから、いくら本編では主人公でもかっこうがこういう役回りになるのも仕方ない。だから耐えろ。全力で耐えろ。耐えろぉぉぉっ(^^;

 と書いてしまうと何か誤解されそうですけど、中学2年生の大助/かっこうは凄く良かったんですよ! 浅沼さんの自由自在っぷりにはほんと惚れ惚れしますよ。出だしからかっこうモードなんだけれど、中学2年生ということでTV版よりは高めのお声で。でもしっかり色気があって(ここ重要)。自分はTV版のかっこうのあの低さも好きだけれど、浅沼さんの声は高めが好きだという方にはおすすめ。こういうトーンのお声が今後も色々聞けると良いなぁというか、需要は多いんじゃないかと思ったり。
 でもまこういう役回りなのは、当然まだ2年目ということでかっこうも発展途上だから。根っこはもう出来てるんだけれど、ここから更に2年経って、その間にはほんと色々なことがあってTV版に至るんだというのがね。そうしたあたりもきっちり演じ分けられていて、浅沼さんてば凄いですよほんと。
 勿論大助も可愛い可愛い。吹っ飛ばされ方が堂に入ってるのは「かみちゃまかりん」のメガネっ子で鍛えたからか(^^; 亜梨子の(特にラストの)大助のいじり方はあんまりだ! とは思うのだけれど、まぁそこはファンタジーだからで……済むのかよ(i_i) 強く生きてくれ、大助。てことで「耐えろ」と。

 冒頭の亜梨子の妄想の「お飲み物を~」ってのは、かみかりの虫が苦手な九条和音こと沢城みゆきさんに聴こえたんだけど。沢城さんの九条多賀子は、かみかりの虫愛づる姫君の九条姫香っぽいおっとり系のお嬢様。つても姫香ちゃんほどおっとり~ではなくて普通に喋ってるけど。変貌っぷりがさすが。でもその多賀子にあのかっこうが押さえ込まれるだなんて、『やっぱり九条には勝てないのかぁぁぁ』って思ってしまったよ(^^; ←かみかりを混ぜるな危険

 美術室つながりでその夕陽の絵を描いたのはTV版で今大変なことになってるお嬢様ですかそうですか。何だよこっちにも因縁あったのか。
 そういやTV版でのかっこうとレイディーの配置って、「超人ロック」(『光の剣』以降)の類型なんだよなぁと思えば、bugはハント探偵社シリーズみたいなものかとか。

#いやさ、TV版#04で『かっこうの台詞少なくて寂しいなー。でもこの少なさが良いんだよなー』とかって、主人公の声を楽しみに見てるのになんてアンビバレントな。と思ったのって、「超人ロック ロードレオン」を飛田展男さんのロック目当てに見た時と同じ感覚だと思い出して。そしたらそっかー配置が似てるんだぁと。

 次回は「夢映す波紋」。TV本編同様の次回予告は予想してたけど、提供バックの曲(曲だけ)まで続けてついてたのには受けた。初回の当番は亜梨子の水樹奈々さん。5回分あるから、浅沼さんの予告リベンジも期待できるかな。

●出演声優によるフリートーク(といってもお題はアリ)
 虫が苦手なひとにはちょっと怖いんで夜中に聞かないほうが良いかも。でもTV本編自体深夜枠だしなぁ。

 あああああ浅沼さんが借りてきた猫モードでいじられ役に回ってるー(^^;
 でも今回もツッコミ大王様でしたよん。
 つか声だけだから余計にか 女性4人に混ざってて違和感がない のが凄かった。地声の高さが馴染んでるのもあるけど、受け答えとかいちいち可愛すぎる。なのに原作既読組でTV本編主人公ってポジションでちゃんとフォローするあたりが頼もしくて良い。黒一点だし、おいしいなぁ。
 浅沼さんがあの細身で一度に2合食べられてしまうのは、しっかり体動かしておいでだからですよね。鍛えよう上腕二頭筋。←丁度AT-Xでゼーガ#23-24見てたから
 虫は夢を喰う代わりに能力をくれるというのなら、浅沼さんにつまんない能力が回ってくるはずないじゃないですか。女性陣だとか初対面の役者さんに囲まれても引っ張っていける能力が欲しいという夢はきっと叶いますよ。頑張れ座長(^-^) でも「ひっそり」が何とも可愛いんだーこのー(じたばた)

 小清水亜美さんの「鈴虫に憑いてもらって歌が上手くなるとか」というのはほんと綺麗だなぁ。虫がどうしても苦手だというのに、浅沼さんがこそっと「そこに虫が居るのが……」とかって突いてる芝居がお茶目。しかし「亜梨子」を「ありす」とすぐには読めないよなぁ。浅沼さん原作との相性良すぎるんじゃ。

 喜多村英梨さんの「プラナリアやミミズみたいに再生能力の高いのなら中ボスになれるんじゃ」というのがおかし。確かにそーゆーのは成虫化なんぞされた日にはかなりやばそう。

 沢城さんの話はリアルで怖かった。話し方がまた上手いし。マジでぶるっと震えた! 沢城さんとはさすがにかみかりの現場でおなじみだからか、浅沼さんのツッコミもイイカンジ。そっかー和音は本気で虫嫌いだったんだねぇ。鳥もダメだと和佐の立場が。 ←だからかみかりを混ぜるな

 水樹さんの話も怖いよ! 怖いってば!! 浅沼さんのまとめがまたそのとーりなんで、10/13からの浅沼さんの舞台 bpm「ネバーランド★A GO! GO!」 が余計に楽しみになってしまったんですが、こーゆー方向には行くんでしょうかどうなんでしょうか。どさくさに紛れてヒロインだけお題に答えてないような気がするんですがそれは良いんですか。
 次回のトークも楽しみですよー。浅沼さんは次は忘れずに役名を名乗ってくださいね(^^)

●ミニBGM集
 音楽が良いからイイトコドリで聞けたのは嬉しかったものの、サントラアルバムは出ないんでしょうか。何かいやーな予感がしてはいたんですけれど。bugもTVと音楽は共通。

【M1】メインテーマ「記憶の欠片」:おなじみのピアノのメインテーマ。ピアノは勿論印象的だけれど、終盤のサックスの入り方がまた綺麗。
【M2B】主人公たち「それぞれの場所」:打ち込みが尖った音を刻む、噂話のBGMという印象がある定番曲。この謎めく感じも良いよなぁ。
【M13】恋愛「陽だまり」:電子ピアノで始まって、サックスの主旋律が優しいゆったりした曲。使用箇所はぱっと思い出せず。
【M17】予告「さ~て来週のムシウタは?」:タイトルはママ。OPのアレンジなのだけれど、単体で聞いてみると弦やパーカッションの遊び方が面白い。

 ←#01「夢ノ始マリ」#02「夢ノ絆」(放映版感想)

角川公式サイトのDVD1巻の告知 bugのキャストの写真付きコメントあり。

ブログ村:ムシウタ(アニメ)

B000UKMKI0ムシウタ 第1巻 限定版
浅沼晋太郎.花澤香菜.生天目仁美.田村ゆかり.平川大輔.高木礼子.志村由実.黒河奈美.白石涼子 酒井和男
角川エンタテインメント 2007-09-28

by G-Tools
4044288062ムシウタbug―1st.夢回す銀槍 (角川スニーカー文庫)
岩井 恭平
角川書店 2004-07

by G-Tools

|

« ムシウタ#11「終ワラナイ夢」 | トップページ | かみかり#26「時空の迷い子たち」 »

ムシウタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/16613209

この記事へのトラックバック一覧です: ムシウタDVD vol.1:

« ムシウタ#11「終ワラナイ夢」 | トップページ | かみかり#26「時空の迷い子たち」 »